インフルエンザ予防接種の効果と接種時期、幼児や妊婦の注意点

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する病気で、

ある時期になると流行り始め、

普通の風邪と比べて、症状が重く、感染力が強いことが特徴です。

 

40度前後の熱が2~4日続いた後、咳や鼻水、のどの症状が出て、約1週間で回復しますが、

まれに、肺炎脳症などの合併症にかかることで重症化する人もいるようです。

 

ここでは、そのインフルエンザの予防接種の効果や接種時期などをお話ししていきます。

 

SPONSORED LINK

 

インフルエンザの予防接種って、どのくらい効果があるの?

インフルエンザの予防接種については、賛否両論あるようです。

 

インフルエンザにかからない為に、

予防接種をしたのに罹って大変だったという話を聞きます。

また、予防接種をしておけば、軽い症状で済むらしいという情報もちらほら・・・

しかし、確実な証拠はありません。

 

そもそもインフルエンザワクチンは、接種を受けた人の体にウイルスを追い出す抗体を作り、

同じウイルスが入ってきた時にそれを攻撃して発症や重症化を抑えるものなので、

感染を予防する』というよりも『抗体を作る

と言った方が正しいですね。

 

予防接種を受けると、2週間ほどでインフルエンザに対する抵抗力がついてきて、

1か月後くらいにピークになります。

そして、その効果が十分に持続する期間は約5ヶ月間とされています。

 

例年インフルエンザの流行は、1~2月頃ですので、予防接種をより効果的にするためには、

毎年流行する前の12月中旬までに接種を受けておくことが必要です。

 

image1

 

 

インフルエンザの予防接種を効果的にする為の接種時期はいつ?

幼児は、流行前に2回接種が終わるように、1回目を10~11月、

その後、2~4週間(できれば4週間)あけて12月中旬まで2回目を接種します。

 

13歳以上(大人)は2回接種することも出来ますが、通常1回接種で大丈夫す。

インフルエンザの流行前12月中旬までには接種しておきたいですね。

 

☆2015年インフルエンザ予防接種☆

 

幼児がインフルエンザの予防接種で、注意しなければいけない点

保育園・幼稚園などで集団生活をしている幼児には、

できるだけ接種していただきたいと思います。

インフルエンザは、普通の風邪とは違い、脳炎肺炎を起こしやすい病気です。

 

幼児の場合、1回の接種だけでは重症化を予防するのに十分な免疫ができません。

その為、2回接種というのが一般的です。

 

SPONSORED LINK

 

毎年、流行するウイルスの型は違います。

昨年接種したからといって、予防効果は期待できませんので、

その年に2回ずつ接種しておきたいですね。

 

強い卵アレルギーの幼児は、ごく稀ですが、

ショックじんましん、呼吸困難などレルギー症状が現れることがあります。

かかりつけの小児科の先生に相談して接種するようにしましょう。

 
参考記事:インフルエンザ潜伏期間は何日くらいか、潜伏期間に検査はできるの?

こちらの記事もぜひ参考にしてください。

 

SPONSORED LINK

 

妊婦がインフルエンザの予防接種で、注意しなければいけない点

「妊娠中に母親が予防接種を受けるとお腹の中の赤ちゃんに影響があるのでは?」

と心配になりますよね。

 

妊娠初期は自然流産の起こりやすい時期でもある為、

避けたほうが良いという意見もあるようですが、

通常、妊娠の全期間において接種可能とされています。

 

逆に、予防接種を受けずに、インフルエンザにかかってしまった時のリスクの方が高いので、

早めに予防接種を受けて、インフルエンザ流行時にも対抗できる強いママの体を作っておきたいものです。

 

ただし、妊娠中の体は色々な変化が起こります。

接種する場合はかかりつけ産婦人科医相談して、

安心して接種するようにしてくださいね。

 

image004

毎年、どこからか発症してあっという間に感染してしまうインフルエンザ。

 

予防接種はほとんどの医療機関で接種することが出来ますが、

幼児の場合はインフルエンザ以外の予防接種もたくさん受けなくてはいけませんので、

かかりつけの小児科の先生ときちんと相談して、正しく接種するようにしてください。

 

また、妊娠中のママはお腹の中の赤ちゃんの為にも、接種時期をしっかり相談して、

インフルエンザにも負けない元気な赤ちゃんを産んでくださいね。

関連記事

東京おすすめ初日の出スポット!六本木ヒルズ☆絶景パノラマビュー

新年の足音が近づいてきました。 今年こそはぜひ美しい初日の出を見て、新しい年を迎えたいという方

記事を読む

インフルエンザc型の症状と特徴~治るまでの期間と経過

インフルエンザ、と聞くと誰もがa型・b型を思い浮かべると思います。 流行を抑えるために予防接種

記事を読む

風邪の治りかけの咳と痰、止まらないけど、どうすればいいの?

季節の変わり目や、ちょっとした気温の変化に体が対応できず、風邪をひきやすくなっていませんか?

記事を読む

東京駅のクリスマスイルミネーション!穴場とおすすめ絶景スポット

こんにちは!ライターのバービーです。 街のあちこちにキレイなイルミネーションが輝き始めると、「

記事を読む

インフルエンザと風邪の症状 違いを比較、効果的な予防法は?

あれ?ちょっと熱っぽいかな?と思った時に、 まず風邪を疑うのが普通だと思います。 しかし

記事を読む

2016年冬の花火 【お台場】開催日程とおすすめ観覧場所

こんにちは。ライターの榎本です。 今年も「お台場レインボー花火2016」が12月の毎週土曜日に

記事を読む

2015年冬の花火まとめ【関東】開催地・日程ほか

今では冬のイベントとしてすっかり定着した打ち上げ花火。 今年も各地で開催されます。 クリ

記事を読む

女性の抜け毛に効くシャンプーは?原因と効果的な対策を紹介

こんにちは、ライターのちこです。 年齢とともに『髪の毛にボリュームがなくなった』「最近、抜け毛

記事を読む

熱中症の症状と対策☆頭痛と吐き気、これって熱中症?

室内にいるから大丈夫、と安心できないのが「熱中症」 室内でもちゃんとした予防対策をとっていない

記事を読む

子供の熱が下がらないのは風邪と違う病気?判断のめやすと対処法

子供が熱を出すと心配・・・ 親は、皆そんなものですよね。 熱がひかないと、悪い方向にばか

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

苗場スキー場おすすめスクールはどこ?子供と一緒に学んで滑ろう!

こんにちは。ライターのnya-coです。 寒くなってくると、ウイ

千葉成田のNARITA花火大会in印旛沼‼穴場スポットと開催時間

こんにちは、ライターの川口です。 花火大会は夏だけのものだと思っ

上尾花火祭り穴場スポット「あげお花火まつり」を100%楽しめる場所!

ライターの市(いち)です。 私は埼玉県に住んで5年ちょっとになる

花巻「光と音のページェント」花火会場に近い、周辺駐車場を教えて!

ライターの市(いち)です。 あなたは、宮沢賢治作品の中で、何を知

花火大会でメッセージ花火を打ち上げよう!心に残るメッセージ例

ライターの市(いち)です。 年々、猛暑日の日数が増え、暑さのあま

→もっと見る

PAGE TOP ↑