インフルエンザと風邪の症状 違いを比較、効果的な予防法は?

あれ?ちょっと熱っぽいかな?と思った時に、

まず風邪を疑うのが普通だと思います。

しかし、時期的にインフルエンザの流行期間であったりすると、心配になりますよね?

 

風邪なら、ちょっと休めば治るかな?とのんびり構えていたら、

実はインフルエンザだった!ということも考えられます。

 

インフルエンザは、適切な処置をしないと重症化してしまうこともある恐ろしい病気です。

ここでは、インフルエンザと普通の風邪との違いを比較して、

効果的に予防する方法を紹介したいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

風邪とインフルエンザの違いは、どうやって判断するの?

インフルエンザは、のどの痛みや、咳など通常の風邪の時の症状に加え

38~40度以上の急な発熱筋肉痛、倦怠感、悪寒など全身の症状が出てきて、

5日程続くのが特徴です。

 

それに比べ、通常の風邪は、のどの痛みや鼻水、くしゃみ、咳などの症状が主で、

全身症状はあまり見られません

熱も驚くほど高くはならず、発熱しても37度台くらいで、

重症化することもほとんどありません。

 

咳や鼻水などの症状がなく、朝から38度を超えている場合は、

インフルエンザを疑った方が良いでしょう。

実際、インフルエンザと風邪は症状だけをみると区別をするのは、難しいですよね。

 

SPONSORED LINK

 

しかし、今は病院へ行くと、インフルエンザに感染しているかを簡単に調べれます。

インフルエンザに感染したかも・・・と思った時には、早めに受診して、

お医者さんによる適切な処置を受けるようにしてくださいね。

 

image2

インフルエンザは、予防接種をしておくだけで大丈夫なの?

インフルエンザは、例年1~3月に流行する傾向にありますので、

12月中旬までには、予防接種を済ませておくのが望ましいです。

 

しかし、予防接種を受けたから絶対に罹らないというわけではありません。

特に、流行している時期には下記のようなことに注意をしながら、

生活をしていく必要があります。

自分の体は自分で守るのが基本です!

 

◎ 外出後の手洗い、うがい

◎ 外出時のマスクの着用

◎ なるべく人ごみを避ける

◎ 十分な休養とバランスの良い食事

◎ 規則正しい生活

◎ 室内を適度な湿度にする

image3

風邪やインフルエンザにかからないために知っておきたい予防方法

■インフルエンザ予防接種

インフルエンザの予防には、インフルエンザワクチンの接種が最も有効とされています。

ワクチンを接種することにより、

インフルエンザの重症化を最小限にすることが期待されているのです。

より効果を発揮出来る時期に、適切に接種しましょう。

 

image4

 

■手洗い・うがい

手洗いは、手に付着したインフルエンザウイルスを除去するために、

最も有効な方法で、うがいは口の中を綺麗に洗浄にします。

外出後の手洗い・うがいは、風邪やインフルエンザの予防の基本です。

 

image6 image5

 

■マスクの着用

インフルエンザが流行してきたら、特に高齢者や赤ちゃん、睡眠不足、疲労気味の人は、

できるだけ人ごみへの外出を控えた方が良いでしょう。

やむを得ず外出しなければいけないときは、必ずマスクを着用しましょう。

 

SPONSORED LINK

 

風邪やインフルエンザの予防に効く食べ物ってあるの?

image8

風邪やインフルエンザの予防に効く食べ物とは、

免疫力を高める食べ物といって良いでしょう。

では、免疫力を高める食べ物とはいったいどんなものがあるのか、

いくつか紹介したいと思います。

 

●バナナ

image9

バナナには、白血球の数を増やし、免疫機能を高める効果があります。

また、熟成度によりその効果が違い、

日数がたったバナナの方が白血球を増やす効果が高いのです。

バナナには、ビタミンB6、オリゴ糖、ポリフェノール、ビタミンCなど、

様々な栄養素が豊富に含まれています。

お料理に手を加えることもいらず、そのまま食べられるのでお手軽で良いですね

 

●ヨーグルト

image10

粘膜の表面に張り付いて他の雑菌が侵入するのを防いで、

免疫細胞の働きを活発にさせます。

ただし、ヨーグルトの乳酸菌は通過菌なので、毎日食べ続けることが重要です。

「1073R-1乳酸菌」を含むヨーグルトは、

インフルエンザ予防に劇的に効果があるという実証もされているそうです。

食欲がない時、のどが痛い時など簡単に食べることができるのが良いですね。

 

