クロスバイクの選び方☆安い!3万円以下で買える商品紹介

街中でもよく見かけるクロスバイク

さっそうと走る姿にあこがれて、自分も買ってみようと考えている方が最初に直面する壁が値段です。平均6万円するクロスバイクは、購入を決断するのがなかなか難しいです。

また、クロスバイクは車体以外に購入をしないといけない付属品がいくつかあるのでさらに費用がかさみます。

 

SPONSORED LINK

 

しかし、実はクロスバイクには3万円以下で買えるものも存在します。

こちらでは3万円以下で買えるクロスバイクと、その注意点などを詳しくまとめました。まずは安いクロスバイクからその走りを体感してみるのも手ですよ。

 

知っておくと安心・クロスバイクの選び方

クロスバイクを購入するにあたって、知っておくと安心なのはクロスバイクの基礎知識です。基本的なことを知っていれば、高価なクロスバイクと安価なクロスバイクの違いも納得して購入することが出来ますよ。
 

 

こちらでは、初心者でもクロスバイクのことを分かるように紹介しています。クロスバイクのことを全く知らないという方は、まずこちらを読んでおくと以下の話が理解しやすくなりますよ。

 

SPONSORED LINK

 

3万円以下のクロスバイク紹介

3万円以下に限定してしまうと、選択の余地はないの?と思ってしまいそうですが、探してみると結構たくさんの種類があります。その中でも、コストパフォーマンスの高いもの、人気の高いものを厳選してご紹介します。
 

●[あさひ]プレシジョントレッキング-H 700c

image002
【商品紹介:あさひ プレシジョントレッキング-H 700c

・メーカー:サイクルベースあさひ
・参考価格:25,980円(税込)
・素材:スチール
・重量:約16.8kg
・ギア:外装7段変速
・特徴:
一見するとシティサイクルに見えますが、タイヤやブレーキなど間違いなくクロスバイク仕様です。また、一般的には別売のかごと泥除け(フェンダー)がセットになっているのがうれしいです。色は赤、黄、黒、白の4色から、サイズは身長に合わせて3種類から選ぶことが出来ます。

 

●【a.n.design works】Delico467

image004
【商品紹介:【a.n.design works】 Delico467

・メーカー:エーエヌデザインワークス
・参考価格:26,980円
・素材:スチール
・重量:約13.5kg
・ギア:フロント1×リア7の7段階
・特徴:
高価でなかなか手が出ないという方のために作られた1台です。1サイズ(身長の目安:約150cm~175cm位)のみになりますが、カラーバリエーションが豊富で見た目もオシャレです。

 

●DOPPELGANGER 700x28C クロスバイク LIBEROシリーズ AMADEUS 401

image006
【商品紹介:DOPPELGANGER 700x28C クロスバイク LIBEROシリーズ AMADEUS 401

・メーカー:ドッペルギャンガー
・参考価格:24,800円
・素材:アルミ
・重量:約13kg
・ギア:フロント3×リア7の21段階
・特徴:
この値段ではとても珍しい21段階でギアチェンジができる商品です。クロスバイク上級者にはあまり良くないという意見もありますが、初心者が最初に乗るクロスバイクとしては申し分ありません。タイヤやサドルのカラフルさが目につく商品です。

 

●IGNIO 自転車 タウンクロス 440mm

image008
【商品紹介:IGNIO 自転車 タウンクロス 440mm

・メーカー:イグニオ
・参考価格:29,970円
・素材:アルミ
・重量:約12.5kg
・ギア:7段階
・特徴:
とてもシンプルなデザインなので、男性でも女性でもスタイリッシュに乗ることが出来ます。ただし、身長の目安が165cm~185cmなので、小柄な方は購入時に注意が必要です。こちらは通常は別売りのスタンドが付いているので、お店などで駐輪する機会の多い人はとても助かります。

 

●TOPONE シマノ6段変速

image010
【商品紹介:TOPONE シマノ6段変速

・メーカー:トップワン
・参考価格:14,980円
・素材:スチール
・重量:約15kg
・ギア:6段階
・特徴:
なんと2万円を切る商品です。カラーリングが特徴的で身長の目安が150cm~と小柄な方でも安心して購入できます。また、この値段なのに通常は別売のベル・スタンド・カギ・ライトが付いているコストパフォーマンスの高い商品です。

