マーガリンに含まれるトランス脂肪酸、どれくらい食べても大丈夫?

毎朝トーストに塗っているマーガリン

たっぷり塗った方が美味しいけど、そのカロリーや成分、気になりますよね。

育ちざかりの子供たちには体に良いものを食べさせたいし…

自分のコレステロールも気になりませんか?

 

SPONSORED LINK

 

ここでは、意外と知られていないマーガリンの成分や体への影響について紹介します。

 

トランス脂肪酸に含まれる成分、体に与える影響と引き起こす病気

image002

マーガリンの原料となる植物油等は常温では液体のため、水素添加という化学処理によって個体に加工します。

その加工の過程で分子構造が変わり人工物質の「トランス脂肪酸」が生成されます。

トランス脂肪酸を摂りすぎると、善玉コレステロールが減り、悪玉コレステロールが増えます。

その結果、動脈硬化や心臓疾患、高血圧などの影響を体に及ぼすのです。

また、トランス脂肪酸がアトピーやアレルギーなどにも影響しているという研究発表もあり、気になるところです。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸 一日の許容摂取量は?

image003

マーガリンにはいったいどれくらいのトランス脂肪酸が含まれているのでしょうか?

image004

【参考資料】
食品と暮らしの安全NPO法人食品と暮らしの安全基金


トースト1枚
に塗るマーガリンを10g程度とすると、上記の資料から雪印ネオソフトで約0.4gのトランス脂肪酸を摂取していることになります。

WHOの専門機関はトランス脂肪酸の摂取を、総エネルギー量の1%未満にするように勧告しています。

日本人が一日に消費するエネルギーを平均で約1,900kcalとすると、トランス脂肪酸の目標量は2.0g未満/日になります。

【参考資料】農林水産省データ

 
このことから、普段トーストに塗るマーガリンの量はほとんど心配ない量といえるでしょう。

しかし、上記の資料からマーガリン以外の食品にもトランス脂肪酸が含まれていることが分かります。

フライドポテトのような揚げ物に使われる揚げ油はカラッとした食感が長続きするショートニングです。

また、スナック菓子や菓子パンの原材料なども歯ごたえの良いサクッとした食感を求めるため、ショートニングが使われています。

このショートニングもマーガリン同様、人工生成物のためトランス脂肪酸を含んでいるのです。

【トランス脂肪酸を含む食品リスト】

 

トランス脂肪酸の少ない商品(マーガリン)はある?

トランス脂肪酸の摂りすぎが体に悪いことが分かれば、出来るだけトランス脂肪酸の少ない商品を選びたいものです。

公式ホームページで公開されている情報を元に比較すると

雪印メグミルク

image005

創建社

image006

となっています。

また、楽天ショッピングでは「トランス脂肪酸マーガリン」を検索することもできます。

楽天ショッピング 低トランス脂肪酸マーガリン

 
ここ最近、人気のあるココナッツオイルはトランス脂肪酸を含まない油です。

また、オリーブオイルやごま油もトランス脂肪酸は少ないとされています。

しかし、トランス脂肪酸を含むかどうかと、カロリーは別問題になってきます。

 

【参考記事】
マーガリンのカロリーってどれくらい?いろいろな油のカロリーと比較

詳しくは↑↑↑こちらの記事をご覧ください。

 

SPONSORED LINK

 

トランス脂肪酸の欧米諸国と日本の対応の違い

アメリカ、デンマーク、スイス、韓国などは食品中のトランス脂肪酸の含有量表示を義務付けています。

特にデンマークでは最終製品に含まれる油脂100g中、トランス脂肪酸が2gを超えてはならないという規則を設け厳しく取り締まっています。

それに対して日本では、食に含まれるトランス脂肪酸の表示を推進はしているものの、表示義務まではしていません。

その理由として、日本の食生活が欧米とは異なることや、平均摂取量が1%未満であることなどがあげられます。

 

【参考資料】
トランス脂肪酸の情報開示に関する指針の概要

 

最近では、私たちもファストフードやコンビニを利用する機会が増えてきています。

また、スナック菓子や揚げ物などを好んで食べる人が増えるなど、食生活の欧米化も進んできています。

つまり、日本人も、以前と比べてより多くのトランス脂肪酸を摂取している可能性が高くなっているのです。

 

マーガリンに含まれているトランス脂肪酸が健康に及ぼす影響はあまり心配する必要はないかもしれませんが、健康のために、最近の食生活を見直す必要はありそうです。

揚げ物ばかりが続く献立や、スナック菓子や菓子パンなどの食べ過ぎは、トランス脂肪酸の摂りすぎに繋がり、その結果、動脈硬化や心臓疾患、高血圧などの症状を引き起こすことになります。

野菜中心のバランスのとれた食生活こそが、健康への第一歩といえるでしょう。

関連記事

インフルエンザの予防接種は妊娠中どうするべき?

妊娠中は服用できる薬も限られるし、体力も衰えています。 そんな時にインフルエンザにかかるのは、

記事を読む

顔のほてりの原因は?冷え性で手足が冷たいのはどうして?

運動したわけでもないのに急に顔が熱くなったりすること、ありませんか? 顔だけがほてって熱くなる

記事を読む

夏に流行するインフルエンザの特徴的な症状と注意点

インフルエンザウイルスは気温が低く、乾燥しているとウイルスが活発になる、と言われていることから、冬に

記事を読む

花粉症対策にはマスクが一番!毎日気分よく使える、おすすめはこれ!

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻・口から侵入することによりアレルギー反応を起こして発症します

記事を読む

熱中症の症状と対策☆頭痛と吐き気、これって熱中症?

室内にいるから大丈夫、と安心できないのが「熱中症」 室内でもちゃんとした予防対策をとっていない

記事を読む

風邪で熱があっても、お風呂はOK?汗をかいたら早く治るって本当?

風邪をひいてしまい熱がある時お風呂はどうしてますか? 仕事上、なかなか休むことが出来ない場合は

記事を読む

喉の風邪で声が出ない!考えられる病気と効果のある対処法を教えて!

風邪を引いて声が出ない、ということは良くあります。 身体は元気になっても、声枯れだけがしばらく

記事を読む

マーガリンが危険な理由、販売禁止にならないのはなぜ?

マーガリンが体に悪い、ってニュース、耳にしたことはありませんか? それってカロリーが高いから?

記事を読む

息の臭いは病気のサイン?考えられる病気と口臭の原因

こんにちは、ライターのちこです。 人と話をしていて『この人、息が臭い』と感じた経験ありませんか

記事を読む

女性の抜け毛に効くシャンプーは?原因と効果的な対策を紹介

こんにちは、ライターのちこです。 年齢とともに『髪の毛にボリュームがなくなった』「最近、抜け毛

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキ

京都祇園祭2017日程とイベントスケジュール!

ライターのyuzuharuです。 全国各地で開催されるお祭りは、

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたこ

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バ

お悔やみメールの書き方と文例、訃報に対する返信の注意点

こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族

→もっと見る

PAGE TOP ↑