インフルエンザの検査を受けるべき症状とタイミング

インフルエンザは身近な病気ですが、その詳しい情報は意外と知らないことが多いです。

ひとに移ってしまうかもしれないし、なによりかかると本当につらいので早く治したいですよね。

インフルエンザには専用の薬があるので、早めに検査を受けてインフルエンザかどうか知りたいものです。

今回はインフルエンザの検査を受けるべき症状とタイミングについて調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

どんな症状が出たら検査を受ければいいの?

image00

インフルエンザの症状は風邪の症状ともよく似ています。

では、どんな症状が出たら検査を受ければいいのでしょうか?

ポイントは三つあります。

①38度を超える高熱

②熱からくる寒気・悪寒

③頭痛、関節痛、筋肉痛などの全身の痛みの症状

症状が急激に起こるのがインフルエンザの特徴です。

とくに熱は、発熱してから一気に38度以上になります。

以上の症状が急激に起こったら、インフルエンザの検査を受けるようにしましょう。
 

SPONSORED LINK

 
また、インフルエンザの予防接種を受けていると、熱が38度を超えないこともあります。

そういったときは、ポイントの②と③の全身症状がいつもの風邪と違う場合、検査を受けてください。

インフルエンザについて、症状や治療・予防法などを紹介している動画です。

ぜひチェックしてみてください。

 

「やさしく学ぶ-耳・鼻・のどの病気 インフルエンザ」

 

症状が出たらいつ検査すればいいの?

前述した症状が出たから検査を受けたら陰性だった。

なのに熱が下がらない……心配になってもう一度検査してみたら陽性だった!

そんなことも多く起こるのがインフルエンザです。

発症からすぐに検査をしても反応は出にくいのでしょうか?

結論から言えばイエスです。

インフルエンザの検査は、発熱などの症状が出てから12時間以上経たないと陽性反応が出ません。

しかし、抗インフルエンザウイルス薬は発症から48時間以内に飲まないと効果がないと言われています。

薬を効果的に服用するため、発症から12時間~48時間以内に検査を受けるようにしましょう。

発症から1日後に検査を受けることを目安にしてください。

インフルエンザを治すには早めの受診が重要であると説明されている動画です。

予防接種や予防法についても詳しく説明されています。

 

「東静岡耳鼻科 インタビュー インフルエンザについて」

 

早めの治療が効果的なら、潜伏期間の間に検査してインフルエンザか知ることができたら……と考えますね。

発症する前の検査については以下の記事を参考にしてみてください。

 

【参考記事】
インフルエンザ潜伏期間は何日ぐらいか、潜伏期間に検査はできるの?

 

インフルエンザの検査ってどんなもの?

image01

病院で検査といえば子供が嫌がるものです。

子供に余計な恐怖心を与えないためにも、インフルエンザの検査がいったいどんなものか、事前に知っておきたいですね。

インフルエンザの検査はとても簡単です。

細い綿棒で、鼻の奥や喉の奥をこするだけなのです。

こうすることでインフルエンザウイルスに感染しているかどうか調べられます。

鼻や喉の奥にぐっと綿棒を入れられるので少し痛みを感じることもあります。

診察室でこの検査を受けたら、あとは結果が出るまで15分ほど待つだけです。

負担がとても少なく、簡単にできる検査と言えます。

 

SPONSORED LINK

 

インフルエンザにはA型、B型、C型などの種類がありますが、A型とB型はこの方法で検査することができます。

C型には現在検査キットがなく、特殊な検査でしか診断ができません。

しかしC型は流行することも稀であり、重症化することもほとんどないので、今回紹介した検査を受ければ十分です。

後は医師の判断に従いましょう。

インフルエンザはその型や年齢によってさまざまな症状を引き起こします。

それぞれどんな症状が出るのか?

なにに注意したらよいのか?

以下の記事で詳しく紹介しています。

 

【参考記事】
インフルエンザの症状まとめ~型・時期・年齢別の特徴と注意点

 

インフルエンザは、必ず一定の療養期間を必要とします。

早めに症状を緩和するためにも、検査を受け、48時間以内に抗ウイルス薬を摂取するようにしましょう。

関連記事

花粉症に効くお茶まとめ。価格・味、結局どれなら続く?

鼻がムズムズ、目がかゆくなる花粉症は本当につらいですよね。日本人の約25%は花粉症の症状を感じている

記事を読む

効果的な鼻うがいの方法、花粉症&風邪対策

鼻うがいとは、最近、ドラッグストアや薬局などで、ポスターやポップなども見かけるようになってきた、鼻を

記事を読む

花粉症に効くハーブティーがあった!対策は古代からの知恵がいっぱい

古代エジプトやギリシャ、中国では香料として様々なハーブが使われていました。  

記事を読む

熱中症の症状と対策☆頭痛と吐き気、これって熱中症?

室内にいるから大丈夫、と安心できないのが「熱中症」 室内でもちゃんとした予防対策をとっていない

記事を読む

お腹のダイエット方法を教えて!今日から始めるお手軽ダイエット

最近お腹がぽっこりしてきた… そんなあなた! その脂肪は大丈夫? 体脂肪のうち、内

記事を読む

頭皮のかさぶた、かゆみが治まるシャンプーを教えて!

こんにちは、ライターのちこです。 『頭がかゆいなぁ~と思い触ったらかさぶたができていた』 『

記事を読む

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんもしておくべき?授乳中のママは?

インフルエンザは熱が高くなり、風邪とは違ってとてもつらいものです。 それがまだちいさい赤ちゃん

記事を読む

アロマで対策、もう花粉症で落ち込まない!癒し効果でメンタルケアも

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・・・毎年、この季節になると、どよ~んと気分が落ち込みがちになりますよね。

記事を読む

目の周りが赤いのはアレルギー?考えられる原因と対処法

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、目の周りが赤くなってしまったことはありませんか?

記事を読む

足の指が痛い、腫れと痛みの原因は?

足の指に違和感を感じたり腫れや痛みがある時は、痛風の可能性が考えられます。 「風が吹いても痛い

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