喪中ってどこまでの親戚?年賀状を貰った喪中はがきの後出しは失礼?

年の瀬が近づくと、年末年始を迎える準備で慌ただしくなりますね。

そろそろ年賀状の準備もしなければならない時期ではないでしょうか?

今年は親戚に不幸があり年賀状を出せないという方は喪中はがきの準備をしなくてはいけません。

親戚に不幸があったけれど、うちは喪中になるのかどうかがわからないという人もいるのではないでしょうか。

また喪中はがきを出していなかった方から年賀状が届いてしまった、今から出していいの?など喪中はがきでのマナーについてご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

喪中になるのはどこまでの親戚?年賀状を出していいのは?

近親者が亡くなった場合どこまでの範囲が喪中になるのでしょうか。

 

image2

 

一般的に喪中は2親等以内と言われています。

あなた本人が0として子、父、母が1親等にあたります。

結婚している場合は配偶者、義理父母も1にあたります。

兄弟や祖父母、義理祖父母は2親等にあたるので、亡くなられた場合は喪中となります。

喪中の期間は1親等の場合は亡くなられてから1周忌が終わるまでは喪に服しますが2親等の場合3か月から6か月とされています。

しかし喪が明けたからといって年賀状を出すことは一般的には少なく、2親等の親族が亡くなっても1年間喪中にすることが多いようです。

 

SPONSORED LINK

 
従兄弟や叔父、叔母にあたる人が亡くなった場合は喪中にならないので年賀状をだしてもよいのですが、必ず2親等と決まったルールではないので、親しかった親族が亡くなった場合は喪中にする場合があるようです。

 

では結婚して世帯が別にあり、別居していた祖父が亡くなった場合、喪中はがきは出したほうがよいのでしょうか?

 

先述したように喪中に関する決まったルールがないので、出す出さないは気持ちの問題となります。

祖父なので喪中とする方が多いですが、地方に住んでいてあまり付き合いもなかったという場合なら、喪中にせず年賀状を送る場合もあるようです。

 

喪中はがきは仕事関係にも出したほうがいいの?どこまでだせばいいの?

喪中で年賀状を出すことができない場合、喪中はがき(年賀欠礼)を出します。

これは一般的には友人や知人、仕事で付き合いがあり、年賀状のやり取りをしている人に出します。

 

では親や兄弟、親戚など普段から交流のある親戚にも喪中はがきを送るのでしょうか?

喪中はがきは本来、自分が喪中の為、新年のご挨拶やお喜びの言葉を述べることができません

というお詫びの意味で送るものなので、近しい親戚にも喪中はがきは送ります。

 

image4

 

喪中だったのに年賀状をもらってしまい、後から喪中はがきを送るのは失礼?

喪中はがき(年賀欠礼)を送っていない方から年賀状をもらった場合、どうしたらよいのでしょうか?

 

松の内が明けた1月7日過ぎに寒中見舞いとして返信します。

年賀状のお礼と喪中であったことを使える文章を添えましょう。

日付は元旦とはせずに投函する日付で出します。
 

SPONSORED LINK

 

喪中はがきをもらった人に年賀状を出すのは失礼?

【喪中ハガキはいつまでに出すもの?市川愛の「教えて!お葬式」vol.5】

 

喪中はがきをもらった人に「新年おめでとうございます」といった年賀状を送るのは、やはり失礼にあたるので年賀状を出すのは控えるほうがよいでしょう。

しかし日頃会えない知人に年に一度近況を伝えることが多い年賀状ですから、松の内が明けてから寒中見舞いとして送る人も多いようです。

こちらの記事では寒中見舞いの書き方について詳しく紹介しています。

 

 

12月に入るとなにかと気ぜわしくなりますが、一年のしめくくりをきちんとしてから新しい年を迎えたいですね。

関連記事

2016年クリスマス花火【横浜】開催日程と混雑状況

こんにちは。ライターの榎本です。 街並みや景観がきれいな横浜は、夜もとても魅力的です。

記事を読む

ディズニークリスマスイルミネーション東京丸の内☆絶景スポット紹介

今年もクリスマスイルミネーションが各地で開催されます。 どこのスポットもそれぞれ特徴があり、幻

記事を読む

神道のお供えに決まりはあるの?お供え物のマナーをすべて解説!

ライターのMichelleです。 親戚などとの付き合いの中でも、失敗が許されず緊張するのが冠婚

記事を読む

お菓子の家を簡単キットで作ろう☆バレンタインは親子で手作り!

お菓子の家って、一度は憧れたことがありませんか? 小さなお子さんがいらっしゃるママさん、今年の

記事を読む

神道と仏教の違いを解説!葬式やお墓、死生観など詳しく説明

こんにちは。ライターのReilaiです。 私たちの生活の中にはお正月の初詣に始まり、節分・雛ま

記事を読む

おしゃれなネクタイの結び方、きれいなディンプルはこうして作る!

「ネクタイは毎日しているけれど、結び方は一種類しか知らない。」という男性は意外と多いようです。

記事を読む

内祝いのまとめ 結婚や出産の内祝い、由来など詳しく解説

結婚式の準備で、初めて「内祝い」という言葉を聞いた人もいるのではないでしょうか。  

記事を読む

可愛いラッピングまとめ☆バレンタインに使える!ラッピング5選

チョコレートを用意した女子も、チョコレートをもらえるかもしれない男子も、ドキドキした1日を過ごすこと

記事を読む

キリスト教葬儀のマナー、流れや作法、服装から香典まで解説

ライターのyuzuharuです。 知り合いや大事な友人…さまざまな関係の方との悲しいお別れは、

記事を読む

2016年冬の花火 【お台場】開催日程とおすすめ観覧場所

こんにちは。ライターの榎本です。 今年も「お台場レインボー花火2016」が12月の毎週土曜日に

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんが喜ぶ簡単手作り知育玩具の作り方5選

こんにちは!ライターのnya-coです。 赤ちゃんがおもちゃで楽

肉や魚の冷凍保存期間はいつまで?保存期間をのばすコツ

こんにちは。ライターのReilaiです。 毎日食事を作るために冷

バレンタインに簡単かわいい手作りアイシングクッキーを贈ろう

こんにちは。ライターのsaochiです。 もうすぐバレンタインで

女性の厄年の年齢は何歳?厄除けで身に付けるといい物は何?

こんにちは。ライターのnya-coです。 古くからの日本の風習で

失敗しない新入社員の挨拶例文!歓迎会でウケるには?

こんにちは。ライターのReilaiです。 新社会人の皆さん、ご就

→もっと見る

PAGE TOP ↑