クロスバイクの服装は?☆おしゃれ女子のおすすめコーデ

だんだん気温が高くなってくると薄着の季節はもうすぐそこ…。ダイエットを意識して春からは自転車通勤を…なんて方もいるのではないでしょうか?

最近はクロスバイクの人気が出てきて街中を走る姿も多くみられますが女性がサイクルジャージはちょっとかわいさからは離れてしまいますよね。

 

SPONSORED LINK

 

クロスバイクは普段通りのカジュアルウェアでも乗れるのが大きな魅力です。今回はクロスバイク女子向けのかわいいおすすめコーディネートを紹介しちゃいます。

 

クロスバイクに乗る際の服装の基本

クロスバイクは平均して時速約20kmは出る自転車です。スピードの出るロードバイクやオートバイなどの二輪車にも共通して言える事ですが、万が一転倒してしまった時の事を考え、肌を露出させないのがポイントです。

オートバイやクロスバイクなどで肌が露出した状態で走行中に転倒をしてしまうとコンクリートや砂利と直接肌を擦ってしまいます。

擦り傷は治りも遅く傷跡が残る可能性があり、深く傷を負った場合神経を傷つけてしまうので、最悪の場合痺れや麻痺が残ってしまうなど大きなケガになることもあります。

ただ真夏の炎天下で長袖長ズボンでは熱中症の可能性を考えると機能性衣類を利用し熱を逃がすなど工夫が必要です。以上を踏まえた上で春夏と秋冬それぞれにおすすめの服装を紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

春から夏におすすめ軽装コーディネート

上着:温かくなる春先から夏場は通気性を重視したものを用意しましょう。熱がこもってしまうと熱中症の原因になります。また、汗をたくさんかくと、せっかくのメイクが落ちてしまいます。さらに撥水機能なども備わっていると突然の雨にも対応が出来安心です。

 

image001
【商品紹介:ウィンドブレーカー

 

インナー(春):春先は日中温かいですが、夜になって急に冷え込んだりと寒暖差があります。温感インナーをカットソーの下に着るなどして温度調節をしましょう。

インナー(夏):夏場ですが速乾吸汗に優れた衣類を着用しましょう。またカップ付きの物だと、下着の締め付けやあせも防止などにもなりますし、そのままサラッと羽織って出かけられます。

 

image002
【商品紹介:カップ付半袖Tシャツ

 

ボトム:ボトムを選ぶ際のポイントは下に履くロングタイツはサイクルウェアを選ぶことです。というのも一般的な自転車よりもサドルにクッション性があまり無いため、長時間漕いでいるとお尻の辺りが疲れてしまいます。

サドルにあたる部分にやわらかいゲルが入ったこのサイクル用ロングタイツを履けば、上に履くものは手持ちのショートパンツやハーフパンツでOKです♪また10分丈を選ぶことによって紫外線対策にもなります。

 

image003
【商品紹介:10分丈ロングタイツ

 

秋から冬にかけての防寒暴風コーディネート

冬場のコーディネートのポイントですが、走って風を受ける分だけ体感温度が下がるので、衣類でいかに防寒暴風をするかがポイントとなります。ただ厚着をしてしまうと動きにくくなってしまうので、薄手のインナーの重ね着などで対応しましょう。冬場のサイクルファッションは山ガールをお手本にすると可愛くまとまります♪

上着:寒いからと言って普段着ているモッズコートなどを着てしまうと意外と汗をかいてしまいます。防寒性には優れていても通気性が悪いため蒸れてしまうためです。そこでおすすめなのがマウンテンパーカーです。登山用アイテムで動く事を考慮してあるので、薄手でも防寒、防風に優れていてポケットも大きいので地図などを入れておくことも出来ます。

 

image004
【商品紹介:撥水機能付きウィンドブレーカー

 

冬用のアウターは少しゆったりしたものを選んだ方が中に着こむ余裕が出来るので、普段より1サイズ上を選ぶのをお勧めします。

インナー:最近はどこのお店でも保温性インナーの取り扱いがありますので、これを一番下に着るか、機能性カットソーなどを着て、パーカーやダウンベストなどで温度調整をするのもいいかもしれません。

 

image005
【商品紹介:機能性長袖カットソー

 

ボトム冬場は中に履くタイツに暖かい裏起毛やフリースのものを選び、防寒と暴風に備えましょう。足にフィットするタイプのレッグウォーマーなどを使用してもいいかもしれません。

 

image006
【商品紹介:裏起毛サイクリングパンツ

 

こちらの記事でクロスバイクの基礎知識は勿論、女性に合わせた選び方と乗り方を紹介しています。普通のシティサイクルの選び方とは違ってきますので、購入を検討している方は是非お店に足を運ぶ前に目を通して、自分にぴったりの物が見つかるようにしてみてはどうでしょうか。

 

 

こちらはサイクリングに出かけるまでの女性チームへの簡単なインタビュー動画です。どんな自転車に乗っているかはもちろん、服装のチェックもできますので参考にご覧ください。

 

