クロスバイクのおすすめ価格帯は?値段で何が違う?

天気の良い日はシティサイクルよりスピードの出るクロスバイクでサイクリングや通勤通学をしたい。そんな軽い気持ちでクロスバイクを販売しているお店に行くと、価格帯の幅の広さに驚きます。

普通のシティサイクルなら1万円前後から高くても数万円、電動アシストが付いても20万円以下です。しかし、クロスバイクは数万円~50万円前後になります。

 

SPONSORED LINK

 

こちらでは何が違ってこんなに値段の差があるのか、初心者におすすめの価格帯はいくらくらいなのかを詳しくご紹介します。

知っていれば、無駄に高価なものを買わずに済みますよ!
 

初心者が知っておくと安心の選び方ポイント

そもそもシティサイクルとクロスバイク、ロードバイクなどは何が違うのかよく分からない。初心者の方にはその違いを漠然としか理解していない方もいらっしゃると思います。

 

 

こちらでは、初心者でも分かりやすく各自転車の違いを紹介しています。知れば、より自分に合った自転車を探すことに役立つこと間違いなし!ぜひ、クロスバイク探しの参考にしてみてください。

 

SPONSORED LINK

 

クロスバイク、値段の違いはどこにあるの?

それでは、なぜクロスバイクはシティサイクルと違って値段に大きな差があるのかを説明します。

一番値段の違いに影響が出るのは「車体(フレーム)の素材」です。次にペダルやギアなどの「パーツの性能やブランド」です。
 

●車体(フレーム)の素材
シティサイクルの価格帯はそんなに広くなく、クロスバイクの価格帯が広い一番の理由がこれです。一般的なシティサイクルは車体(ボディ)にスチールを使っています。スチールは安価で重いため安定感があるのが特徴です。そのため子供を前後に乗せることが可能で、車体価格も安いのです。

それに比べ、クロスバイクには様々な種類の素材があります。素材の価格を安い順に並べると以下のようになります。

①スチール
②クロームモリブデン(クロモリ)
③アルミ
④カーボン
⑤チタン
⑥マグネシウム

しかし「より高価な素材=より良いクロスバイク」とは限らないので注意が必要です。それぞれの素材の利点・欠点が大きく違うので、自分の予算とライフスタイルに合った素材を見つけることが重要になります。

こちらでは各素材の利点・欠点を簡単にまとめました。段差の多い道を通ることが多い方は、衝撃に強く乗り心地が良い素材にするなどの参考にしてください。

image002

また、クロスバイクによっては一部を高価なカーボン、それ以外ではアルミを使用しているボディなども存在します。そういう場合は、値段がカーボンとアルミの中間くらいになるということも覚えておくと良いでしょう。
 

●パーツの性能やブランド
多くの電化製品などでも同様のことが言えますが、自転車のメーカーというのはボディの設計と完成した自転車の販売のみを行っているだけです。それ以外のパーツは自転車メーカー以外のブランドが作ったものを合わせて組み立てていく仕組みです。(一部、自社メーカーでパーツを作っているところもあります)

なので、ボディの素材に続いて、使われているパーツの性能やブランドによっても車体の値段が大きく変わるのです。

性能の点で言うと一番分かりやすいのがギアです。安いクロスバイクのほとんどが7~8段階の変速機能しか持っていません。クロスバイクの醍醐味の1つともいえる20段階以上の変速機能がない分、安いのです。

ブランドの点で言うと釣り具ブランド「シマノ」が有名です。シマノが作るギアはクロスバイクでも世界トップクラスのギアを作るブランドとしても有名です。無名ブランドに比べて信頼性が高い分、値段も高くなります。

また、ボディ同様に素材の違いによっても値段が変わってきます。玄人になると、それぞれのパーツをバラバラに購入して自分で組み立てたり、購入後にパーツ交換をしたりします。もちろんその分、費用がかさみますので高価になっていきます。
 

初心者にはどのくらいの価格帯のものがおすすめ?

無題

では初心者にはどのくらいの価格帯のものがおすすめなのでしょうか?パーツごとにおすすめのものを紹介した後、それら全てがそろった車体の価格をご紹介します。
 

●ボディの素材
スチールより軽くて少し高価なアルミ製がおすすめです。ボディの素材がアルミに代わるだけで、シティサイクルとは全く違ったクロスバイクの走りを体感することができます。ただし、アルミは衝撃がダイレクトに伝わり、折れやすい素材なので段差を走行する際は注意が必要になります。
 

●ギア
シティサイクルにはない「フロント3×リア8=24段階変速」か「フロント3×リア9=27段階変速」がおすすめです。ギアチェンジに慣れるまで少し苦労しますが、これもクロスバイクの走りを体感できる醍醐味の1つです。
 

