クロスバイクダイエット!楽しみながら効果的に痩せる乗り方

ダイエットを始めたい、始めたけど続かない…そんな方のために楽しみながら効果的に痩せられる「クロスバイクダイエット」がオススメです。

最近は女性にも人気の出てきているクロスバイク。こちらの記事ではクロスバイクとダイエットの関係性を紹介します。
 

SPONSORED LINK

 

クロスバイクとダイエットどこに効果がある?

image002

いざダイエットを始めても継続するのはなかなか難しいですよね。自転車は消費カロリーが高くダイエットには効果的といわれています。通勤時間や買い物にも利用できる自転車ですが、サイクリングは気分転換にもなるので継続しやすいのがポイントです。

また、こぎ方や姿勢で効果が変わってきます。注意するポイントは呼吸が乱れて無酸素運動にならないようにすることです。
 

・足全体を細くしたい
自転車をこぐ際に足の指の付け根辺りでこぐと、ふくらはぎや足全体をスッキリさせる効果があります。
 

・お腹をすっきりさせたい
背筋を伸ばしまっすぐ前を向いて乗る姿勢を維持することで腹筋にも刺激が行き、ぽっこりお腹の解消にもなります。

 

SPONSORED LINK

 

ただこぐだけでなく気になるパーツに意識を向けてこぐのが重要です。最初は無理のない速度や距離で始めて、徐々に長い時間こぐようにすると体を痛めることなく継続することができます。クロスバイクがダイエットに効果があることが分かったら、まずはクロスバイク選びから始めなくてはいけませんね。
 


 

こちらの記事で初心者向けクロスバイクとロードバイクの違いや選び方を紹介しています。クロスバイクもロードバイクもスポーツ向けですが、目的はもちろん、金額も変わってきます。違いを知りたい場合やどちらにするか悩んでいる場合はぜひ参考になさってください。
 


 

こちらの記事では、カッコよくて疲れにくいクロスバイクの乗り方を紹介しています。サドルにクッション性が少ないので、長時間乗っていると結構お尻周りが疲れてしまう方も多いと思います。長距離乗る際などの参考にもなりますのでご覧ください。
 

ダイエットに効果的なクロスバイクの乗車時間と走行距離

自転車に乗っても乗る時間が短くてはダイエット効果がありません。よく耳にするのはカロリーを消費には運動を20分以上継続しないと効果が無いということです。運動強度(METS)を用いて消費カロリーの推定計算をすることが可能です。

計算式
エネルギー消費量(kcal)=1.05×運動強度(METS)×時間(h)×体重(kg)

 

安静時の運動強度を1METSとして、日常動作からスポーツごとに決まっています。例えば体重50kgの方が水泳を2時間行ったとします。水泳の運動強度は6.0METSなので

1.05×6.0×2×50=630Kcal

カップラーメン程度のカロリーを水泳で消費することが出来ます。クロスバイクの運動強度ですが速度によって変わってきます。
 

image004

 

クロスバイクの平均時速はおよそ20km前後です。例えば体重50kgの人が一日1時間、時速20kmでサイクリングを1か月続けると

1.05×8(運動強度)×1(時間)×50(体重)=420kcal
420kcal×30日=12,600kcal

脂肪1kgを落とすのに必要なカロリーは7,000kcalと言われていますので、1か月で2kg弱減る計算になります。それしか減らないの?と思う方もいるかもしれません。しかし、継続することにより太りにくい体質になるのでリバウンドなしでゆっくりと体重が減り、体に無理のない理想のダイエットができます。

例えば会社までの道のりが片道30分であれば、時速20キロで30分継続してこぐと一日で往復1時間運動をしている計算になります。通勤時間を使って運動ができれば…無理なく続けられそうですよね。しかし、男性ではクロスバイクを乗る方も多いですが、女性が乗っても違和感がないの?と考えている方もいるかもしれません。
 


 

こちらは女性向けにクロスバイクの基礎知識から選び方・乗り方をまとめてあります。普通の自転車と違ってどんなものをどんな基準で選んだらいいか悩んでいる方は参考になさってください。

