女性の抜け毛に効くシャンプーは?原因と効果的な対策を紹介

こんにちは、ライターのちこです。

年齢とともに『髪の毛にボリュームがなくなった』「最近、抜け毛が増えてきた』など、悩んでいるあなた。

誰かに相談することもできなくて一人で悩んでいませんか?

そういう私も最近、ちょっと抜け毛が多くなってきて気になっているんです。

パーマは20代後半から全くかけていないし、一時期、頻繁にやっていたヘアカラーやブリーチも、できるだけ髪に負担がかからないよう白髪が目立つところだけにしてるのに…。

なんでだろう?どうにかならないかな?と思って調べてみましたよ!

女性用頭皮ケア商品やシャンプーにはどんなものがあるのか?抜け毛を防ぐにはどうしたらいいのか?など、ご紹介していきます!
 

SPONSORED LINK

 

女性用頭皮ケア商品・シャンプー紹介

女性の抜け毛は、部分的に薄くなっていく男性の抜け毛とは違い、全体的に髪がボリュームがなくなっていきます。今は大丈夫でも、女性なら誰でも『抜け毛』が起こりうるのです。抜け毛が増えてきた時、『シャンプーのせい?』と思い、変えたいけど、どんなシャンプーがいいかわかりませんよね?

まずはシャンプーを見直してみましょう!シャンプーには、『石鹸系』『アミノ酸系』『アルコール系』の3種類があります。界面活性剤を使っているシャンプーも多いですが、刺激の強い洗浄成分を使っているシャンプーだと、頭皮を必要以上に乾燥させてしまい、頭皮環境を乱してトラブルを起こしやすくなります。

抜け毛が気になる時には、『アミノ酸系シャンプー』がオススメです!では、どんな『アミノ酸系シャンプー』があるのでしょう?いくつかご紹介していきますね。
 

◎haru 黒髪スカルプ・プロ 400ml
100%天然由来でアミノ酸系、ノンシリコンシャンプーです。2ヶ月たっぷり使え、リンスも不要です。

image004

【商品紹介:haru 黒髪スカルプ・プロ 400ml 約2ヶ月分

 

◎アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー
シャンプー・コンディショナー・エッセンス(頭皮用美容液)がセットになった「アスタリフト美髪トライアルキット」もありますので、まずはトライアルキットから初めてみるのもいいですね。

image006

【商品紹介:アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー 360mL

 

◎Raffiシャンプー(ラフィーシャンプー)1000ml
低刺激のアミノ酸系ノンシリコンシャンプー。全国展開しているサロンのプロスタイリストが開発したシャンプーです。

image008

【商品紹介:Raffiシャンプー(ラフィーシャンプー)1000ml

 
ただしこれらのシャンプーは、人によっては合わない場合もありますので、トラブルが生じた時はすぐに使用を中止してくださいね。
 

SPONSORED LINK

 

女性の抜け毛の原因

「シャンプーを変えてみたけど、抜け毛が減らない」という場合もあるかもしれません。抜け毛の原因は、シャンプー以外にもあるんです。どんな原因があるのか、自分にも当てはまることはないか、詳しく見ていきましょう!
 

①ホルモンバランスの乱れ
女性ホルモンの分泌量は20代後半がピークで、30代になると少しずつ減っていきます。さらに40代で閉経を迎える前後や更年期障害になると急激に減少するようです。髪の毛が痩せてしまったり抜けたりするのは、エストロゲンという女性ホルモンの分泌量が、年齢とともに減ってしまうからなのです。
 

②生活習慣・食生活の乱れ
睡眠不足や無理なダイエット、暴飲暴食、栄養バランスの乱れ、運動不足など、生活習慣の乱れが影響している可能性もあります。血流が悪くなることで、頭皮や髪に栄養がいかなくなり、発毛サイクルが止まってしまい、抜け毛が増える原因にもなります。
 

③ストレス
ストレスが溜まりすぎると、交感神経が緊張状態になります。緊張は筋肉や血管をこわばらせるので、血液の巡りが悪くなります。その結果ホルモンバランスや自律神経のバランスが崩れてしまい、頭皮や毛母細胞への栄養供給に障害が出てしまうこともあります。
 

