喉の風邪、治らない咳は別の病気のサイン?考えられる病気と対処法

なかなか治らない風邪の症状。

熱は無いはずなのに長引いてしまってつらい。

その症状には、ひょっとしたら別の病気が隠れているかもしれません。

 

SPONSORED LINK

 

そこで、今回は長引く咳とそれに関連する病気、その対処法についてご紹介します。

 

熱が下がった後も残る咳。風邪?それとも別の病気?

image001

風邪の一般的な症状は熱と咳です。

しかし、熱が下がった後も咳だけがなんだか長引く、そんな時に考えられる病気をご紹介します。

 

<気管支炎>

症状:一般的にウイルス感染による風邪の後に良く発症するのがこの気管支炎です。

咳や痰、ヒューヒューという喘鳴が特徴です。

解熱によってウイルスが死滅した後も、気管支の炎症によって咳は数週間残ることもあります。

夜間などは副交感神経の働きによって気管や気道が狭くなり、それによって咳が強まることがあります。

原因:ウイルス感染

治療法:一般的な対応は咳止めの服用です。

また、アスピリンやイブプロフェンが効果的とされています。

炎症が治まれば自然と咳が止まってきますが、咳を繰り返すことにより、炎症が長引くことがあります。

以下の動画にあるような咳を止める方法もあります。

 

咳(風邪の時)を止める方法☆私が行って効果があったもの

 

注意点:一般の薬で症状が軽減したり、2~3週で完治すれば医療機関にかかる必要はありませんが、症状が全く収まらなかったり、症状が 一か月近く続くようでしたらマイコプラズマ肺炎の疑いもあるため、医療機関を受診する必要があります。

 

<マイコプラズマ肺炎>

症状:のどの痛みや咳、37℃~39℃の高熱が一般的な症状です。

特に咳は、解熱後も一か月近く継続することがあります。

原因:肺炎マイコプラズマ細菌への感染が原因です。

治療:肺炎マイコプラズマ細菌への感染を特定するため、病院での検査・診断が必要です。

治療方法は、抗生物質の投与が一般的です。

注意点:肺炎マイコプラズマという細菌が原因で、解熱後でも咳が残るといった点で、一般的な肺炎とは別物です。

咳などによる飛沫感染ですので、マスクなどで周囲へ感染が拡大しないように注意することが必要です。

 

SPONSORED LINK

 

<気管支喘息>

症状:咳(数時間から数日間)、息を吐くときのヒューヒューという喘鳴、運動時の激しい息切れがあります。

原因:アレルギー体質によるものです。

環境によってアレルギー体質に移行することもあります。

治療:病院で肺機能の検査を行ったのち、抗炎症薬や気管支拡張薬、ステロイドを服用します。

注意点:基本的に完治する可能性は低いです。

アレルギー性の疾患ですので、アレルギー要因を避けることで、症状を和らげることができます。

要因は人それぞれですが、たばこの煙やハウスダストが代表的です。

また運動前のステロイド吸入などで発作を抑えることができます。

 

のどのかゆみがひどい。考えられる病気は?

image002

咳が出たり、痛みとまではいかなくても、のどや気管あたりの違和感・かゆみがある時に考えられる疾患をご紹介します。

 

<咳喘息>

症状:風邪などの後に咳がいつまでも残り、長くて8週間くらい続くこともあります。

深夜・早朝・寒暖差が症状を悪化させる原因にもなります。

ヒューヒューという喘鳴や呼吸困難が無いのが、気管支喘息との大きな違いです。

正式な喘息ではなく、喘息の一歩手前と認識されています。

原因:風邪によって気管支が狭くなっていることが原因です。

治療医療機関を受診し、気管支拡張薬、吸入ステロイドを処方してもらいます。

注意点:気管支がすぼまり狭くなることが原因であるため、気管支喘息と同様に気管支拡張薬が有効です。

適切な治療を受けなかった場合アレルギー体質になり、気管支喘息に移行することもあるため注意が必要です。

 

<アトピー性>

症状:咳、のどや気管のイガイガ感が特徴で、アレルギー体質から、深夜や早朝といった時間帯、寒暖の変化、たばこの煙が原因によって起こります。

原因:アレルギー体質によるものです。

治療:アレルギー体質の検査がまず必要です。

気管支拡張薬は効果が無く、ステロイド薬の服用が効果的とされているため、医療機関の受診が必要です。

注意点:将来的に喘息に移行することは無いと言われていますが、アトピー性の咳自体は、症状が治り治療が終了してから4年以内に50%が再発すると言われています。

 

SPONSORED LINK

 

風邪と喉の症状

image003

風邪とそれに伴う喉の症状は、安静にしておけば治るものから、他の病気が隠れていることもあり、油断できません。

以下のリンクでは様々な症状と対処法をご紹介していますので、参考にしてみてください。

 

【参考記事】
風邪による喉の症状まとめ※治らない痛みや咳、原因と治し方

 

これらの症状は病気ごとにきっちり分かれているわけではなく、複数の病気に共通するものが多くあります。

少しおかしいなと思ったら一度医療機関を受診されることをオススメします。

関連記事

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんもしておくべき?授乳中のママは?

インフルエンザは熱が高くなり、風邪とは違ってとてもつらいものです。 それがまだちいさい赤ちゃん

記事を読む

風邪による熱の対処法まとめ※つらい症状から抜け出すための対処法

風邪っぽい・熱っぽいと思った時、すぐに病院に行けるのが理想です。 ですが、なかなか受診できない

記事を読む

インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?

インフルエンザの予防接種を受けることは、少し前であれば当たり前のことでした。 けれど最近では、

記事を読む

冷え取り靴下始めてみたけど、本当に効果ある?なし?

こんにちは、ライターのちこです。 『足が冷えて夜、なかなか眠れない』 『夏でも冷房で足が冷え

記事を読む

花粉症に効くハーブティーがあった!対策は古代からの知恵がいっぱい

古代エジプトやギリシャ、中国では香料として様々なハーブが使われていました。  

記事を読む

インフルエンザ予防接種の効果と接種時期、幼児や妊婦の注意点

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスに感染することで発症する病気で、 ある時期になると流

記事を読む

幼児の熱中症、特徴的な症状は?発見のためのポイントと応急処置法

ここ数年の間でよく耳にするようになった熱中症。室内・屋外を問わず発症する上、発見が遅くなり症状が悪化

記事を読む

風邪で熱がある時におすすめの食べ物~忙しい時の食事は何を選ぶ?

風邪をひいてしまったけれど、病院にも行けそうにないし、仕事が忙しくてなかなか自炊もできない……

記事を読む

目の周りのかゆみ・腫れ、気になる原因と使える市販薬紹介

ライターのなみです。 季節の変わり目や花粉の時期、または肌に合わないものをつけた時など…目の周

記事を読む

風邪による喉の炎症の治し方~考えられる病気と対処法~

喉に炎症があるだけで、食事も会話も存分に楽しめなくなります。 長引くと気分も沈んでしまいます…

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキ

京都祇園祭2017日程とイベントスケジュール!

ライターのyuzuharuです。 全国各地で開催されるお祭りは、

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたこ

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バ

お悔やみメールの書き方と文例、訃報に対する返信の注意点

こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族

→もっと見る

PAGE TOP ↑