結婚式の友人代表スピーチ☆お祝いの言葉から締めまで!例文紹介

結婚式のスピーチには言葉の使い方や、話す内容にルールがあります。友人の結婚式でスピーチを頼まれた時は、しきたりや習慣を軽く考えず、聞く人みんながあたたかい気持ちになれる話をすることも、大切なことです。

スピーチは、新郎(または新婦)があなたにお願いしたいと希望して依頼してくるものです。快く引き受けて大切な友人の結婚式を素敵なものにしてあげましょう。こちらでは、スピーチの大まかな流れとそれぞれの例文をご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

スピーチの流れとポイント

スピーチの内容は人それぞれですが、大まかな流れについては共通になります。動きと合わせて覚えるとより良いでしょう。

image004

・司会者から名前を呼ばれたら、起立してその場で参列者に向かってお辞儀

   

・マイクの前へ移動

   

・新郎新婦に向かってお辞儀

   

・参列者に向かってお辞儀

   

・スピーチ
① 自己紹介

② 新郎新婦と親族へ、お祝いと招待のお礼の言葉

③ 新郎新婦が立っていた場合は着席を促す言葉

④ 友人である新郎(新婦)との出会いや印象に残っているエピソードなど(本題)

⑤ 締めの言葉

   

・新郎新婦に向かってお辞儀

   

・参列者に向かってお辞儀

   

・着席

 
お辞儀は45度を目安にして、挨拶などを言い終わってからお辞儀をすると美しく見えます。

 

SPONSORED LINK

 

①自己紹介

<例>

「ただいまご紹介にあずかりました新郎(新婦)○○さんの友人で□□と申します。

僭越ながら、友人代表としてお祝いの言葉を贈ります」

 
こちらでは、紹介していただいた司会者への応答になりますので、簡潔にすると良いでしょう。メインはお祝いの言葉ですので、もしお祝いしたい!という気持ちが大きいのであれば、①と②を逆にしても大丈夫です。

 
②新郎新婦と親族へ、お祝いと招待のお礼の言葉

<例>

「○○さん、○○さん、ご結婚おめでとうございます。

ご両家のご親族皆さまにも心よりお祝い申し上げます。

本日はこのような素敵な結婚式(披露宴)にご招待いただき、たいへん光栄でございます」

 
お祝いの言葉を言う際、基本的には新郎→新婦の順番で名前を呼ぶことが多いですが、新婦の友人であるのなら、新婦→新郎の順番でも大丈夫です。スピーチ全体で呼ぶ順番を統一するときれいです。

スピーチの内容を忘れてしまいそうでメモ(原稿)を持っていくのは問題ありませんが、①と②はぜひ参列者や新郎新婦、親族の方を向いてしゃべり、お祝いの言葉の後にお辞儀をしましょう。

また、①と②の順番を逆にする場合は

・「○○さん・・・」
(新郎新婦へのお祝い)

・「ご両家の・・・」
(親族へのお祝い)

・「ただいまご紹介・・・」
(自己紹介)

・「本日はこのような・・・」
(招待のお礼)

の順番にすると自然です。

 
③新郎新婦が立っていた場合は着席を促す言葉

<例>

「○○さん、○○さん、どうぞご着席ください」

 
こちらも、新郎新婦に向かって手を差し出して着席を促し、着席して落ち着くのを待ちながら、本題の内容を確認すると良いでしょう。場合によっては親族も立っていることがあります。その際は忘れずに「ご親族の皆さま」も入れましょう。

 
④友人である新郎(新婦)との出会いや印象に残っているエピソードなど(本題)

いよいよスピーチのメインになります。人によってその内容は異なるため、これが正解というものがなく、一番悩むところです。

 

 

