おすすめ初日の出スポット!東京スカイツリー日の出時間と駐車場情報

ライターのMichelleです。

元旦に初日の出を拝むことができると、願い事が叶ったり、一年が幸せに過ごせるような気分になります。

そんな初日の出を、日本一の高さを誇る東京スカイツリーから拝んで、新年のスタートを切ってみるのはいかがでしょうか?

実は私、東京スカイツリーの下にある「ソラマチ」には何度か行っているのですが、まだ天望デッキに入ったことはありません。(いつもスカイツリーを見上げてばかりです)

通常の景色も知らない私が、いきなり天望デッキから初日の出を見られたら・・・どれくらい感動するのか想像もつきません。

しかも、昔から「ここぞ」という日は晴れた天気に恵まれるという・・・自称「晴れ女」な私。

東京スカイツリーからの初日の出も見られちゃうんじゃないの~?なんて思っています。笑

運がよければ見られるかもしれない、東京スカイツリーから見る初日の出情報をたっぷりとお届けします。
 

SPONSORED LINK

 

東京スカイツリーで初日の出を見るためには?

◎日の出時間はいつ?
東京スカイツリーの天望デッキからは天気がよければ初日の出はもちろん、富士山も見ることができます。そんな天望デッキは毎年、事前にチケットを入手された方(2017年は882名)に開放されています。肝心の東京の初日の出は、6:45頃となっています。

天望デッキは5時から入場可能となりますので、早めに準備をしていいポジションを確保したいものです。天望デッキの開放について、申し込み方法や申し込み開始日などについてはこちらの記事で詳しく紹介していますので、ご覧ください。
 


 

遠くから出かける方にオススメの宿泊プランも紹介しています。
 

◎日の出の様子
こちらの動画では、2013年のスカイツリーから見た初日の出の様子をご覧いただけます。
 

【2013東京スカイツリーから見る初日の出】
 

 

少し雲がありますが、2015年・2016年は悪天候でここまでの日の出が見られなかったようですので、朝焼けや太陽の姿が見られるだけ幸運のようです。天望デッキの初日の出特別営業のチケットが入手できたら、あとはひたすら好天に恵まれることを祈るのみ!ですね。
 

SPONSORED LINK

 

東京スカイツリーへ行くには? アクセス&駐車場情報

◎アクセス
東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅・東京メトロ半蔵門線「押上(スカイツリー前)」駅 下車すぐ

<各路線の主な駅からのアクセス・所要時間>
・東武スカイツリーライン
 北千住駅~とうきょうスカイツリー駅 約13分
 浅草駅~とうきょうスカイツリー駅 約3分

・東京メトロ 銀座線
 上野駅~浅草駅 約5分→東武スカイツリーラインに乗り換え

・半蔵門線
 錦糸町駅~押上(スカイツリー前)駅 約3分

・JR総武線
 東京駅~錦糸町駅 快速で約8分→東京メトロ半蔵門線に乗り換え

・京急線・都営浅草線
 品川駅~押上(スカイツリー前)駅 約25分
 羽田空港駅~押上(スカイツリー前)駅 約39分

 

◎地図

 

◎駐車場
東京スカイツリーの駐車場は、地下に645台・立体駐車場に273台の車を駐車することができます。元日は特別営業に合わせて朝4:30より開場するとのことですので、お車でも安心です。ただし、東京スカイツリーでは周辺の混雑緩和のため、公共交通機関の利用をオススメしています。

東武スカイツリーライン・東京メトロともに、毎年12月31日の夜は終夜運転を行いますから、電車で行かれる方が確実です。終夜運転の詳細・ダイヤについては鉄道会社によって11月下旬~12月中旬頃に発表されますので、お出かけ前にご確認ください。
 

東京スカイツリーの元旦~三が日の営業について

image004

毎年、東京スカイツリーで初日の出を拝みたい!という多くの人のために、元日に「初日の出特別営業」が行われる東京スカイツリーの天望デッキ。2017年1月1日~3日の営業スケジュールが、今年も発表されました。
 

◎営業時間
 2017年1月1日(日・祝)
 初日の出特別営業 5:00~7:30 ※事前のチケット購入が必要です
 (入場時間5:00~6:00)
 営業 7:30~22:00(最終入場時間21:00)

 1月2日(月・振休)・3日(火) 
 7:00~22:00(最終入場時間21:00)
 ※1月4日(水)以降は通常営業8:00~22:00(最終入場時間21:00)となります。

 

SPONSORED LINK

 

初日の出を見るもよし、富士山を見るもよし。スカイツリー天望デッキへぜひお出かけください。

image006
 

まとめ

・東京スカイツリーで初日の出を見るためには?
◎日の出時間はいつ?