 

安いクロスバイクのデメリット

image012

3万円以下で買えるクロスバイクは安い代わりにいくつか注意をしないといけない点があります。知らずに買ってしまうと後で困ることがありますので、必ず確認してから購入しましょう。
 

●本体は安くても+αで必要になるものがある。
全てのクロスバイクはシティサイクルと違い、ライト・ベル・カギ・かごなどの付属品が付いていないものがほとんどです。その中には、公道を走るためには必要な付属品もあります。(付けていないと、道路交通法違反になり、刑罰の対象になります)

また、防犯登録料(500円)やクロスバイク専用の空気入れも必要になります。(シティサイクル用の空気入れは使用できない可能性が高いです)
 

 

こちらでは、自転車には必ず付けておかない付属品や、あると便利なグッズを紹介しています。クロスバイク購入前に、一度確認してみてください。
 

●購入は基本的に通販。
3万円以下のクロスバイクのほとんどは、通販のみの購入になります。多くの商品が9割がた完成した状態で発送されますが、最終的には自分で完成させる必要があります。また、自分の体格に合ったサドルの高さや角度にも自分で調整する必要があります。
 

【【自転車 買ってみた】 クロスバイクを通販で買ったけど…どんな風に届くの? 【Bianchi cielo 2015】】
 

 

こちらでは、実際に通販で購入したクロスバイクがどのような状態で届くかを動画で紹介しています。覚えておくと良いポイントがいくつかあるので、注文後に見てみてください。
 

●3万円以下の車体はチャイルドシートが付けられないものがほとんど。
クロスバイク全体で言えることですが、車体によって付けられない付属品があります。特に3万円以下のクロスバイクはフレームなどの材料費を安くするために、強度が若干弱くなりチャイルドシートを付けられないものがほとんどです。子供を乗せたいと考えている方は、購入時に取り付け可能かどうか確認しましょう。
 

●不具合があった時の修理をしてもらえない可能性がある。
通販で買っても細かい調整や、何かあった時の修理は近くの自転車屋さんで頼もう。そう考えている方は注意が必要です。シティサイクルと違い、クロスバイクやロードバイクは調整や修理できる人が限られています。

その多くは、スポーツサイクル専門店のスタッフですが、そういったお店ではその店で購入したもの以外はお断りということがあります。特に通販で買った3万円以下のクロスバイクは門前払いされてしまう可能性が高いとのこと。

良心的なお店を探すか、簡単な修理は自分で出来るようになる必要があります。
 

●メンテナンスを忘れずに!
上で説明したように、何かあった時にお店の人に頼める可能性は低いです。修理が必要な状態にならないようにするには、日々のメンテナンスが重要です。
 


 

こちらでは、初心者でもできるメンテナンスの方法を紹介しています。高価なクロスバイクでももちろんメンテナンスは必須ですが、安価なものはつい怠りがちになります。「安物買いの銭失い」にならないよう、メンテナンスは必ず行いましょう。
 

●高価なクロスバイクに買い替える際に、もう一度乗り方の確認が必要。
3万円以下と安い理由の1つにギアが少ない点があります。高価なクロスバイクはフロントとリアの両方に数段階のギアが付いています。(フロント3×リア7の21段階など)

安いクロスバイクにはほとんどないギアなので、正しいギアチェンジの仕方を改めて覚える必要があります。
 

クロスバイクの乗り方も覚えよう!

初めてクロスバイクに挑戦する方にとって一番困惑するのが「乗り方」です。シティサイクルと同じような乗り方をすると、事故やケガの原因になります。
 


 

こちらでは、クロスバイクの正しい乗り方を詳しく紹介しています。また、上で説明したように通販で購入した際に必要になるサドルの調整や、フロントとリアの両方にギアがあるクロスバイクを購入した際に必要になる正しいギアチェンジの方法も紹介しています。ちゃんと確認してから乗るようにしましょう!
 

SPONSORED LINK

 

クロスバイクの人気メーカーはコレ!