【自転車でダイエットするコツ】
 

 

こちらの動画は自転車を用いたダイエットのコツを4分程度の内容にまとめてあります。トルクとは、タイヤを回転させる時に生じる力の単位のことで、ギアの入れ方でトルク数が変わってきます。高速ギアと低速ギアの効果の違い効果なども紹介していますので、ぜひ参考にご覧ください。
 

SPONSORED LINK

 

ダイエットにおススメのクロスバイクとは

image006

最近は女性向けにデザインされた見た目もおしゃれで乗り心地のいいクロスバイクも増えてきています。
 

◆Bianchi/CIELO(ビアンキ/チェーロ) 
鮮やかな色使いで人気のBianchiはご存知の方も多いと思います。このCIELOはディスクブレーキが搭載されているため、ぬれた路面などでも安定して停止することが出来ます。サドルにジェルが入っていて、長時間長距離の走行による疲労軽減や衝撃吸収もしてくれます。

またフロントサスペンションによって段差などがスムーズに走行できるのもポイントです。
 

◆GIANT ESCAPE R3(ジャイアント エスケープ)
こちらは本体がアルミ製で非常に軽量に作られています。持ち上げる際などは軽量だと非常に楽です。また対応身長が145cmから185cmまでと非常に幅広く、小柄な女性でもチャレンジしやすいのが特徴です。カラーも豊富でお気に入りの1台を選べます。お値段も5万円台とクロスバイクではお手頃価格です。
 

どうでしょうか、簡単ですがクロスバイクとダイエットの関係についてまとめてみました。継続すれば痩せるのは分かっていても続けるのはなかなか難しいのがダイエットですが、通勤手段や移動手段として取り入れてしまえば、意外と続くかもしれません。

爽やかな風が吹き始めるこの時期にクロスバイクで景色を楽しみながら走るのはきっと気持ちいいですよ。お気に入りのクロスバイクを見つけてダイエットを楽しんでみてはどうでしょうか?

関連記事

クロスバイクのおすすめ価格帯は?値段で何が違う?

天気の良い日はシティサイクルよりスピードの出るクロスバイクでサイクリングや通勤通学をしたい。そんな軽

記事を読む

クロスバイクに自分で取り付け!チャイルドシート前?後?

クロスバイクはスポーティーなイメージが定着している方も多いかと思います。しかし、色や使用する用途によ

記事を読む

クロスバイク女子必見!おしゃれに乗るための5つの方法

本格的なスポーツタイプのクロスバイク女子も見かけるようになりました。でも、日常生活ではやっぱり女子の

記事を読む

クロスバイク改造計画☆おしゃれにカッコよく盗難対策も重要

クロスバイクとは、段差や悪路に強いマウンテンバイクと、長距離を早く走ることができるロードバイクの性能

記事を読む

クロスバイクで走れる距離と時間は?通勤に使える?

最近では街中でもよく見かけるクロスバイク。自分もあのスタイリッシュなクロスバイクで通勤通学をしたいな

記事を読む

クロスバイク☆かごがあると便利!定番グッズと最新グッズ

クロスバイクの見た目は余計なものが付いていない方がカッコイイと思っても、実用性を考えた時に無いと不便

記事を読む

クロスバイク初心者【選び方】ロードバイクとどっちを選ぶ?

多くの人の運動不足が何かと話題に取り上げられる今日この頃。普段の通勤・通学や買い物で気軽に運動するた

記事を読む

クロスバイクメンテナンスの仕方☆基本・サビ・便利グッズ

最近ではサイクリングをしない方でも、通勤通学で利用するようになったクロスバイク。せっかく高価でオシャ

記事を読む

クロスバイクの基礎知識☆女性のための選び方・乗り方

「クロスバイク」と聞いて、「クロスバイクって何?」「普通の自転車とどう違うの?」と思う人も多いのでは

記事を読む

クロスバイクの選び方☆安い!3万円以下で買える商品紹介

街中でもよく見かけるクロスバイク。 さっそうと走る姿にあこがれて、自分も買ってみようと考えてい

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