妊娠中の風邪や熱、正しい対処法は? 妊婦さんが注意するべき5つの点

女性にとって、一番健康に気をつかうのは妊娠している時です。

お腹の中の赤ちゃんが元気に産まれてくるように日頃の食事や生活を見直す方はたくさんいます。

そんな中で熱を出すととても不安になります。

自分で対処しても大丈夫なのか、病院へ行った方が良いのか、病院は産婦人科に行った方がいいのか内科に行った方がいいのか・・・

 

SPONSORED LINK

 

妊婦さんが発熱した場合の対処方などをくわしく調べました。

慌てずに対処しましょう!

 

妊婦さんが熱を出したら・・・

「妊婦さんが高熱がでたら胎児に影響あるの?安城市 妊婦専門整体院」

妊婦さんが発熱すると一番気になるのはお腹の中の胎児への影響です。

自分1人なら寝てれば治ると思える症状でも妊娠していると心配になってしまいます。

そこで、妊婦さんが熱を出した時の対処法をまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

●微熱(37.0度~37.9度)の時

平熱が36度台の人は胎児への影響がすぐに出るということはありません。

家で安静にして2日~3日たっても熱が下がらないようであれば病院へ行きましょう。

 

●中等度熱、高熱(38.0度以上)の時

胎児は母体より0.5度高いため、胎児への影響が心配されます。

出来るだけ早く熱を下げる必要があります。

すぐに病院へ行きましょう。

 

●受診するのは内科?産婦人科?

産婦人科を受診することをおすすめします。

内科医によっては妊婦に処方しても大丈夫な薬を全て把握していない可能性があります。

その点、産婦人科医は妊婦さん専門です。

妊娠周期に合った診療をしてもらえます。

ただし、受診する前に一度産婦人科へ電話連絡して指示を受けることをおすすめします。

産婦人科医によっては、通院している他の妊婦さんへの影響を考えて信頼できる内科医を紹介している場合があります。

内科や(症状によっては)耳鼻科を受診する際は必ず最初に「妊娠○週(○ヶ月)ですけど受診できますか?」と確認して、診療の際には医師にも妊娠していることを確実に伝えることが大切です。

 

●自分でできる対処法

微熱(37.0度~37.9度)の時は妊娠していない時と同じです。

水分補給をして安静にしてください。

また、頭、脇の下、首元などを冷やしたり、薄着になって体温を下げるのも効果があります。

微熱であっても心配ならかかりつけの産婦人科医に電話で相談しても良いでしょう。

普段の様子を一番知っているので適切な指示を受けられます。

 

●熱がある時に効果的な食べ物

妊婦さんが熱を出した時、一番大切なのは胎児に影響が出ないようにできるだけ早く熱を下げることです。

こちらでは、熱がある時に効果のある食べ物をまとめました。

ぜひ参考にしてください。

 

 

発熱で妊婦さんが注意するべき5つの点

「31才妊婦日記 その28 『風邪をひく』」

熱を出した時、普段は気にしていないことでも妊婦さんは注意しないといけないことがあります。

妊婦さんが注意するべき5点をまとめました。

 
●安静にする

妊婦さんが熱を出して心配な点は胎児への影響だけではなく、熱でフラついて物にぶつかったり倒れたりすることも心配です。

微熱でもフラフラする時は静かにしていましょう。

 

●栄養と睡眠をしっかりとる

妊婦さんでなくても一番必要なことですが、特に妊婦さんはいつも以上に気をつかって栄養と睡眠を十分にとりましょう。

 

●水分補給を忘れずに!

熱が出ると汗が大量に出て脱水症状になる恐れがあります。

脱水症状は母子ともに危険な状態になることがあります。

必ず水分を多めにとりましょう。

トイレの回数や尿の量がいつもより少なくなったら要注意です。

 

●マスクをつける

熱が出ている時は免疫力が落ちます。

別の病気をもらわないようにマスクをつけましょう。

特に産婦人科へ行く時は自分が他の妊婦さんにうつしてしまわないように必ずマスクをつけてください。

 

●絶対に市販薬を服用しない!