④頭皮ケアへの気遣い不足
パーマやヘアカラーの繰り返しや間違ったシャンプーの仕方、ドライヤーの当て方などから抜け毛を引き起こしている可能性もあります。
 

抜け毛を防ぐ効果的な対策

抜け毛の原因はわかったけど、どう対策したらいいのでしょうか?抜け毛を防ぐには、大きく分けて『頭皮環境』の見直しと『ホルモンバランスの乱れ』を改善することです。
 

①栄養バランスを整える
栄養バランスを考えて食事をすることが大事ですので、外食が多い方は外食を減らしたり、バランスよく食べる工夫も必要ですね。特に『ミネラル』や『ビタミンA』『ビタミンE』を意識して摂りましょう!ただし摂りすぎは逆効果になることもありますので、注意してくださいね。

油っこい食べ物は、過剰に皮脂を分泌させ、毛穴を塞いでしまうので、食べすぎないようにしましょう!
 

②シャンプー方法を見直す
シャンプーは2度洗いをします。1度目は汚れやスタイリング剤を落とし、2度目はシャンプーの量を半分にして洗います。指先や爪を立ててゴシゴシ洗うのはNGです。顔を洗う時と同じように、指の腹を使ってやさしく洗いましょう!洗いすぎると必要な皮脂まで取ってしまい、他の頭皮トラブルの原因にもなりかねません。

そしてシャンプーは1日1回夜におこない、朝シャンは止めましょう。シャンプーの洗い残しがないように、しっかり流すことも大事です。
 

③シャンプー後は正しい拭き方と乾かし方で
髪の毛をゴシゴシこすって拭くと、キューティクルを傷めてしまうので、髪の毛をタオルで挟んで、両手でパンパンと拍手するようにしてタオルに水分を吸わせます。美容師さんがよくやってますよね。私も真似してやってます。

またドライヤーは15センチくらい離して、ずっと同じ場所に当て続けないように、ドライヤーを左右上下に動かしながら当てましょう!
 

④ストレスを溜めない
気持ちをリラックスできるような趣味を持ったり適度に運動したりなど、日頃から心も体もリフレッシュする時間を作りましょう!有酸素運動も効果があります。
 

⑤ヘアカラーやパーマを控える
美容室で使っているカラーやパーマ液は、頭皮に刺激を与えます。抜け毛がひどい時には、ヘアカラーやパーマを控えましょう!
 

⑥帽子のかぶり方にも注意が必要
頭皮にとって紫外線は悪影響を及ぼしますが、帽子をかぶることで頭皮を圧迫させ、血行が悪くなったり、通気性が悪くなることで皮脂の分泌量が増えてしまうことも。少し大きめのサイズを選んだり、室内では帽子を取って通気性を良くしてあげましょう!

私もよくやっていますが、まとめ髪などできつく髪の毛を縛ってしまうのは、頭皮を圧迫させてしまうので、控えた方がいいようです。
 

SPONSORED LINK

 

女性ホルモンを増やす方法

ここまで原因や対策をいろいろ見てきましたが、女性ホルモンそのものを増やすことはできるんでしょうか?年齢とともに減っていくエストロゲンですが、増やす方法を調べてみました。
 

①イソフラボンを摂取する
大豆に含まれる『イソフラボン』には、エストロゲンと似た性質を持つことがわかっています。豆腐や納豆、味噌などの大豆食品を摂ることもオススメです!
 

②十分な睡眠を取る
成長ホルモンは、夜10時~深夜2時に多く分泌されるので、この時間帯に質の良い睡眠をとることが大事です。寝る直前まで、パソコンやスマホの画面を見ているのは良くないので止めましょう。体の疲れを取るようなストレッチをするのもいいですね。
 

③体を温める
体を温めることで、血行が良くなりエストロゲンの分泌が活発になります。お風呂もシャワーだけで済ませず、しっかり湯船につかりましょう!できるだけ温かい飲み物を飲んだり、内臓を冷やさないように腹巻をするのも効果的です。

こちらの動画では専門家が、女性ホルモン『エストロゲン」の増やし方を紹介しています。
 

【女性必見!美肌&美髪ホルモン、エストロゲンを増やしましょうa&】
 

 

