女性の厄年は?出産すると厄払いになる?

厄年とは

数え年でその年齢になると、多くの厄災が降りかかってくる年の事を指します。

男性では、25歳、42歳、61歳女性19歳、33歳、37歳

であるとされており、この年を本厄と呼んでいます。

その前後を前厄、後厄と呼ぶことがあり、この年も厄災が起こるとされています。

 

SPONSORED LINK

 

さらに、男性は42歳女性は33歳の年を大厄と呼び、大きな凶事や災難に会う率が高まるとされています。

その為、厄除けの祈願や厄払いなどを行う習慣もあり、各地に厄除け大師や厄除け神社が存在しています。

 

成田山初詣(三が日の様子)

 

しかし、厄年そのものには科学的な根拠はなく、風習的な言い伝えであり様々な説が存在し、その起源は明確ではありません

 

女性の19歳、33歳、37歳(それぞれの年齢ごとの理由)

厄年がなぜその年齢なのか、起源が明確ではないので理由も諸説ありますが、生活習慣にちなんだ説が一般的になっています。

yakudoshi

 
男性では、自立し始めた年齢で、若気の至りで色々な失敗をすることから25歳。

立場上、大きな責任を背負い、社会的なプレッシャーからストレスを感じ、体調面や精神面を崩しやすいことから42歳。

そして、世間のしがらみから解放されたけれど、逆に自分の居場所が見つけられなくなる為、精神的にも肉体的にも変化をきたす61歳と言われています。

 

女性は出産が大きく関係しており、初産を迎える19歳

育児や家事、家庭内の問題を抱えて尚かつ、妊娠する33歳

そして、今でいう所の高齢出産にあたる37歳。

昔から妊娠、出産は女性にとっては大きな事で、体調面や精神面に大きな影響と変化を与え、人生の分岐になることからこの年齢が言われています。

 

SPONSORED LINK

 

厄年に出産すると厄払いになる?男児の場合のみ?

女性の厄年と出産は深いかかわりを持つと言われていることから、出産することで厄が落せるという説もあります。

yakudoshi03

 
これは、出産は女性にとって一大事であり、厄災以上に大変な思いをするであろうことから、出産により厄が落ちるとなったそうです。

もう一説は生まれてくる子供に厄が移るという説です。なんだか怖い言い伝えですね。

 

SPONSORED LINK

 

子供への厄払い「捨て子」の風習とは?そのやり方は?

さて、様々な言い伝えがある中で生まれてきた子供に厄は影響しないのだろうか。

親の厄が乗り移るですとか、厄年に生まれた子は厄を背負ってくるなどと言われることがあります。

その子供の厄を祓う為に行うのが、「捨て子」の風習です。

読んで字のごとし、子供を捨ててくることで、一緒に厄も捨て去るという意味があります。
しかし、風習ですから実際には子供を捨てたりはしません。
 

  1. 知り合いの方の協力を得て行いますが、お母さんは神社に子供を置きます(捨てる)。
  2. そのまま振り返らずに神社を後にし、家に帰ります。
  3. 直後に知人が抱き上げ(拾う)、一旦知人の家に行ってから、本当のお母さんの家に返し(預け)に行きます。

 
そうすることにより、親は子を捨てた時に厄を捨て、子供は拾われたときに厄を置いてくることが出来るんだそうです。

しかし、いくら子供の為とはいえ、かなり躊躇してしまう風習だそうです。

確かに、分かっていても我が子を置き去りにするのは辛いですよね。

関連記事

おうちで楽しむイースターエッグの作り方!春を祝うカラフル卵

イエス・キリストの復活を祝う、イースター(復活祭)。 日本でも注目度アップのイベントとなってい

記事を読む

ハロウィン仮装でゾンビのコスプレ☆通販で買える本格的ゾンビ衣装

近年、日本でも盛り上がりを見せているハロウィンのコスプレ。 ハロウィンの仮装の定番「ゾンビ」

記事を読む

入園式、ママのスーツは何色?これでバッチリきちんとコーデ

春は卒業、入学のシーズン。暖かくなってくると新しい出会いに胸がワクワクしますね。もうすぐ入園式を迎え

記事を読む

簡単手作り!バレンタインチョコはキットで失敗しない☆簡単キット紹介

彼氏がいる女子のみなさん。 カップル一大イベントのひとつ、バレンタインがもうすぐやってきますね

記事を読む

ハロウィン仮装で猫のコスプレ☆簡単に出来る猫の衣装の作り方

ハロウィンの仮装と言えば、魔女・カボチャのお化け・ドラキュラなどが定番でしょうか。 ちょっと怖

記事を読む

東京目黒川クリスマスイルミネーション!穴場とおすすめ絶景スポット

クリスマスが近づいてくると、街のいたるところでイルミネーションが見られるようになります。 そん

記事を読む

東京駅のクリスマスイルミネーション2016☆期間と混雑状況は?

こんにちは!ライターのバービーです。 真っ赤なお鼻の~♪寒くなってくると街は年末に向けて、クリ

記事を読む

可愛いラッピング!バレンタイン☆生チョコのラッピング方法とグッズ

正月三が日を過ぎると、町は一気にバレンタイン一色。女性にとって一番ドキドキするイベントが、いよいよや

記事を読む

子供福袋、人気ブランドを並ばずに購入、予約情報

お正月の楽しみのひとつとも言える福袋、この数年で充実してきているのが子供服のものです。 少し前

記事を読む

揖斐川「ありがとう花火」2017年の開催日程とおすすめアクセス方法

車と電車、どっちが楽? 花火大会のアクセス方法は迷い どころ・・・ 小さいお子様や

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

レインブーツレディース人気ブランドTOP10、今年の人気のおしゃれブランドはコレ!

こんにちは。ライターのReilaiです。 雨の日の外出ってなんだ

レインブーツ、メンズのおすすめブランドをビジネスやアウトドアごとに紹介

こんにちは、ライターのnya-coです。 朝、家を出る前に天気を

レインブーツのお手入れ方法を紹介、臭いやひび割れなどトラブルごとの対策まで

こんにちは。ライターのsaochiです。 雨の日ばかり続くと気分もど

レインブーツキッズ用、小学生低学年の女の子におすすめ、Amazon&楽天人気ランキングTOP5

こんにちは。ライターのsaochiです。 ここ最近、雨と言えば梅

レインブーツメンズ用のおしゃれなのが欲しい!タイプ別におすすめ紹介

こんにちは!ライターのNorikoです。 せっかくのお出かけ前に

→もっと見る

PAGE TOP ↑