結婚式の服装~男性編~☆スーツ、シャツ・ネクタイ、もう迷わない!

「スーツはいつも着ているから、大丈夫」と思っていると、意外に恥ずかしい思いをすることがあるのが結婚式や披露宴での服装です。

明らかに場違いな雰囲気で一人だけ浮いてしまうような格好では、主役の新郎新婦に対しても失礼になってしまいます。

ここでは、結婚式・披露宴に招かれた時に、慌てないためのコーディネートをご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

結婚式にふさわしいスーツの色・デザインは?

結婚式に着ていく服といって一番に思いつくのが「黒のスーツ」その選択はもちろん間違いではありませんが、一般的かつ無難な印象があります。黒を含めてどのようなのスーツが結婚式にはふさわしいのでしょうか。

 

★ブラックスーツ

image004
【商品紹介: ピークドラペル1ツボタン スリーピーススーツ

無難に見えがちな黒のスーツでも、チーフを合わせることで華やかさと個性が発揮できます。また、見た目は無地に見えるもののよく見るとストライプやチェックなどのが入っているものもオススメです。

 

★グレースーツ

image006
【商品紹介:スリムスーツ 3ピース

 
濃い目のグレースーツに少し華やかなネクタイ、それに合わせたポケットチーフをあしらうことでオシャレ&しっかりした印象のコーディネートになります。

 

★ネイビースーツ

image008
【商品紹介:2つボタン 3ピーススーツ

上品で爽やかな印象の出るネイビースーツ。中のシャツを白にすると「しっかり系」に、ブルー系にすると「オシャレ系」になります。ベルトや靴などは明るいものではなくダークブラウンにすると、カジュアル感がなくなり落ち着きが出ます。

 
ブラックスーツの他に、冠婚葬祭で着用できる「礼服」もあります。礼服はブラックスーツよりも深い黒をしているのが特徴で、落ち着いたデザインのものが多くなっています。

礼服についての詳細はこちらの記事を参考にしてください。

 

 

デザインの多様性・小物とのコーディネートを楽しむなら、ブラックスーツやダークスーツをオススメします。

 

SPONSORED LINK

 

シャツ、ネクタイ、靴、靴下、小物(チーフ・カフス)はどんなものがオススメ?

結婚式や披露宴に出席する方の多くが、礼服・ブラックスーツ・ダークスーツを着用します。そんな中でオシャレを楽しんだり個性を発揮するなら、小物で一工夫をしてみましょう。

 
☆シャツ

フォーマルスタイル・セミフォーマルスタイルの結婚式への出席の際は、基本的に白シャツで出かけます。最近はパステルカラー程度のカラーシャツであれば許容範囲とされることもあります。心配であれば、新郎新婦に確認をしてみましょう。

柄も無地のものを選ぶのが基本です。柄があるものでも、近づかない限り分からないという程度のものがオススメです。色による柄ではなく、織りで柄を表現したものも良いですね。シャツ選びの際に気をつけたいのは、「衿(えり)」です。

一見同じように見えるかもしれませんが、実は色々な長さや開きがあります。一番標準的なものが「レギュラーカラー」と呼ばれるものです。少し違ったものがいいという場合は「ワイドカラー」の選択もアリです。

こちらの記事では襟の形やネクタイの合わせ方などを詳しく解説しています。襟の形に合わせたネクタイを選ぶことで、さりげないオシャレがぐっと引き立ちます。

 

 

もし、タキシードを着るなら、「ウイングカラー」「バタフライカラー」のシャツを選びましょう。

 
☆ネクタイ

シルバーや白のネクタイが定番ですが、「白いネクタイは年配者のもの」という風潮も出てきました。光沢のある白やシルバーが無難ですが、スーツに合っていればパステルカラー(ピンクやライトブルーなど)のネクタイも素敵です。

あるいは、白やシルバーのネクタイでも通常の結び方をせず、ちょっと変わった結び方をしてみるのはいかがでしょうか?晴れの席にオススメのネクタイの結び方に関しては、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】
結婚式にふさわしいネクタイの結び方、シックなスーツを華やかに

 

なお、黒のネクタイは柄が入っていても結婚式ではNGとなりますので、気をつけましょう。結婚式・披露宴は通常のネクタイで出席し、二次会以降は蝶ネクタイに変えるというのも面白いですね。

 
蝶ネクタイの結び方については、こちらの動画をご覧ください。

 

【蝶ネクタイの結び方講座】

 

お馴染みの「蝶結び」をするだけなので、意外と簡単に結べます。ネクタイ以外の首元のオシャレアイテムとしては、アスコットタイやスカーフもオススメです。

 
☆靴

 
靴の色はが標準ですが、必ずしも黒でなければいけないということはありません。スーツの色やデザインに応じてダークブラウンやチョコレートカラーの革靴などでも問題ないということを覚えておきましょう。

