幼児の熱中症、特徴的な症状は?発見のためのポイントと応急処置法

ここ数年の間でよく耳にするようになった熱中症。室内・屋外を問わず発症する上、発見が遅くなり症状が悪化すると命の危険性も高まります。

特に自分の症状がうまく伝えることが出来ない幼児にとっては、ママが早期発見をすることが大切なポイントになります。

熱中症の症状を知り、どのように対処するのが良いのかを知っておきましょう。

 

SPONSORED LINK

 

熱中症の一般的な症状は?

熱中症と一言で表すことが多いですが、実は熱中症には4つの種類があり種類によって現れる症状が異なります。

種類と、症状について説明します。

image004

 

<熱失神>
 
原因:血管が拡張することで血圧が下がり、脳の血流が減ってしまうことで発症します。
 
特徴:めまい・一時的に失神する・顔面蒼白になる・脈が速く弱い

 

<熱けいれん>
 
原因:汗をたくさんかき、水分・塩分が体外に大量に出るにも関わらず水しか補給しないと、体内の塩分濃度が低下して発症します。
 
特徴:筋肉痛・手足がつる・足、腕、腹部の筋肉にけいれんを起こす

 

<熱疲労>
 
原因:大量の汗をかいている状態で水分補給が間に合わないと体が脱水症状になり発症します。
 
特徴:全身の倦怠感・頭痛・嘔吐・集中力や判断力が低下する

 

<熱射病>
 
原因:体温が上昇しすぎると、中枢機能に異常をきたし発症します。
 
特徴:体温が高い・意識障害(応答が鈍くなる、言動がおかしくなる、意識がなくなる)・ふらつく

 

SPONSORED LINK

 

特に気をつけたい幼児の熱中症 ~気をつけるポイントは?~

image006

乳幼児は大人より新陳代謝が活発で、体温が高めです。ですが、汗腺がまだ未熟なため上手に体温調節ができません。

気温の高い日や車内など、体温より周りの気温が高い場合は短時間で体温が上がり、生命に危険な状態となります。

また、乳幼児は歩いていてもベビーカーに乗っていても、地面に近い位置にいることになります。

地面の近くは大人が感じている気温よりも温度が高くなっています。

時々、子どもと同じ高さに目線を合わせて体調をチェックしましょう。
 
・熱中症を予防するポイント

1)頻繁に様子をチェックする
 
2)暑さ調節のため脱ぎ着しやすい服装をする
 
3)日頃から暑さに慣れておく

4)適度な外遊びをして、暑さに負けない体力をつけておく

5)水分をこまめに補給する

6)顔が赤く、汗を大量にかいている場合はすぐに涼しい場所に移動する

 

熱中症かどうか見極めるポイント

image008

自分の言葉で体調の不調を訴えることが出来ない乳幼児

いかに早く熱中症を発見するか、のポイントは観察することです。

どのような点に気をつければよいのでしょうか。

☆顔色を見る(赤く熱い・顔色が
 悪く脈が弱い)
 
☆唇が乾いている
 
☆機嫌が悪く元気がない

☆いつも以上にミルク、おっぱいを欲しがる

☆汗をかかない

☆おしっこの量が少ない

上記6つのポイントに当てはまる症状が出たら、熱中症の初期症状だと考えてください。

早急に対処することで症状は治まります。

★ぐったりする
 
★意識がもうろうとしている
 
★呼びかけに反応しない

上記3つのポイントに思い当たるものがあるなら、熱中症がひどくなっていると考えられます。

 

SPONSORED LINK

 

熱中症の応急処置法

image010

熱中症も初期症状であれば、適切な処置ですぐに症状は改善します。

どのような処置を行なえばよいのでしょうか。

・涼しい場所に移動する・衣類を緩めて安静に寝かせる
 
・扇風機やうちわで体を冷やす
(可能であればエアコンの効いている場所へ移動する)

・脇の下、太ももの付け根を冷やす(保冷剤や冷えたポットボトルが有効)

・可能であれば水分を少しずつこまめに飲ませる

 

コチラの動画は、医学生と看護学生が協力して小中学生でも理解できるように熱中症の応急手当の方法を教えてくれています。

イザという時のためにも、一度は見ておきたい動画です。

【みんなにもできる応急手当~熱中症】

 
意識の障害があったり、水が飲めない状態が続くようであれば、救急車を呼びましょう。

熱中症でも症状が重いと、命にかかわることになります。

大切な幼い命を守るためにも、こまめな観察・適切な対応が大切になるのです。

関連記事

冷え取り靴下始めてみたけど、本当に効果ある?なし?

こんにちは、ライターのちこです。 『足が冷えて夜、なかなか眠れない』 『夏でも冷房で足が冷え

記事を読む

インフルエンザc型の症状と特徴~治るまでの期間と経過

インフルエンザ、と聞くと誰もがa型・b型を思い浮かべると思います。 流行を抑えるために予防接種

記事を読む

インフルエンザと風邪の症状 違いを比較、効果的な予防法は?

あれ?ちょっと熱っぽいかな?と思った時に、 まず風邪を疑うのが普通だと思います。 しかし

記事を読む

目の花粉症対策、メガネでかゆみ軽減?普通のメガネも効果あり?

目がかゆい・・・涙が止まらない・・・ こんな花粉症の症状が出る時は、外出を控えると良いですよ!

記事を読む

インフルエンザa型・b型・c型の症状の違いを教えて!

インフルエンザの流行が気になる時期が近づいてきました。予防対策はバッチリでしょうか? うがい・

記事を読む

インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?

インフルエンザの予防接種を受けることは、少し前であれば当たり前のことでした。 けれど最近では、

記事を読む

夏バテの症状別対策☆食欲不振と倦怠感の解消法を教えて!

暑い日が続くと疲れが取れなくなったりやる気が出なくなったりしてひょっとしたら夏バテ?と感じることがあ

記事を読む

目の周りのかゆみ・腫れ、気になる原因と使える市販薬紹介

ライターのなみです。 季節の変わり目や花粉の時期、または肌に合わないものをつけた時など…目の周

記事を読む

乳癌検診の費用と検査方法を教えて!20代で受けるがん検診

こんにちは、ライターのちこです。 日本人女性の乳がんの発症患者数は、50年前は50人に1人の割

記事を読む

子供の花粉症対策、ママがしてあげたいおうちでのケア

花粉症の方には、とても辛い時期が来てしまいましたね。子供が花粉症で苦しんでいるのを見るのは、とても胸

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