こちらでは、いくつかのパターンで例文を紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

 
⑤締めの言葉(お祝い、励ましなど)の例文

<例>

「本日は本当にご結婚おめでとうございます。

ご両家のご親族皆さまにも改めてお祝い申し上げます。

これからは2人で力を合わせて素敵な家庭を築いてください。

そして、たまには一緒に食事をしましょうその際は○○さんもぜひご一緒にいらしてください。

簡潔ではございますが、これをもちまして私の祝辞とさせていただきます」

 
最後にもう1度お祝いの言葉を述べます。

その際は、新郎新婦へのお祝いだけでも良いですが、親族へのお祝いの言葉を足すとより丁寧になります。

また、今後の良好なお付き合いをお願いする意味を込めて「遊びに行きましょう」、「新居にお邪魔させて下さい」などの言葉を入れても良いでしょう。

締めの言葉は「これで終わりです」としっかり分かるようにすると綺麗にまとめられます。

締めの言葉の後にマイクを外して新郎新婦に改めて「おめでとう!」と言ってあげると喜ばれます。緊張するスピーチもこれで終了です。

とびきりの笑顔でお祝いの言葉を述べましょう!

 

スピーチの内容を作成するときの注意点

image006

大まかな流れを把握したところでいよいよスピーチの本題を考えていきます。その際に、気をつけないといけない点がいくつかあります。

●スピーチの長さはトータル3分~5分で

●「忌み言葉」「重ね言葉」を使わない

●下ネタ、自身の自慢話などを避ける

●新郎(新婦)が嫌がるエピソードは避ける

●親しい仲でもくだけた口調、内輪受けの内容にしない

 
これらに気をつけないと、お願いした新郎(新婦)に「頼まなければ良かった」と思われてしまいます。スピーチの内容は当日までに原稿におこしてマナー違反をしていないかどうかを確認しましょう。
 

●スピーチの長さは3分~5分で

 
結婚式、披露宴には必ずタイムスケジュールというものがあります。あまり長すぎるとその後の予定が詰まってしまいますし、聞いている方も飽きてしまいます。逆に短すぎると物足りないと感じ、人によっては「スピーチを考えるのが面倒だからさっと作ったもの」と受け止めてしまいます。

目安は原稿用紙3~4枚をアナウンサーがニュースを読み上げるくらいのゆっくり、はっきりとしたスピードで話せる量です。完成した後にタイムを計ってみるのも良いでしょう。

 

●「忌み言葉」「重ね言葉」を使わない

 
「忌み言葉」・・・縁起の悪い言葉のことです。

「別れる」「終わる」「流れる」「消える」「変わる」「欠ける」「滅びる」「涙」「四(死)」「九(苦)」「散る」「枯れる」

などです。

内容によってマイナス意味で使われていない場合は問題ないとされていますが…

<例>
「大会で優勝し、一緒に喜びの涙を流しました」
「大会で優勝し、喜びを分かち合いました」

「涙」「流す」「分かつ」というマイナスの意味もある言葉が含まれる場合は、

<例>

「大会で優勝し、共に喜び合いました」

とした方が良いでしょう。

 
「重ね言葉」・・・

「時々」「再び」「またまた」「しばしば」「ますます」「いよいよ」「くれぐれ」「重ね重ね」「重ねて」「次々」「相次いで」

などです。

結婚はおめでたいことですが、2度目があってはいけないお祝いです。そのため、2度目を連想する言葉、同じ単語を連続する言葉はマナー違反になります。(結婚の祝儀袋の水引が「結びきり」なのも同じ理由です)

<例>
「しばしば私のことを助けてくれました」

「しばしば」が重ね言葉になりますので、

<例>

「よく私のことを助けてくれました」

とすると良いでしょう。

 

●下ネタ、自身の自慢話などを避ける

 
下ネタはうけると思う方もいますが、嫌がる人も少なからずいます。全員が気持ちよく聞けない内容はNGです。また、主役は新郎新婦ですので自身の自慢話をしないようにしましょう。披露宴は結婚式と同様に格式高いものです。品格が損なわれるような内容は避けましょう。

 

●新郎(新婦)が嫌がるエピソードは避ける

 
過去の恋愛事情、失敗談、など公の場でバラされたくない内容はNGです。バラすのであれば、良い意味で相手や参加者が知らないであろう意外な一面を紹介しましょう。

「こんな素敵な人と結婚できて自分は幸せ!」

と相手に感じてもらえるようなエピソードを選び、「そんな○○さんは奥さん想いの(旦那さん想いの)素敵な旦那さん(奥さん)になると思います」などと締めくくると、結婚祝いの言葉らしくなります。