ただし、披露宴でスピーチを頼まれたり受付を担当したり、と人前に出る機会があるのであれば黒がオススメです。靴のデザインとしては、ヒモつきの「ストレートチップ」がフォーマルシューズとなりますが、シンプルな「プレーントゥ」やつま先にデザイン穴が開いていない靴であればOKです。

反対に、結婚式にはふさわしくない靴もあります。

・メダリオン、ウイングチップなど穴飾りのあるもの
 
・クロコダイルの型押しなど、動物の毛皮で殺生をイメージさせるもの

 
一見、オシャレで格好良いと思いがちですが、NGなので気をつけましょう。

 
☆靴下

 
ファッションの中でも気を抜きがちなのが靴下ではありませんか?見られていないようで、実は見られているのが足元です。スーツやネクタイはビシっと決めているのに、靴下がマナー違反…というのでは、ちょっと情けない感じがしてしまいますから、靴下にも気を使いたいですね。

靴下はスーツに合わせて、黒・グレー・ネイビー・ブラウンを選ぶのが正解です。どうせ見えないだろう、と色柄やワンポイントが入っているものを履くのはNGです。また、式や披露宴の最中に靴下がずれ落ちてくる…というのも恥ずかしいことです。

丈が長めでゴムのしっかりしているものを履くようにしましょう。

 

☆その他の小物
 
出席者の多くが同じような服装になってしまいがちな結婚式。そんな中でもオシャレを楽しみたい、個性を出したいと思うなら小物使いでアレンジしてみるのがオススメです。

 

SPONSORED LINK

 

・チーフ
 
スーツの胸元に華やかさを加えてくれる、チーフ。素材はシルク・麻・綿などを選びましょう。色は白やシルバー・シャンパンゴールドなど華やかな色のもの、ネクタイと合わせた色のものが良いでしょう。

たたみ方は、ふんわりとつまみ上げて入れる「パフド」、3つの頂点がバランスよく配置された「スリーピークス」がオススメです。こちらの動画では、「スリーピークス」のたたみ方を約1分で教えてくれます。

 

【ポケットチーフのたたみ方-スリーピークス】

 

簡単にオシャレ度がアップしますね。
 

・カフス
 
袖口に華やかさを出してくれるのがカフスです。カフスにはさほど厳しいルールがあるわけではありませんが、

昼=白蝶貝
 
夜=黒蝶貝・オニキス

 
を使ったものがフォーマルとされています。ですが、よほど堅苦しい式でない限りあまり気にする必要はありません。どのようなスーツにも合う、シルバーの台座のものを持っておくと安心です。

 
結婚式や披露宴って、なぜか立て続けに招かれることがあります。そんな場合でも、定番のスーツと、小物でアレンジできる方法を知っておけば、安心ですね。

マナーを守りつつ、コーディネートを楽しみましょう。

関連記事

出産の内祝い、金額は?いつするの?マナーを説明とお礼状例文

待望の赤ちゃんが生まれ、慌ただしいながらも幸せな毎日。 ただ思いがけなく多忙な日々の中では、親

記事を読む

一人暮らし、引越しの挨拶は必要ですか?どうすればいい?

一人暮らしをする時に、ご近所への挨拶は必要でしょうか? それとも、必要ないのでしょうか?

記事を読む

結婚式の服装~男性編~☆意外と知らない礼服、準礼服の違い

結婚式・披露宴の招待状を受け取ると心が温かくなり、主役の2人の新しい門出を嬉しく思うものです。ですが

記事を読む

街で使えるアウトドアリュック、ブランドの特徴や機能を教えて!

リュックと言いますと、昔から比べて最近では、 オシャレで容量も使い勝手もいい物がたくさんありま

記事を読む

女性が薦める人気の男性用財布、30代のデキる男は財布から!

職場で、飲み会で、出会いの場で。   20代まで最も男性を輝かせたはずの「ノリ」が、3

記事を読む

内祝いのまとめ 結婚や出産の内祝い、由来など詳しく解説

結婚式の準備で、初めて「内祝い」という言葉を聞いた人もいるのではないでしょうか。  

記事を読む

メンズビジネスバッグまとめ、30代で持ちたいおすすめビジネスバッグ

スーツでの通勤には欠かせないビジネスバッグ。 見た目はもちろんですが、機能性も重視して気に入っ

記事を読む

腕時計【レディース】人気お手頃ブランド☆3万円以下で買える商品紹介

腕時計はどんなデザインの物をつけていますか?可愛い物や機能性重視などバリエーションが豊富ですし、ベル

記事を読む

2017年冬ルミネ大宮店チェックザバーゲン☆セール詳細

ライターのMichelleです。 新年を迎えると、待ちに待ったルミネのバーゲンセールが始まりま

記事を読む

2016年ルミネ夏のバーゲンはいつから?セール開催時期

駅に直結している店舗も多く、女性に人気の高い「ルミネ」で、毎年夏と冬に開催される「ルミネ・ザ・バーゲ

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