母子健康手帳に書かれていたり妊娠した際、産婦人科医に言われることですが、市販の薬を服用することはとても危険です。

薬で早く熱を下げたい時は、必ず医師に処方してもらった解熱剤を飲みましょう。

その際は、医師や薬剤師にどのタイミングで服用を止めても大丈夫か確認してください。(妊婦さん用の薬でも無駄に服用することは良くありません。)

 

SPONSORED LINK

 

とにかくつらい!症状を和らげる対処法が知りたい

image01

熱が出ると、お腹の胎児も心配ですが自分がつらくて困ることもあります。

そんな時の対処法をまとめました。

 

 

たかが発熱と甘く見ないでなるべく早く治しましょう。

そして、また発熱をしないよう日頃から気をつけて元気な赤ちゃんを産んでください!

関連記事

インフルエンザ予防接種~子供はいつ2回目を打つのがいい?

毎年10月下旬頃から病院で目にするようになるのが「インフルエンザ予防接種の案内」です。 今年も

記事を読む

子供の花粉症対策、ママがしてあげたいおうちでのケア

花粉症の方には、とても辛い時期が来てしまいましたね。子供が花粉症で苦しんでいるのを見るのは、とても胸

記事を読む

花粉対策と眠気はセットじゃない!薬は今、こんなにも使いやすい

花粉症を患っている社会人の方は、鼻炎薬を服用したいけれど、眠くなるのが難点だとは思っていませんか?け

記事を読む

インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?

インフルエンザの予防接種を受けることは、少し前であれば当たり前のことでした。 けれど最近では、

記事を読む

お腹のダイエット方法を教えて!今日から始めるお手軽ダイエット

最近お腹がぽっこりしてきた… そんなあなた! その脂肪は大丈夫? 体脂肪のうち、内

記事を読む

風邪で喉が腫れた!扁桃腺とリンパ腺の違いは?他の病気の疑いは?

体が弱っているときに現れる喉の腫れ。圧迫感や痛みがあって本当に辛いですよね。病院で診てもらえれば確実

記事を読む

風邪による喉の違和感が治らない!考えられる病気と対処法を教えて!

風邪は誰もがひいてしまう身近な病気です。 喉の違和感だけなら、放っておけば治ると思っているひと

記事を読む

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんもしておくべき?授乳中のママは?

インフルエンザは熱が高くなり、風邪とは違ってとてもつらいものです。 それがまだちいさい赤ちゃん

記事を読む

花粉症対策は開始時期が肝心!今すぐ始められることは何?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉(抗原)が原因で起こるアレルギー疾患です。 毎年、ある時期

記事を読む

インフルエンザと風邪の症状 違いを比較、効果的な予防法は?

あれ?ちょっと熱っぽいかな?と思った時に、 まず風邪を疑うのが普通だと思います。 しかし

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

失敗しない新入社員の挨拶例文!歓迎会でウケるには?

こんにちは。ライターのReilaiです。 新社会人の皆さん、ご就

ホワイトデー義理チョコのお返し相場は?おすすめランキングTOP5

こんにちは、ライターのnya-coです。 バレンタインで、職場の

バースデーカードの書き方、喜んでもらえる文例集(友人・お客様・英文・恋人)

こんにちは。ライターのsaochiです。 あなたにとって大切な人

小学校高学年におすすめの知育玩具、誕生日やクリスマスプレゼントに人気

ライターのMichelleです。 誕生日やクリスマスなど、子ども

小学生低学年におすすめ知育玩具、プレゼントにも最適!男子向け、女子向けを紹介

こんにちは、ライターの六花です。 誕生日やクリスマス、頑張った時

→もっと見る

PAGE TOP ↑