まとめ

①女性用頭皮ケア商品・シャンプー紹介
抜け毛が気になる時は、刺激の少ない『アミノ酸系シャンプー』を選びましょう。オススメのシャンプーをご紹介しましたが、人によっては合わない場合もありますので、トラブルが生じた時はすぐに使用を中止してください。

②女性の抜け毛の原因
女性の抜け毛は、女性ホルモン「エストロゲン」の減少以外に、生活習慣・食習慣の乱れ、ストレスなどで頭皮環境が悪化することで起こります。繰り返しパーマやヘアカラーをしたり、間違ったシャンプー方法も原因になります。

③抜け毛を防ぐ効果的な対策
栄養バランスを考えた食事を心掛け、ストレスを溜めないように心の体もリフレッシュする時間をつくりましょう。正しいシャンプー方法や乾かし方をするようにし、パーマやヘアカラーは控えることも必要です。

④女性ホルモンを増やす方法
エストロゲンと似た性質を持つ『イソフラボン』を摂りましょう。また十分な睡眠を取り、体を温めて血行を良くすることも効果的です。寝る前はパソコンやスマホの画面を見たりせず、体の疲れを取るようなストレッチをしてみましょう。

抜け毛の原因を調べていたら、自分に当てはまることがたくさんありました。「年齢も年齢だから…」と半分あきらめていましたが、年齢による女性ホルモンの減少だけでなく、シャンプー選びや生活習慣や食習慣の見直しをしていかないといけない、頭皮に対しての気配りが不足していたと実感しました。

栄養バランスは気にしていながらも、仕事が忙しくなるとつい外食してしまったり、「一食くらいは」などと簡単な食事で済ませてしまうこともあるので、見直さないといけませんね。これからアミノ酸系シャンプーも試してみたいと思います。

頭皮の健康を考え、『イソフラボン』を摂って、規則正しい生活をして抜け毛の悩みを解消させましょう!

関連記事

頭皮の乾燥が気になる!保湿ができるおすすめローション紹介

こんにちは、ライターのちこです。 『きちんとシャンプーしてるのにかゆくなる』『顔は乾燥してない

記事を読む

マーガリンのカロリーってどれくらい?いろいろな油のカロリーと比較!

日本人でも「早くて簡単に作れるから」「朝からそんなに食べられないから」などの理由で、朝食はパンと飲み

記事を読む

インフルエンザ予防接種の最適接種時期と効果の続く期間

インフルエンザ、心配ですよね。特に、子供さんを保育園や幼稚園に預けていると、集団で感染することもしば

記事を読む

冷え取り靴下始めてみたけど、本当に効果ある?なし?

こんにちは、ライターのちこです。 『足が冷えて夜、なかなか眠れない』 『夏でも冷房で足が冷え

記事を読む

花粉症対策に検査はした方がいいの?方法は?費用は?

これまで見て見ぬフリをしてきた春先のムズムズが本格化、いよいよ何とかしなければと調べ始めたあなた。痛

記事を読む

インフルエンザ予防接種の効果と接種時期、幼児や妊婦の注意点

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する病気で、 ある時期になると流

記事を読む

喉の風邪で声が出ない!考えられる病気と効果のある対処法を教えて!

風邪を引いて声が出ない、ということは良くあります。 身体は元気になっても、声枯れだけがしばらく

記事を読む

頭皮のかさぶた、かゆみが治まるシャンプーを教えて!

こんにちは、ライターのちこです。 『頭がかゆいなぁ~と思い触ったらかさぶたができていた』 『

記事を読む

花粉症対策は日々の食べ物から、毎日続けるってこんなに大切!

スギ・ヒノキ花粉がピークを迎えるといわれるのは3月から5月ですが、春から秋にかけてもブタクサやカラム

記事を読む

風邪で喉が痛い!扁桃腺が腫れるのは何の病気?対処法は?

小学校時代、風邪をひくと扁桃腺が腫れ、よく高熱を出していた私の友人がいましたが、いつの間にかケロッと

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキ

京都祇園祭2017日程とイベントスケジュール!

ライターのyuzuharuです。 全国各地で開催されるお祭りは、

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたこ

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バ

お悔やみメールの書き方と文例、訃報に対する返信の注意点

こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族

→もっと見る

PAGE TOP ↑