東京の初日の出は、6:45頃。天望デッキは5時から入場可能のため、早めに準備をしていいポジションを確保したいものです。
※当日の天望デッキへの入場には事前にチケットを入手している必要があります。

・東京スカイツリーへ行くには? アクセス&駐車場情報
◎アクセス

東武スカイツリーライン「とうきょうスカイツリー」駅・東京メトロ半蔵門線「押上(スカイツリー前)」駅 下車すぐ
◎駐車場
東京スカイツリーの駐車場は、地下に645台・立体駐車場に273台が駐車可能。元日は特別営業に合わせて朝4:30より開場予定のため車でも安心です。ただし、東京スカイツリーでは周辺の混雑緩和のため、公共交通機関の利用をオススメしています。

・東京スカイツリーの元旦~三が日の営業について
◎営業時間

 2017年1月1日(日・祝)
 初日の出特別営業 5:00~7:30 ※事前のチケット購入が必要
 (入場時間5:00~6:00)
 営業 7:30~22:00(最終入場時間21:00)

 1月2日(月・振休)・3日(火) 
 7:00~22:00(最終入場時間21:00)
 ※1月4日(水)以降は通常営業8:00~22:00(最終入場時間21:00)

一年の計は元旦にあり、という言葉があります。初日の出を眺めながら、どのような一年を過ごしたいのかをしっかりと考えてみるのも良いですね。

ですが、事前に元旦特別営業の天望デッキに入れるチケットを手に入れられるかどうかが東京スカイツリーで初日の出を眺めるチャンスの決め手となります。

年末の運を東京スカイツリーの初日の出に賭けるか、宝くじに賭けるか・・・悩ましいところです。笑

関連記事

節分で食べる恵方巻き、名前の由来と食べ方、恵方巻きを徹底解明

2月3日は節分の日、家族で豆まきをしたり海苔巻きを食べたりしながら 昔ながらの伝統の行事を楽し

記事を読む

可愛いラッピング!バレンタイン☆ケーキのラッピング方法とグッズ

バレンタインと言えば「チョコレート」というイメージがまだまだ強いですが、近年少しずつ多様化しています

記事を読む

バレンタインに簡単かわいい手作りアイシングクッキーを贈ろう

こんにちは。ライターのsaochiです。 もうすぐバレンタインですね。 男の子ももちろん

記事を読む

女性のための新年会の乾杯の挨拶 パターン別の例文

新しい年を迎えると同時に、スケジュールに次々と書き込まれていく『新年会』の文字。 しかし、この

記事を読む

大阪中之島ウエストのクリスマスイルミネーション☆ 期間と混雑状況

毎年、大阪の各地で開催されるクリスマスイルミネーション。 その中の『中之島ウエスト 冬ものがた

記事を読む

ハロウィン人気仮装!ゾンビコスプレまとめ☆使える小物・メイク

毎年多くの人がハロウィンのコスプレを楽しんでいますが、今年の仮装はもう決まりましたか? こちら

記事を読む

ディズニークリスマスイルミネーション東京丸の内☆絶景スポット紹介

今年もクリスマスイルミネーションが各地で開催されます。 どこのスポットもそれぞれ特徴があり、幻

記事を読む

喪中ってどこまでの親戚?年賀状を貰った喪中はがきの後出しは失礼?

ライターのMichelleです。 年の瀬が近づくと、年末年始を迎える準備で慌ただしくなりますね。

記事を読む

2016年冬の花火【USJ】開催日程とおすすめ観覧場所

ライターのMichelleです。 USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)は大人も子供も楽し

記事を読む

東京スカイツリーのクリスマスイルミネーション!穴場と絶景スポット

ライターのMichelleです。 11月に入るとあちらこちらで、クリスマスイルミネーションが点

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2020年夏!ルミネのセールはいつから始まる?さらに得する方法は?

ライターのまあさです。 夏といえば、ファッション業界がバーゲンで

ルミネ2020年夏のチェックザバーゲンの日程と詳細、さらに得する方法

ライターの市(いち)です。 最近、新しい服を買っていますか?

ルミネ2020年のバーゲンは各店舗いつから?商品券は使えるの?

気温がだんだん上がってくると、「いよいよ夏のバーゲンが始まる!」と毎年

ガーデニング初心者がベランダで簡単に育てられるおすすめ植物

ライターのMichelleです。 数年前、息子が幼稚園の卒園式の

父の日に簡単手作りプレゼント!子供でも作れる100%喜ばれるものはこれ!

ライターのMichelleです。 6月の第3日曜日は父の日ですね

→もっと見る

PAGE TOP ↑