夏に流行するインフルエンザの特徴的な症状と注意点

インフルエンザウイルスは気温が低く、乾燥しているとウイルスが活発になる、と言われていることから、冬に流行するイメージが強い病気です。

しかし、夏にはインフルエンザが全くいないという訳ではありません。

夏でもインフルエンザになることがあります。

こちらでは夏風邪など他の病気と夏のインフルエンザの違いや注意点などをまとめました。

 

SPONSORED LINK

 

なぜ夏でもインフルエンザになるの?

image004

のインフルエンザ予防のひとつとして、部屋を加湿するのが有効とされています。

それはインフルエンザウイルスが、湿度の高いところでは感染力が弱くなるためです。

しかし、年中インフルエンザが流行している熱帯地方の国が海外にはあります。

また、日本のある北半球が夏の時、オーストラリアなどの南半球は冬でインフルエンザが流行している季節です。

それらの国から来た旅行者などが、日本へとウイルスを持ち込んでしまうケースがあるため、最近では夏でもインフルエンザにかかることがあるのです。

 

SPONSORED LINK

 

夏風邪とどう違う?

image006

冬のインフルエンザでもそうですが風邪の症状と似ているため、夏風邪なのかインフルエンザなのか、見分けるのがとても困難です。

見分けるポイントは、

・高熱(38度以上)を発することが多い
・体の節々が痛くなる
・気温は高いのに寒気がする
・倦怠感がある
・下痢をする

などです。

症状は冬のインフルエンザとあまり変わらないため、同じ要領で夏風邪かインフルエンザか、判断することができます。

また、夏にはインフルエンザ以外にもデング熱など、高熱を伴う病気があります。

 

【参考記事】

 

こちらの記事を合わせて参考に、インフルエンザか別の病気かを判断してください。

 

冬にかかるインフルエンザとはウイルスが違う?

image008

夏でもインフルエンザになることが分かりましたが、そもそもインフルエンザウイルスは夏と冬で違いがあるのでしょうか?

実は夏のインフルエンザウイルスは冬にも流行するインフルエンザウイルスと同じものです。

最近の研究でインフルエンザウイルスは、湿度が50%以下の時だけでなく、100%に限りなく近い時(熱帯地域の雨季など)も、人の粘膜内でのウイルスの生存率が、上がるという結果が出ています。

そのため、夏でもウイルスが死滅せずに感染することがあるのです。

 

夏にかかるインフルエンザの特徴と注意点は?

image010

上で説明したように、夏のインフルエンザは冬に比べて限られた状況の下で感染します。

その中でも夏のインフルエンザの特徴は、体力や免疫力が落ちている人が感染しやすいということです。

高温多湿の日本の夏は、インフルエンザウイルスにとっては活動しにくい環境のため、短時間で死滅してしまいます。

そのため、多くの人がウイルスをもらってしまっても、感染する前にウイルスが死滅してしまいます。

しかし免疫力が落ちている人は、その短時間で感染してしまうのです。

夏のインフルエンザにかかる人は、夏風邪や夏バテの最中にインフルエンザにかかるというケースが多いようです。

特に夏風邪の中でも

・手足口病
・ヘルパンギーナ
・プール熱

は症状が重く、免疫力が落ちているので注意が必要です。

心当たりのある方は気をつけましょう。

こちらの動画では、免疫力をアップさせるためのゆったりとした体操を紹介しています。

冷房や冷たい飲み物や食べ物で固くなった体をしっかりほぐすと、免疫力が上がります。

 

【動画】大阪市港区 整体【自力運動療法】下がった免疫力を回復する!鎖骨の回転運動。ぽかぽか整体院

 

夏にかかるインフルエンザの対処・対策法は?

image012
夏のインフルエンザの対処法は冬のインフルエンザと同じです。

なるべく早く病院へ行って、薬をもらうことが一番です。

夏の発熱は夏風邪のせいと決めつけず、少しでもインフルエンザに似た症状が出たら病院へ行きましょう。

また、夏のインフルエンザの対策法も冬のインフルエンザと同じです。

特に夏は

・エアコンのかけ過ぎで部屋が乾燥してしている
・熱くて食欲が落ち、食事が偏る
・睡眠不足

といったことで免疫力が落ち、感染しやすくなります。

手洗いうがいなども予防に効果があります。

夏でも欠かさず行いましょう。

 

SPONSORED LINK

 

インフルエンザのあれこれ

image014

インフルエンザは夏にもかかることをご紹介しましたが、やはり日本で一番猛威をふるうのは冬です。

 

【参考記事】

 

こちらではインフルエンザの型や年齢別の特徴などを詳しくご紹介しています。

日頃から病気になりにくい体作りと感染予防に心がけましょう!

関連記事

花粉症にルイボスティ、対策の王道はやっぱり誰もが好きな味!

花粉が飛ぶ時期は本当につらいですね。花粉症対策は早めに行うのが重要ですが、薬を服用すると眠くなるので

記事を読む

息の臭いは病気のサイン?考えられる病気と口臭の原因

こんにちは、ライターのちこです。 人と話をしていて『この人、息が臭い』と感じた経験ありませんか

記事を読む

頭皮湿疹の原因と治療法は?頭皮改善でしっかり治そう!

こんにちは。時折、頭皮のかゆみが気になっていたら、どうやら白髪がポツポツ生え始めていることに気づいた

記事を読む

風邪による熱の対処法まとめ※つらい症状から抜け出すための対処法

風邪っぽい・熱っぽいと思った時、すぐに病院に行けるのが理想です。 ですが、なかなか受診できない

記事を読む

風邪で痛い喉の治し方~家庭でできる対処法・妊婦さんから子供まで~

風邪をひいて喉が痛いけれど、できれば薬は使いたくない…。 そんなときってありますよね。

記事を読む

毎日ヨーグルトで花粉症対策、免疫力アップでお腹の中から強くなる!

花粉症に良いと話題のヨーグルト、なぜ効果があるのでしょうか? ヨーグルトには、たくさんの乳酸菌

記事を読む

熱と寒気の風邪はこうして治す!症状を和らげるための3つの方法

風邪をひいたときのつらい症状のひとつと言えば熱による寒気。 布団に入れば暑いし、布団から出れば

記事を読む

目の花粉症対策、メガネでかゆみ軽減?普通のメガネも効果あり?

目がかゆい・・・涙が止まらない・・・ こんな花粉症の症状が出る時は、外出を控えると良いですよ!

記事を読む

お腹のダイエット方法を教えて!今日から始めるお手軽ダイエット

最近お腹がぽっこりしてきた… そんなあなた! その脂肪は大丈夫? 体脂肪のうち、内

記事を読む

目の周りが赤いのはアレルギー?考えられる原因と対処法

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、目の周りが赤くなってしまったことはありませんか?

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