●大根

image11

大根には、辛み成分である「イソシアシアネイト」という成分に抗酸化の働きがあり、

ファイトケミカル」という免疫力をアップさせる成分が、たっぷり含まれています。

これは、皮との間に多くの成分が含まれているので、

綺麗に洗って皮ごと食べると、よりたくさんの成分をとることが出来ます。

冬は、煮物やおでんなど、さまざまな料理で温まりたいですね。

 

●梅干し

image12

梅干しは栄養価が高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

中でも、クエン酸と呼ばれる成分が、代謝をよくするので疲労を予防・解消し、

元気な体を維持することができるのです。

酸っぱい梅干しは、口に入れた瞬間にシャキッとなる感がありますよね。

これが、元気の素になるのでしょうか。

 

これまで、いくつか予防に効く食べ物を紹介してきましたが、

これを食べると、インフルエンザや病気に罹らないとは断言できません

やはり、日常生活の中で手洗い、うがい等を行いながら、

免疫力を高める食事をバランスよく、たくさんとるようにしていくことが、

一番効果のある予防法といえるでしょう。

 

☆感染予防策☆

 

風邪とインフルエンザの違いを、一目で判断するのは難しいです。

インフルエンザは、適切な処置が遅れてしまうと、重症化する恐れがあります。

風邪だろうと自分勝手に判断するのではなく、少しでも疑わしい様子が見られた時には、

できるだけ人込みを避け、マスクを着用し速やかに受診するようにしてくださいね。

 

今年もまた、風邪やインフルエンザが流行する季節がやってきます。

日頃から予防を心がけ、インフルエンザに罹ったり風邪をひいたりしない様な、

健康な体を作っておきましょう。

関連記事

マーガリンのカロリーってどれくらい?いろいろな油のカロリーと比較!

日本人でも「早くて簡単に作れるから」「朝からそんなに食べられないから」などの理由で、朝食はパンと飲み

記事を読む

おせち料理の由来は? 食材の意味をまとめました。

欧米の食文化が一般的となった現代でも、 お正月には日本の伝統を重んじるおせち料理が欠かせません

記事を読む

マーガリンに含まれるトランス脂肪酸、どれくらい食べても大丈夫?

毎朝トーストに塗っているマーガリン たっぷり塗った方が美味しいけど、そのカロリーや成分、気にな

記事を読む

風邪で喉が痛い!扁桃腺が腫れるのは何の病気?対処法は?

小学校時代、風邪をひくと扁桃腺が腫れ、よく高熱を出していた私の友人がいましたが、いつの間にかケロッと

記事を読む

風邪の治りかけの咳と痰、止まらないけど、どうすればいいの?

季節の変わり目や、ちょっとした気温の変化に体が対応できず、風邪をひきやすくなっていませんか?

記事を読む

花粉症に効く!?対策グッズはこんなに優秀!今年は気分のあがる春

もうすぐイヤーな花粉の季節がやってきます。花粉症対策は万全ですか? 花粉症対策といえばマスクや

記事を読む

女性の抜け毛に効くシャンプーは?原因と効果的な対策を紹介

こんにちは、ライターのちこです。 年齢とともに『髪の毛にボリュームがなくなった』「最近、抜け毛

記事を読む

簡単手作り!バレンタインチョコはキットで失敗しない☆簡単キット紹介

彼氏がいる女子のみなさん。 カップル一大イベントのひとつ、バレンタインがもうすぐやってきますね

記事を読む

2016年クリスマス花火【横浜】開催日程と混雑状況

こんにちは。ライターの榎本です。 街並みや景観がきれいな横浜は、夜もとても魅力的です。

記事を読む

目の周りが赤いのはアレルギー?考えられる原因と対処法

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、目の周りが赤くなってしまったことはありませんか?

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ハーバリウムに生花や造花は使っていいの?花以外の物は入れていい?

こんにちは。ライターのReilaiです。 天気のいい日には外出先

レインブーツ、スーツに合うレディースはコレ!パンツスタイル、スカートスタイルごとに紹介

こんにちは。ライターのあずです。 先日、学生時代の友人宅に遊びに行っ

40代のレインブーツメンズ用、ビジネスでも普段も使えるレインシューズ

こんにちは、ライターのnya-coです。 毎日家族のためにお仕事

折りたたみレインブーツおすすめレディース5選、カバンに入れて持ち運ぼう!

こんにちは。ライターの向井です。 雨の日の外出、足元を気にせずに

女性が選ぶレインブーツ、スーツに合うメンズ用7選!

こんにちは!ライターのNorikoです。 私の持論の中に「男性は

→もっと見る

PAGE TOP ↑