2016奈良東大寺の二月堂【お水取り】日程とおすすめスポット

関西ではなじみの深い“奈良のお水取り

春を告げる炎の祭りが、いよいよ東大寺二月堂で始まります。このお祭りは1200年もの間、毎年欠かさず行われてきた伝統行事で、本行中は毎晩、本堂の回廊へ松明(たいまつ)が上がります。

そして、多くの人々が無病息災を祈り、火の粉を求め足を運びます。今年こそ念願の“お水取り”へ行こう!とお考えの方に、お祭りの日程や見どころの紹介と、奈良観光も楽しめるような情報をまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

東大寺二月堂のお水取りとは?

東大寺二月堂では、修二会(しゅにえ)と呼ばれる国家の安泰を祈願して行われる法要が、毎年2月中旬から始まり3月1日から本行に入ります。「お水取り」とは、3月12日深夜(13日午前)1時半に、観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を井戸から汲み上げる儀式のことです。

この儀式自体を一般の人は見ることができませんが、期間中、夜の行を務める練行衆(れんぎょうしゅう)が巨大な松明を持って二月堂の回廊に現れるので、その様子を一目見ようと見物客が集まります。この行法は、奈良時代752年から一度も途切れることなく続いていて、人々はこの火祭りのことを「お水取り・お松明」と呼んでいます。

image001

<お松明の日程・スケジュール>

・修二会
本行
3月1日(火)~3月14日(月)

・お水取り
3月12日(土)深夜1:30~

・お松明 

image002

<二月堂基本情報>

拝観時間:24時間拝観可能

拝観料:無料

アクセス:JR大和路線・近鉄奈良線「奈良駅」から市内循環バス「大仏殿春日大社前」下車徒歩5分

駐車場

・奈良県営大仏前駐車場
70台 1,000円 8:30~17:00
・GSパーク東大寺西大門駐車場
18台 コインパーキング、有料

 
修二会の行法は東大寺以外でも行われていますが、二月堂で行われるお水取りは、規模が大きいことで有名です。期間中は参道に露店も出て、とても賑わいます。

 

SPONSORED LINK

 

お松明の見どころを紹介!

★火祭りの様子

お松明が上堂する時間になると、約6メートルの竹の先に、杉の葉などを束ねて作った大きな松明へ火が点けられます。提灯とかがり火以外、明かりを点けずに行われるため、暗闇から鐘や太鼓の音、僧侶の声明(しょうみょう)が深く響き、厳かに始まります。

練行衆が階段を登り、回廊から外へ松明を振り回したり走ったりすると、炎が駆け回るように見えて大迫力です。そして火の粉が降り注ぐたび、境内は大歓声と熱気に包まれるのです。

 
このお松明の様子が分かる動画がありますので、ご覧ください。

【1080p 東大寺二月堂修二会(お水取り・お松明) Torchlight at Shuni-e of Todai-ji】

 
★どこで見るのがおすすめ?

お松明は二月堂が見える場所ならどこからでも楽しめますが、より良い場所は二月堂の中央付近の芝生で、最前列から少し下がった場所です。回廊の左から右へ移動する松明が、バッチリ見えるのでおすすめです。最前列は火の粉が多く降り注ぐので注意が必要。

また、あえて回廊の端を好む方もいます。というのも回廊の左端は、練行衆が走る前に回廊の外で松明を振るので、火の粉が多く飛び美しいからです。南端は、松明の火が小さくなりますが、たまに火の塊が下へ落ちることもあって、どよめきが起こります。

松明の灰や火の粉を浴びると無病息災といわれ、多くの人ができるだけ前へ前へと集まるのです。

東大寺の境内案内図

 

image003

混雑をできるだけ避けてお松明を楽しみたい方は、こちらの記事をご覧ください。あまり知られていないお水取り・お松明の見物場所も紹介しています。

 

 

お松明は夜の祭りですが、土日は混雑が予想されます。早めに行って良い場所で待機しましょう。

 

東大寺周辺で観光するならここ!

二月堂へは夕方から行くので、それまで東大寺周辺を歩いて観光できる場所はないかしら?とお考えの方に、おすすめの観光スポットを紹介いたします。

 
◎東大寺大仏殿

image004

初めて東大寺に来たら、やはり奈良の象徴「大仏様」は、見逃せません。

大仏前駐車場から大仏殿へ向かうと、国内最大の三門「南大門」があり、巨大な仁王像が門番をしています。大仏様が大きいため、それに比例して他の建造物も大きいのが特徴です。敷地も広いので最初は気がつきませんが、大仏殿に近づけば、建物の半端ない大きさに驚きます。

そして中に入ると大仏様「盧舎那仏」が鎮座し、見上げるその姿は圧巻です。大仏様を拝んだ後は、大きな柱にあいた大仏様の鼻の穴と同じ大きさの穴を探してみてください。巨大な大仏様のスケールを体感できますよ。

image005

<大仏殿基本情報>

3月の拝観時間
8:00~17:00

拝観料
中学生以上500円
小学生300円

 

