七五三はいつ祝うの? 男の子と女の子の年齢、早生まれは?

10月の終わりから11月にかけてのこの季節、各地の神社へ七五三詣でに訪れる3歳から7歳までの子どもたちの晴れ姿は、家族だけでなく見る人の心を和ませます。

けれど新米パパママは男の子と女の子の参詣年齢の違い、満年齢や数え年など、しきたりやご両親の意見の食い違いに戸惑うことがあるかもしれません。

七五三って、本当はいつお祝いすればいいのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

3歳「髪置きの儀」男女共通

itsu02
江戸時代、3歳までの子どもは髪を剃る習慣がありましたが、3歳になると髪を伸ばし始めるため、節目を祝う行事とされてきました。

 

これは現代でも男女に共通するお祝いとされています。

 

5歳、男の子の「袴着の儀」

itsu03

それまでの子供用の着物から、袴を着始める節目となる行事です。

もともと平安時代から男女に共通して行われて来ましたが、江戸時代あたりから男の子の行事とされています。

男の子が女の子より早く祝うのは、後継者としての意味合いと、医療が現代のように発達しておらず子どもの生存率が低かった時代、女の子より男の子の方の生存率が低かったためであるとも言われています。

 

SPONSORED LINK

 

7歳、女の子の「帯解きの儀」

itsu04

こちらは女の子が細いひも上の帯から、幅の広い大人と同じ帯を結び始める時期を祝うものです。

現代の七五三風景でも、7歳になった女の子の晴れ着姿は大人の女性を思わせるような華やかさで、もうすっかりお姉さんなのだと感慨深い気持ちになるものです。

 

満年齢と数え年、どちらでお祝いするのが正しいの?

もともと七五三を祝うのは江戸時代に始まった神事なので、旧暦の数え年で計算するのが正しいとされてきました。

 

数え年とは生まれた年を1歳として計算し、お正月を迎えるたびに年齢が上がるという考え方、満年齢とは生まれた時を0歳、その後は誕生日にひとつ年をとるという現在の考え方です。

そのため、数え年で考えると同い年でも生まれ月によってずいぶん成長に差が出てきます。

 

大きくなれますように 各地で七五三

 

古代からもはっきりと何歳のいつと決められていた行事ではなく、子どもの成長に合わせて日取りなどが良い時に行われていたものであるため、必ず数え年の3歳・5歳・7歳にお祝いしなければならないというものではありません。

兄弟の出産や七五三に合わせて家族がお祝いしやすい時期に行うのがよいタイミングと言えそうです。

 

SPONSORED LINK

 

早生まれの子の七五三

早生まれの子は数え年で祝うのが正しいという考え方があるようですが、これにも明確な決まりがあるわけではありません。

ただ3歳の場合は早生まれだと2歳の半ばで七五三を迎えることになります。

itsu05
 

普段着なれない晴れ着を着せて写真を撮ったり、お祓いをしてもらったりと長時間じっとしていられない年齢の子どもには満年齢でお祝いする方が、家族もより楽しめるかもしれません。

 

伝統行事であると思うとしきたりや時期など堅苦しくとらえてしまいがちですが、子どもの成長を祝う節目として、昔からそれぞれの行事のタイミングは柔軟に考えられてきたようです。

 

大切なのは子供の健やかな成長を家族があたたかく見守ってあげられることでしょう。

関連記事

インフルエンザ潜伏期間は何日ぐらいか、潜伏期間に検査はできるの?

今年もインフルエンザの流行の季節がやってきました。 インフルエンザは11月下旬から12月初旬こ

記事を読む

入学の内祝いって必要?マナー解説!金額は?時期は?

結婚や出産、中には七五三で内祝いをされたご家庭もあり、 家族のお祝いや子どもの成長の節目には内

記事を読む

大阪城のクリスマスイルミネーション2015!穴場と絶景スポット紹介

今年もイルミネーションの季節がやってきました! 毎年、壮大なスケールと豪華さが話題になる大阪城

記事を読む

敬老の日のプレゼントに贈る花☆定番の花、ふさわしい花は何?

敬老の日のプレゼントの定番といえばお花。 普段なかなか花を送ることなんてない、という人であれば

記事を読む

可愛いラッピングまとめ☆バレンタインに使える!ラッピング5選

チョコレートを用意した女子も、チョコレートをもらえるかもしれない男子も、ドキドキした1日を過ごすこと

記事を読む

中之島光のルネサンス大阪☆ クリスマスイルミネーションの期間と混雑

2013年から始まった中之島のイルミネーション。 多くの人が魅了されるこのイベントは、2015

記事を読む

雛人形の道具の意味。道具が壊れた、無くなった、どうしよう?

1年に1度だけお目見えする『雛人形』。 お内裏様とお雛様はもちろん知っているけど・・・お道具の

記事を読む

ラッピングで差をつける!バレンタインの超簡単・可愛いラッピング

バレンタインが近づくにつれて、ワクワク・ドキドキ感が高まります。 どんなチョコレートを贈ろうか

記事を読む

クリスマスイルミネーション2016!東京スカイツリーの混雑状況は?

ライターのMichelleです。 冬の夜を彩るクリスマスイルミネーション。色鮮やかな光に照らさ

記事を読む

成人式の振袖レンタルの相場と頼む時期、借りる場所はどこがいい?

一生に一度しかない、成人式には素敵な思い出を残したいものです。 ここ数年の成人式をみてみると、

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ガーデニング初心者がベランダで簡単に育てられるおすすめ植物

ライターのMichelleです。 数年前、息子が幼稚園の卒園式の

父の日に簡単手作りプレゼント!子供でも作れる100%喜ばれるものはこれ!

ライターのMichelleです。 6月の第3日曜日は父の日ですね

エアコンの除湿で洗濯物を乾かすのにつけっぱなしにしたら、電気代はいくらぐらい?

こんにちは、ライターののりをです。 洗濯物を乾かす際、外干しです

ローファーが臭い!!靴の中の臭いを簡単に取り除く方法を紹介

こんにちは、ライターのいずみです。 お出かけの必需品である靴のお

父の日のプレゼント、通販でも喜ばれる「もらいたいプレゼント1位」はこれ!

ライターのまあさです。 父の日にプレゼントを贈りたいけれど、「ど

→もっと見る

PAGE TOP ↑