上で紹介したようなデメリットを見て「もう少し貯金をしてちゃんとしたものを買おうかな」と思った人は、こちらをご覧ください。
 


 

こちらでは、値段に関係なくメーカー別の人気トップ5のクロスバイクを紹介しています。それぞれのメーカーでデザインや特徴が違うので、自分の体格に合ったもの、好みに合ったものを選ぶことが出来ますよ。

クロスバイクを購入した方の多くが、2年以内にもっと本格的なものが欲しいと2台目を購入する方が多いそうです。1台目は3万円以下で購入を決めた方も、ぜひ2台目購入時の参考にしてください。
 

3万円以下のクロスバイクは、何かと不便だと思った方も多いでしょう。しかし、高価なクロスバイクでもメンテナンスや修理は必要ですし、お店に頼めばそれなりの費用がかかります。最初の1台でメンテナンスや修理を強制的に自分でやらないといけない状態にしておけば、後々の節約にもつながりますよ。

特に長距離サイクリングを考えている方は、何もない場所で故障しても大丈夫なように修理の方法を覚えておくことは安心です。大変だと思うことも前向きに考えて、クロスバイクライフを楽しみましょう!

関連記事

クロスバイクのおすすめ価格帯は?値段で何が違う?

天気の良い日はシティサイクルよりスピードの出るクロスバイクでサイクリングや通勤通学をしたい。そんな軽

記事を読む

クロスバイクの基礎知識☆女性のための選び方・乗り方

「クロスバイク」と聞いて、「クロスバイクって何?」「普通の自転車とどう違うの?」と思う人も多いのでは

記事を読む

クロスバイク初心者【選び方】ロードバイクとどっちを選ぶ?

多くの人の運動不足が何かと話題に取り上げられる今日この頃。普段の通勤・通学や買い物で気軽に運動するた

記事を読む

クロスバイクの選び方☆メーカー別人気ランキングトップ5

近年、環境問題や運動不足が騒がれる中で自転車での通勤・通学を行う方が増えてきています。 特にロ

記事を読む

クロスバイク改造計画☆おしゃれにカッコよく盗難対策も重要

クロスバイクとは、段差や悪路に強いマウンテンバイクと、長距離を早く走ることができるロードバイクの性能

記事を読む

クロスバイクの乗り方☆コツを知れば疲れ知らずでカッコいい

通勤通学に、運動やダイエットにクロスバイクに乗ってみようと思っている方、クロスバイクの乗り方はシティ

記事を読む

クロスバイク荷物はどうする?おすすめバッグと便利グッズ紹介

健康やダイエットのため、交通費節約のため、多くの人が様々な理由でクロスバイクを使用しています。見た目

記事を読む

クロスバイクの服装は?☆おしゃれ女子のおすすめコーデ

だんだん気温が高くなってくると薄着の季節はもうすぐそこ…。ダイエットを意識して春からは自転車通勤を…

記事を読む

クロスバイクメンテナンスの仕方☆基本・サビ・便利グッズ

最近ではサイクリングをしない方でも、通勤通学で利用するようになったクロスバイク。せっかく高価でオシャ

記事を読む

クロスバイク☆かごがあると便利!定番グッズと最新グッズ

クロスバイクの見た目は余計なものが付いていない方がカッコイイと思っても、実用性を考えた時に無いと不便

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

府中くらやみ祭りの由来と歴史、昔は男女が・・・

ライターのMichelleです。 東京・府中市にある大國魂神社(

府中くらやみ祭り、屋台の出店期間と時間、一番出てる日は?

こんにちは、ライターの長谷川です。 卒業や入学などの節目を迎えて

府中くらやみ祭り2017オススメの日程と時間、見どころを紹介

ライターのMichelleです。 東京・府中市に1,000年以上

府中くらやみ祭りの交通規制や混雑状況、アクセス方法

こんにちは。ライターの榎本です。 毎年4月30日から5月6日まで

コンビニで住民票や戸籍を県外でも取れる?窓口より安いの?

こんにちは、ライターのみーです。 住民票や戸籍が必要な時は役所に

→もっと見る

PAGE TOP ↑