analytics.js
手続き

これで安心、初めての引越し、ガスの手続きを詳しく説明!

引越しが決まったら、いろいろな手続きが必要となります。

引越し日時が決まれば、

まずは引っ越し業者の見積もりや手配などが必要となりますが、

忘れてはいけないのが電気やガス、水道などのライフラインの手続きです。

 

今回は引っ越しの際に必要なガスの手続きについてまとめました。

 

 

引っ越しが決まったらいつまでに申し込めばいいの?申し込み方法は?

引越しの日時が決まり次第、連絡するようにしましょう。

 

最低でも引越しの1週間前には管轄のガス会社に手続きを行います。

 

申込みの方法は領収書に記載された連絡先に電話で手続きする方法と、

インターネットで手続きする方法があります。

 
image004

 
水道や電気と違い、ガス会社の人が立会いのもとガスの開栓作業を行うので、

連絡に不備があると引越し先でガスが使えないということにもなりますから、

忘れずに連絡するようにしましょう。

 

関連記事:これで安心、引越しの手続き電気、ガス、水道を詳しく説明

 

 

引っ越しの際のガスの手続きで必要なものは?

引越しによるガスの利用停止を申込みする際に必要な事項をまとめました。

 

・契約者・申込者の氏名

・使用番号

・ガスの使用を停止する住所

・電話番号

・建物の形態(マンション、戸建てなど)

・使用中止希望日

・新住所

・支払方法

 

使用番号は毎月の検針票または、領収書に記載されているので

連絡する際は用意しておくとスムーズに必要事項を伝えることができます。

 

 

引っ越しの当日はガスの閉栓や開栓に立会いが必要?

引越しの当日、ガスを止めてもらう場合の手続きをするときは

ガスメーターが室内にある場合は立会いが必要になります。

 

ガス会社から作業員が訪問するので立会いのもと閉栓を行い、

それまでの利用料金を精算します。

 

引越し先で新たにガスの使用を開始する場合は立会いが必要となります。

 

ガス会社の作業員が立会って、開栓し安全点検をしてもらう必要があるので、

引越しする際に立会いの日時を予約しておきます。

 

ガスにはプロパンガス、都市ガス、日本ガスなどいろいろな種類があり、

以前使っていた器具がそのまま使えない場合もあるため

事前に確認しておくとよいでしょう。

 

 

家にやってきたガス屋さんと微妙な空気に… / 新居生活2日目 朝

ガスの清算方法と支払方法は?

引っ越し当日までガスを利用するため、

前回の検針日から引っ越し当日までの料金を日割りで計算します。

 

基本料金についても日割り計算になり、

段階によって料金が変わる場合は利用料の段階の範囲を日割りで計算します。

 

支払方法は3つの方法から選択することができます。

 

・当日作業員による現地集金

・口座またはクレジットカードによる支払

・新住所へ請求書を送付

 

当日に引越し前に清算してもらい集金してもらう場合は、

事前に連絡しておく必要があります。

 

もともと口座引き落としやクレジットカードにて支払いを行っていた人は

清算後に口座またはクレジットカードでの支払いができるか確認しておくとよいでしょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です