●その他
ボディをアルミ製にした場合は、段差の衝撃でお尻が痛くなることもあります。出来ればフロントフォーク(ハンドル部分)とシートポスト(サドル部分)にサスペンション(衝撃を吸収する部品)が付いているものがオススメです。どちらか片方、もしくは両方に付いていると安心です。
 
以上のことから、おすすめの価格帯は大体6万円前後になります。そして、多くのクロスバイクは「スタンド」「カギ」「ライト」「かご」などの付属品が付いていないので別途購入が必要になります。それを含めると大体8万円くらいを見ておくと良いでしょう。

しかし、1万円前後から買えるシティサイクルからいきなり8万円!と言われるとちょっと抵抗がある方もいると思います。
 


 

こちらでは、シティサイクルよりちょっとだけ高い3万円以下のクロスバイクを紹介しています。当然、安い分ギアの段階が少なかったり、素材がスチールだったりとデメリットはありますが、お試しでクロスバイクの走りを体感するには十分なものがそろっています。気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

また、もうちょっと予算に余裕がある方はこちらの動画も見てみてください。

【「初心者におすすめのクロスバイク」『4~5万円台編』 独断と偏見でたっぷり紹介します。】
 

 

紹介者の主観ではありますが、4~5万円台のクロスバイクを紹介していますので、参考にしてみてください。
 

クロスバイクの人気メーカーが知りたい!

とりあえず予算のことは考えずに人気メーカーのおすすめクロスバイクを知りたい。そんな方はこちらをご覧ください。

 

 

こちらではメーカー別に人気のクロスバイクを紹介しています。自分の好みに合ったデザインや、予算に合った1台を見つけられますよ!特にデザインや色はメーカーによって大きく違うので、見ているだけでもワクワクします。
 

SPONSORED LINK

 

自分好みにカスタマイズしてみたい

image006

まずは1台購入してみて、どうしても自分に合わないパーツなどは後々パーツ交換をして自分好みにカスタマイズできるのもクロスバイクの醍醐味の1つです。
 

 

こちらでは、初心者でもできるカスタマイズの方法や、カスタマイズできるパーツなどを詳しく紹介しています。合わせて盗難対策をする方法も紹介していますので、高価で自分好みにしたクロスバイクをしっかり守りましょう!

1度走りを体感してしまうと、もうシティサイクルには戻れない!と多くの方が言うクロスバイク。
購入前にしっかり基礎知識を入れて後悔しないクロスバイク選びをしてください。

関連記事

クロスバイク女子必見!おしゃれに乗るための5つの方法

本格的なスポーツタイプのクロスバイク女子も見かけるようになりました。でも、日常生活ではやっぱり女子の

記事を読む

クロスバイクのおしゃれなヘルメット☆もう髪型は気にしない

春が近づくと何か新しい事を始めたくなりますよね。最近女性に人気のスポーツは屋内で出来るボルタリングや

記事を読む

クロスバイク初心者【選び方】ロードバイクとどっちを選ぶ?

多くの人の運動不足が何かと話題に取り上げられる今日この頃。普段の通勤・通学や買い物で気軽に運動するた

記事を読む

クロスバイクの服装は?☆おしゃれ女子のおすすめコーデ

だんだん気温が高くなってくると薄着の季節はもうすぐそこ…。ダイエットを意識して春からは自転車通勤を…

記事を読む

クロスバイクで走れる距離と時間は?通勤に使える?

最近では街中でもよく見かけるクロスバイク。自分もあのスタイリッシュなクロスバイクで通勤通学をしたいな

記事を読む

クロスバイクの選び方☆安い!3万円以下で買える商品紹介

街中でもよく見かけるクロスバイク。 さっそうと走る姿にあこがれて、自分も買ってみようと考えてい

記事を読む

クロスバイク改造計画☆おしゃれにカッコよく盗難対策も重要

クロスバイクとは、段差や悪路に強いマウンテンバイクと、長距離を早く走ることができるロードバイクの性能

記事を読む

クロスバイクダイエット!楽しみながら効果的に痩せる乗り方

ダイエットを始めたい、始めたけど続かない…そんな方のために楽しみながら効果的に痩せられる「クロスバイ

記事を読む

クロスバイクの基礎知識☆女性のための選び方・乗り方

「クロスバイク」と聞いて、「クロスバイクって何?」「普通の自転車とどう違うの?」と思う人も多いのでは

記事を読む

クロスバイクの乗り方☆コツを知れば疲れ知らずでカッコいい

通勤通学に、運動やダイエットにクロスバイクに乗ってみようと思っている方、クロスバイクの乗り方はシティ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