七五三はいつ祝うの? 男の子と女の子の年齢、早生まれは?

10月の終わりから11月にかけてのこの季節、各地の神社へ七五三詣でに訪れる3歳から7歳までの子どもたちの晴れ姿は、家族だけでなく見る人の心を和ませます。

けれど新米パパママは男の子と女の子の参詣年齢の違い、満年齢や数え年など、しきたりやご両親の意見の食い違いに戸惑うことがあるかもしれません。

七五三って、本当はいつお祝いすればいいのでしょうか?

 

SPONSORED LINK

 

3歳「髪置きの儀」男女共通

itsu02
江戸時代、3歳までの子どもは髪を剃る習慣がありましたが、3歳になると髪を伸ばし始めるため、節目を祝う行事とされてきました。

 

これは現代でも男女に共通するお祝いとされています。

 

5歳、男の子の「袴着の儀」

itsu03

それまでの子供用の着物から、袴を着始める節目となる行事です。

もともと平安時代から男女に共通して行われて来ましたが、江戸時代あたりから男の子の行事とされています。

男の子が女の子より早く祝うのは、後継者としての意味合いと、医療が現代のように発達しておらず子どもの生存率が低かった時代、女の子より男の子の方の生存率が低かったためであるとも言われています。

 

SPONSORED LINK

 

7歳、女の子の「帯解きの儀」

itsu04

こちらは女の子が細いひも上の帯から、幅の広い大人と同じ帯を結び始める時期を祝うものです。

現代の七五三風景でも、7歳になった女の子の晴れ着姿は大人の女性を思わせるような華やかさで、もうすっかりお姉さんなのだと感慨深い気持ちになるものです。

 

満年齢と数え年、どちらでお祝いするのが正しいの?

もともと七五三を祝うのは江戸時代に始まった神事なので、旧暦の数え年で計算するのが正しいとされてきました。

 

数え年とは生まれた年を1歳として計算し、お正月を迎えるたびに年齢が上がるという考え方、満年齢とは生まれた時を0歳、その後は誕生日にひとつ年をとるという現在の考え方です。

そのため、数え年で考えると同い年でも生まれ月によってずいぶん成長に差が出てきます。

 

大きくなれますように 各地で七五三

 

古代からもはっきりと何歳のいつと決められていた行事ではなく、子どもの成長に合わせて日取りなどが良い時に行われていたものであるため、必ず数え年の3歳・5歳・7歳にお祝いしなければならないというものではありません。

兄弟の出産や七五三に合わせて家族がお祝いしやすい時期に行うのがよいタイミングと言えそうです。

 

SPONSORED LINK

 

早生まれの子の七五三

早生まれの子は数え年で祝うのが正しいという考え方があるようですが、これにも明確な決まりがあるわけではありません。

ただ3歳の場合は早生まれだと2歳の半ばで七五三を迎えることになります。

itsu05
 

普段着なれない晴れ着を着せて写真を撮ったり、お祓いをしてもらったりと長時間じっとしていられない年齢の子どもには満年齢でお祝いする方が、家族もより楽しめるかもしれません。

 

伝統行事であると思うとしきたりや時期など堅苦しくとらえてしまいがちですが、子どもの成長を祝う節目として、昔からそれぞれの行事のタイミングは柔軟に考えられてきたようです。

 

大切なのは子供の健やかな成長を家族があたたかく見守ってあげられることでしょう。

関連記事

おせち料理の由来は? 食材の意味をまとめました。

欧米の食文化が一般的となった現代でも、 お正月には日本の伝統を重んじるおせち料理が欠かせません

記事を読む

東京の2大花火大会、屋形船でみるならどっち?料金は?

来たる夏、花火大会を楽しみにされ ている方も多いのでは? この記事では、東京の2大花火大会

記事を読む

UGGで選ぶお気に入りムートンブーツ☆特徴とサイズの選び方☆

ライターのMichelleです。 冬のファッションで見た目の可愛さと歩きやすさ、しっかりと足元

記事を読む

喪中はがきのマナー、チェックしておきたい5つのTips

今年も来年の年賀状のデザインなどを考える時期がやってきました。 年賀状は毎年の事ですし、おめで

記事を読む

チョコ用転写シートの使い方☆通販で買える可愛い転写シートも紹介

「手作りチョコ」というと、どうしても茶色一色になりがちです。 市販のチョコスプレーやナッツ類を

記事を読む

東京初日の出スポット2016まとめ!おすすめスポットと絶景ビュー紹介

元日の朝、白くなる息を吐きながら初日の出を見たことがありますか? 東京ではなかなか壮大な景色は

記事を読む

入学の内祝いって必要?マナー解説!金額は?時期は?

結婚や出産、中には七五三で内祝いをされたご家庭もあり、 家族のお祝いや子どもの成長の節目には内

記事を読む

今年の節分は、鬼のお面を手作りしてみません?簡単ペーパークラフト

「子どもには季節ごとの行事を体験させてあげましょう」 子育ての場では良く耳にする言葉です。

記事を読む

おすすめ初日の出スポット!東京タワー☆チケット入手方法と混雑情報

年越しカウントダウン・初日の出スポットとしても人気の高い東京タワー。 元日は毎年2,500人も

記事を読む

東京駅のクリスマスイルミネーション!穴場とおすすめ絶景スポット

こんにちは!ライターのバービーです。 街のあちこちにキレイなイルミネーションが輝き始めると、「

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

神道の人も喪中は神社に参拝できないの? 喪中期間は? 喪中はがきを出すの?

こんにちは!ライターの岸井アオイです。 突然ですがみなさんは毎年

セールの開催時期、冬のセールはいつから始まる? どんなセールがある?

ライターのMichelleです。 あっというまに今年も終わりが近づき

喪中ってどこまでの親戚?年賀状を貰った喪中はがきの後出しは失礼?

ライターのMichelleです。 年の瀬が近づくと、年末年始を迎える

志賀高原スキー場おすすめスクールはどこ?子供と一緒に学んで滑ろう!

こんにちは、ライターののりをです。 冬の季節にかかせないスポーツ

折りたたみ傘を自動開閉!ワンタッチで開くものはどこで売ってる?

ライターのMichelleです。 梅雨の時期、に手放せないものと言っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