◎興福寺

近鉄奈良駅から近く、東大寺へも歩いて行ける興福寺はいかがですか?興福寺は、とにかくたくさんの国宝や重要文化財を見ることができます。そして、ぜひ見てほしいのが仏像です。

国宝館には、あの有名な阿修羅像の他、八部衆立像、木造天燈鬼・龍燈鬼立像、千手観音などが美術品として見やすく展示されています。東金堂(とうこんどう)では、四天王像、十二神将像、日光・月光菩薩像などが見られます。

こちらはお堂に祀られている状態で見られるので、仏像同士の連帯感が楽しめます。仏像の楽しみ方は人それぞれですが、表情や動き、衣装に着目すると、一体一体の物語が見えてきます。また、仏像を古代のフィギアだと思って見ると、親しみも沸いて面白いですよ。

image006

また、境内を歩くと三重塔、五重塔、八角形の北円堂(ほくえんどう)といった国宝の建物があります。工事をしているところもありますが、全体的に広々としていて気持ちが良いです。

このように興福寺は、美しい建物や仏像などを眺めて古都奈良の風情を楽しめる、絶好の場所なのです。

<興福寺基本情報>

拝観時間:9:00~17:00
(入堂は16:45まで)

拝観料

image007

駐車場

・国宝館前
46台 9:00~17:00
1,000円

・奈良登大路自動車駐車場
275台 ※来庁者と併用
1,000円 6:00~22:00
(24時間出庫可能)
※周辺散策、二月堂も兼ねるなら、こちらの駐車場が良いです。

 

◎奈良公園の鹿

東大寺や興福寺周辺を観光していると、必ずと言っていいほど鹿が歩いています。この鹿は、どこから来るのだろう…施設で飼っているのかな?と思う人もいるでしょう。実は、これらの鹿は野生で、国の天然記念物として奈良公園で生息しているのです。

広大な奈良公園内に、東大寺やその周辺の寺院・神社・施設があるので、行く先々で鹿に会うことができます。人慣れしているので寄ってくることもありますし、おとなしくてとてもかわいいです。芝生広場にはさらにたくさんの鹿がいて、近くの売店で鹿せんべいを買って与えることができます。

でも、小さいお子さんが鹿に近寄る際には、十分気をつけてくださいね。寺と鹿、まさに奈良♪という感じです。

image008

こちらのリンクは、奈良公園周辺のトイレが載っている地図です。いざという時、ご利用ください。

 

◎三条通りとならまち

三条通りは、JR奈良駅から東の猿沢池まで一直線の商店が並ぶ通りで、地元の人から観光客まで幅広く訪れます。歴史ある老舗店や観光客向けの土産店、カフェやレストランもあるので、ぶらっと歩いて過ごせます。日曜祝日は歩行者天国となり、さらに賑わいます。

また、猿沢池より南側に広がる「ならまち」は、古き良き日本人の生活風景を残しています。景観を活かしたオシャレなカフェやお食事処・雑貨・工房などのお店もあり楽しめます。こちらに、ならまちを歩いた動画がありますのでご覧ください。

 

【撮り歩き】ならまち【奈良県】

 
ならまちを散策される方は「奈良町おさんぽガイドMAP」という地図があるので、奈良町情報館、宿泊施設、奈良市営の観光案内所で、お求めください。

 

SPONSORED LINK

 

東大寺周辺の空いているお宿は?

お水取り直前となりましたが、観光を含めた計画は進みましたか?

今からでも宿泊予約はできるかな?そんな方におすすめの宿プランを紹介します。プランはすべて3/12で探しましたが、条件(日にち)を変えて検索していただくと、他の日の空き状況が分かります。

・ホテルニューわかさ
・ホテル キューブ
・奈良ホテル

 

 

ホテルニューわかさ

「阿修羅像」が拝観できる国宝館チケット、朝夕の食事付きの宿泊プランはいかがでしょうか?おいしい料理を頂けるのが魅力です。こちらのプランは、12日泊は完売しましたが他の日は空いています。

【楽天トラベル】
[阿修羅像]興福寺国宝館チケット付★大和会席プラン

チェックイン:16:00
(最終22:00)
チェックアウト:10:00
部屋:奈良町情緒和室B
(6.5畳+広縁2.5畳)
バス・トイレ付
夕食:和会席料理
(奈良の名産、旬の食材をつかった料理、釜飯)
朝食:和定食に茶粥付き
プラン料金
大人2人/1泊 27,223 円(税抜)
1人あたり13,612円(税抜)
駐車場:40台 16時から10時まで無料(時間外有料)
アクセス:近鉄奈良駅より徒歩約10分。押上町バス停よりすぐ。

こちらホテルは、他のプランもおすすめです。空きもありますのでご覧ください。

 

ホテル キューブ

部屋・お風呂・ベッドが広く、朝食はお部屋で頂けるので、プライベートでゆっくりできます。こちらのホテルは、自転車がレンタルできる(有料)ので、早めにチェックインして奈良を自転車で散策してみては?

【楽天トラベル】
自転車で奈良を“すいす0い”お散歩☆彡+朝食プラン

チェックイン:15:00 最終25:00
チェックアウト:10:00
部屋:ダブル バス・トイレ付
夕食:なし
朝食:トースト、スクランブルエッグ、コーヒーなど
料金:2名様ご利用/一泊13,889円(税抜)
1人あたり6,945円(税抜)
駐車場:4台先着順
アクセス:近鉄奈良駅から徒歩で8分・JR奈良駅から15分

 

奈良ホテル

全室中庭に面し、大和文化を感じられる伝統のあるホテルです。明治の面影を残すメインダイニングルームで朝食を頂けます。

image009

【楽天トラベル】
春らんまんの奈良 0お得な3つの特典付0

チェックイン:15:00
(最終24:00)
チェックアウト:11:00
部屋:新館ハリウッドツインルーム(禁煙)
ツイン バス・トイレ付
夕食:なし
朝食:緑茶で炊いた茶粥
※和定食、ブレックファストあり
プラン料金:大人2人/1泊35,926円(税抜)
1人あたり17,963円(税抜)
駐車場:150台 無料
アクセス:近鉄奈良駅東改札口B出口より徒歩約15分

さて、東大寺・お水取りの日程とおすすめスポットは、いかがだったでしょうか?これぞ、奈良!という観光ができそうですね。日が暮れると一気に気温が下がりますので暖かくしてお出かけください。

メインイベントの火祭りは、現地へ足を運んでこそ意味があります。ぜひ1200年の時を超えたお祭りを堪能してください。

関連記事

岸和田だんじり旧市と春木だんじりの違いは何?日程や見所は?

こんにちは、ライターのなみです。 毎年9月と10月に行われる大阪府岸和田市の一大イベント、「岸

記事を読む

2015年!冬のカウントダウン花火 【白浜】開催日程ほか

今年のカウントダウンもそろそろ近づいてきました。 関西エリアの夏では、大変な人気を誇る海水浴場

記事を読む

淀川花火大会が見れるホテルを教えて!レストランや屋上からは?

ライターのMichelleです。 街中でも花火大会開催の案内ポスターを見かける時期になってきま

記事を読む

岸和田だんじり祭りの歴史は古い?だんじりの数は?見所は?

こんにちは、ライターのなみです。 毎年9月・10月に大阪府岸和田市北部で行われるだんじり祭り。

記事を読む

2016京都祇園祭☆山鉾のビュースポットと宵山混雑と屋台

夏はイベントが多く、どこに出かけるか悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 花火大会は人気で

記事を読む

なにわ淀川花火大会が見れる穴場スポット・絶景ポイント紹介

ライターのMichelleです。 平成元年から毎年8月に大阪・淀川の河川敷で開催されている「な

記事を読む

2016年!冬のカウントダウン花火【和歌山マリーナシティ】開催日程ほか

こんにちは、ライターの長谷川です。 寒さが日に日に増してくると、お休みの日もつい家にこもってし

記事を読む

府中くらやみ祭りの由来と歴史、昔は男女が・・・

ライターのMichelleです。 東京・府中市にある大國魂神社(おおくにたまじんじゃ)では、室

記事を読む

2016京都祇園祭☆開催日程と見どころ・山鉾ルート紹介

夏に京都で行われる1大イベント、祇園祭。 この祭りは日本三大祭りの一つに数えられ、例年大変な盛

記事を読む

府中くらやみ祭り、屋台の出店期間と時間、一番出てる日は?

こんにちは、ライターの長谷川です。 卒業や入学などの節目を迎えて、新しい気持ちで新生活をスター

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教カトリックの葬儀マナー、プロテスタントとの違い

ライターのMichelleです。 私事ですが、先日身内に不幸があ

神道に戒名ってあるの?位牌やお墓に書く名は?死んだらどうなる?

ライターの岸井アオイです。 日本には初詣、お宮参り、七五三詣り、

ベルマークに交換できるインクカートリッジは純正だけ?対象のメーカーは?点数はどれくらい?

こんにちは。ライターのReilaiです。 様々な商品についている

ベルマークがついている商品一覧!スーパーやコンビニ、お菓子、ジャンルごとに整理

ライターの岸井アオイです。 お子さんの通っている小学校や保育園な

ベルマークで交換できる商品は何があるの?交換方法は?何点必要なの?

こんにちは!ライターのkaricoです。 親と子が、一緒になって

→もっと見る

PAGE TOP ↑