 

●親しい仲でもくだけた口調、内輪受けの内容にしない

 
お祝いの言葉は新郎新婦だけではなく、両家の親族にもあてた言葉になります。そして、先に述べたように披露宴は格式高い場です。どんなに親しい相手でも「ですます調」で話しましょう。

また、自分たちだけしか分からない話は聞いている参加者たちが退屈してしまいます。一緒にお祝いしている参加者全員が嬉しい気持ちになる、初めて聞いた話しでもすぐに内容を理解しやすいエピソードを選ぶことがポイントです。

 

【結婚おめでとう 友人からのスピーチ】

 

他の人のスピーチの良いところ、悪いところを客観的に見てみるととても参考になります。これだけ一生懸命スピーチ原稿を作っても本番は緊張して失敗してしまうこともあります。それでも、新郎新婦や参加者に心からお祝いしているという気持ちが伝われば全く問題ありません。当日はできるだけにこやかにスピーチをしましょう。

 

SPONSORED LINK

 

心に残るスピーチで絶対に喜んでもらいたい!

image008

ありきたりな内容でお祝いするのではなく、絶対に喜んでもらいたい!感動してもらいたい!と考えている方に、心に残るスピーチのポイントをまとめました。

 

 

依頼をしてきた新郎(新婦)に「あなたに頼んで良かった!」と思ってもらえるスピーチでお祝いしましょう。

関連記事

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたことはありますか? もしク

記事を読む

キリスト教葬儀のマナー、流れや作法、服装から香典まで解説

ライターのyuzuharuです。 知り合いや大事な友人…さまざまな関係の方との悲しいお別れは、

記事を読む

結婚式の服装~女性編~☆披露宴にふさわしい服装マナー紹介

多くの人が集まって華やかにお祝いをする結婚式。 一番気を遣うのは、やはり「服装」ではありません

記事を読む

結婚式招待状、出席or欠席?返信はがきの書き方。メッセージ文例

結婚式への招待状、 小さな返信はがき一枚の中に、 重要なマナーがぎゅっと詰っていることを

記事を読む

結婚式で両親へのプレゼント、何がおすすめですか?人気ギフトを紹介

「結婚式は誰よりも、両親に見てもらいたい。 そしてこれまでのありがとうを伝えたい。」 &

記事を読む

結婚の内祝い、マナー解説。出産祝いと一緒にしても大丈夫?

自分にも周りにも、結婚や出産が重なる20代から30代、 様々な行事のしきたりや風習に頭を悩ませ

記事を読む

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキリスト教の葬儀のワンシーン。十

記事を読む

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バタバタと準備をしてお通夜や葬儀

記事を読む

結婚式の服装~男性編~☆意外と知らない礼服、準礼服の違い

結婚式・披露宴の招待状を受け取ると心が温かくなり、主役の2人の新しい門出を嬉しく思うものです。ですが

記事を読む

結婚式のスピーチ例文紹介☆友人代表スピーチはもうこれで安心!

人生の新しい門出となる結婚式、披露宴では、たくさんの方々がお祝いの言葉をかけ祝福します。また、結婚す

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

神道のお墓の場所はどこ?形は?お墓参りの作法は?

こんにちは。ライターのReilaiです。 世界にはたくさんの宗教

キリスト教カトリックの葬儀マナー、プロテスタントとの違い

ライターのMichelleです。 私事ですが、先日身内に不幸があ

神道に戒名ってあるの?位牌やお墓に書く名は?死んだらどうなる?

ライターの岸井アオイです。 日本には初詣、お宮参り、七五三詣り、

ベルマークに交換できるインクカートリッジは純正だけ?対象のメーカーは?点数はどれくらい?

こんにちは。ライターのReilaiです。 様々な商品についている

ベルマークがついている商品一覧!スーパーやコンビニ、お菓子、ジャンルごとに整理

ライターの岸井アオイです。 お子さんの通っている小学校や保育園な

→もっと見る

PAGE TOP ↑