【YouTube】女性ライダーズ サイクルレディー Women Riders Cycle lady

 

あると便利なサイクル用ファッション小物

こちらの項目では用意しておくと便利な可愛いサイクル用のファッション小物を紹介しちゃいます。

グローブ:グローブをしていると万が一転倒してしまった際の怪我の防止になります。グリップが付いていてハンドルが握りやすくなっているグローブは、汗で滑るのを防いだり、振動を吸収し疲労を軽減させてくれる役割があります。夏用グローブは指切りタイプがありますが、転びそうで心配だなという方は普通の指先まであるものを選びましょう。また冬場のグローブはタイツと同様に保温機能のあるものを選ぶと指先がかじかむのを防ぐことが出来ます。

 

image007
【商品紹介:春夏用サイクリンググローブ

 

ネックウォーマー:ネックウォーマーやスヌードは今や冬の必需品です。人間の体は首・手首・足首を温めると冷えにくいと聞いたことがあると思います。マフラーなどの巻きものはきちんと縛らないと危険なので、安全面も考えると、被るだけでいいネックウォーマーやスヌードを用意しておくと便利です。
 

SPONSORED LINK

 

ヘルメット:自転車でヘルメットと聞くとやりすぎでは?と思う方もいると思いますが、クロスバイクのようにスピードが出る自転車は転倒の事を考えて被ったほうが安心です。最近では見た目がふつうの帽子と変わらないおしゃれなデザインのヘルメットも増えている様です。こちらの記事ではかわいい見た目のヘルメットやヘルメットをかぶる際にお勧めの髪型の紹介をしています。ヘルメットを買うか悩んでいる方は是非参考になさってください。

 

 

リフレクター(反射板):雨の日や夜間は視界不良になるため、車の運転席から認識できる情報量は日中と比べ大幅に減ります。

自転車自体にも反射板は付いていますが、最近ではキーホルダータイプや簡単に腕や足首に巻くタイプなど種類も豊富にあります。自転車通勤を検討していて帰りが遅くなる場合がある方は是非購入してください。

 

image008
【商品紹介:リフレクター

 

クロスバイクとダイエット

薄着の季節が近づくので、ダイエット目的も兼ねて自転車通勤を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか?自転車は膝に負荷がかかりにくくウォーキングやランニングよりも消費カロリーが多いので、ダイエットに向いています。こちらの記事でクロスバイクを利用したダイエットを紹介しています。

 

【参考記事】クロスバイクダイエット!楽しみながら効果的に痩せる乗り方

 

春夏はショートパンツやミニスカートで足を出したい!!という方も是非参考になさってください。

いかがでしょうか?クロスバイクを始める女性にぴったりの可愛いサイクルウェアや小物、春夏と秋冬それぞれの季節毎に選ぶウェアのポイントなど紹介しました。春らしい色のかわいいウェアとクロスバイクでお出掛けしたら気持ちも晴れやかになりますよね。お気に入りのウェアを見つけてステキなサイクルライフにしてください。

 

関連記事

クロスバイクメンテナンスの仕方☆基本・サビ・便利グッズ

最近ではサイクリングをしない方でも、通勤通学で利用するようになったクロスバイク。せっかく高価でオシャ

記事を読む

クロスバイクのおすすめ価格帯は?値段で何が違う?

天気の良い日はシティサイクルよりスピードの出るクロスバイクでサイクリングや通勤通学をしたい。そんな軽

記事を読む

クロスバイク☆かごがあると便利!定番グッズと最新グッズ

クロスバイクの見た目は余計なものが付いていない方がカッコイイと思っても、実用性を考えた時に無いと不便

記事を読む

クロスバイクダイエット!楽しみながら効果的に痩せる乗り方

ダイエットを始めたい、始めたけど続かない…そんな方のために楽しみながら効果的に痩せられる「クロスバイ

記事を読む

クロスバイク荷物はどうする?おすすめバッグと便利グッズ紹介

健康やダイエットのため、交通費節約のため、多くの人が様々な理由でクロスバイクを使用しています。見た目

記事を読む

クロスバイク改造計画☆おしゃれにカッコよく盗難対策も重要

クロスバイクとは、段差や悪路に強いマウンテンバイクと、長距離を早く走ることができるロードバイクの性能

記事を読む

クロスバイクの基礎知識☆女性のための選び方・乗り方

「クロスバイク」と聞いて、「クロスバイクって何?」「普通の自転車とどう違うの?」と思う人も多いのでは

記事を読む

クロスバイクの選び方☆メーカー別人気ランキングトップ5

近年、環境問題や運動不足が騒がれる中で自転車での通勤・通学を行う方が増えてきています。 特にロ

記事を読む

クロスバイク女子必見!おしゃれに乗るための5つの方法

本格的なスポーツタイプのクロスバイク女子も見かけるようになりました。でも、日常生活ではやっぱり女子の

記事を読む

クロスバイクで走れる距離と時間は?通勤に使える?

最近では街中でもよく見かけるクロスバイク。自分もあのスタイリッシュなクロスバイクで通勤通学をしたいな

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