クッキーの型を簡単手作り【材料別】牛乳パック・ペットボトル・アルミ板

もうすぐバレンタインの季節です。休日にクッキーを作ろうと思い立った、はいいものの…「クッキー作りたいけど、クッキー型がない!!!」と気づき、面倒くさくなって辞めてしまう…。

そんな経験、ありませんか?

実はクッキー型というものは生地を綺麗にくりぬければ良いわけで、普段家にあるような身近なモノで簡単に代用できてしまいます。

 

SPONSORED LINK

 

今回は、簡単にできるオリジナルのクッキー型の作り方を、代用する材料別にご紹介したいと思います♪ うまく作るコツやポイントも押さえますよ。

 

代用材料その1 牛乳パック

image06

牛乳は、冷蔵庫に常備されているご家庭が多いと思います。ですので、すぐに準備できるのが利点です。また素材的にも固すぎず柔らかすぎずで扱いやすく、クッキー型にするにはちょうどよいのがポイントですね。

手作りクッキー型の材料の王道とも言える材料です。さて、型を作るのに必要なモノはこちらです。

 

●準備物

・牛乳パック
一度洗剤で洗って、乾かしておいてください。

・はさみ

・カッター

・セロハンテープまたはホッチキス

・紙

 

●作り方

手順1
まず、紙に型の形を描きます。ハート、星、三角、猫、犬…お好きな形をどうぞ!

image08

 

手順2
牛乳パックを開き、幅2cmほどの帯を何本か切り出します。

image07

 

手順3
切り出した帯を、紙に描いた形になるように合わせていきます。

 

※ポイント
角ばった形にしたい場合や綺麗な曲線を作りたい場合は、内側にうっすらとカッターで切れ目を入れると、かなり綺麗に折り目を作ることができます。

 

手順4
端と端をセロハンテープまたはホッチキスで留めれば、完成です!

image10

ただしこの作り方の場合、使っているうちにどうしてもふにゃっと歪んでしまいます。

 

SPONSORED LINK

 

●もっと頑丈に作る方法

いちいち歪みを矯正するのが面倒だ!という方は、割り箸をご用意ください。

1:適度な長さで折った割り箸を2本クロスさせ、輪ゴムかセロハンテープでしっかり固定します。

2:牛乳パックで作ったクッキー型の片面に装着します。

3:型と割り箸をセロハンテープで固定すれば…これである程度強度がアップします♪

image09

 

もしくは、こちらの動画のように牛乳パックで型を囲うのもアリですね。枠を作ることで、強度アップになります。

 

「牛乳パックの型」

 

代用材料その2 ペットボトルなどプラスチック類

ペットボトルやプラスチック製の下敷き・クリアファイルなども、比較的手に入りやすい素材です。また、牛乳パックより固いのですぐにへこたれることもありませんね。準備するものと作り方は、牛乳パックとほぼ同様です。

 

●準備物

・ペットボトル、下敷きなど

・はさみ

・カッター

・セロハンテープまたはホッチキス

・定規・ボールペン

・紙

 

●作り方

コツ1
曲げるときに、カッターよりも定規やボールペンを使ってみてもよいかもしれません。

その方が切れてしまう心配がなく、綺麗に折り目をつけることができそうです。

 

コツ2
直線が多い形にするなら板状の下敷きなどを、曲線が多い形にするならペットボトルを使えば作りやすいと思います♪

 

代用材料その3 アルミ板

image00

アルミ缶でもいいです。アルミ板はいつでも家にある材料…とはいきませんが、100円ショップやホームセンターなどで簡単に手に入れることができる材料です。

アルミ板の良いところは、ほかの材料よりも丈夫なので型崩れしにくいところと、洗えば何度でも使えるので長持ちするところですね。

 

●準備物

・アルミ板
0.2~0.3㎜の厚さのものが扱いやすくてオススメです。

・はさみ

・カッター

・定規

・紙

・接着剤

・クリップ

・セロハンテープまたはマスキングテープ

 

●作り方

基本的な作り方は牛乳パックやプラスチックと同じで、紙に描いた形に合わせていくのですが、素材が固いので少しコツがいります。

コツ1
アルミ板をほどよい幅に切って使いますが、ギザギザに切ってしまうと手を切ったりして危ないので、なるべく丁寧に切ってください。

コツ2
きれいにカーブさせたい場合、鉛筆などを使うときれいにできます。

コツ3
きっちり折り曲げたい場合、定規を使えば楽にできます。

コツ4
最後は1㎝ほど重ねて接着剤をつけ、クリップで留めて乾くまで放置します。

コツ5
片側にセロハンテープやマスキングテープなどを貼れば、手を切る心配もありません。

 

ハート型を作るときは、こんな感じです。

 

「【作り方】オリジナルクッキー型」

 

工作マットがあると便利です♪

 

手作り型をオーダーメイドでネットで注文

image03

自分で作るのは面倒…という方は、通販で依頼するという手もあります。型抜き業者が個人向けに依頼を受けているものから、個人でブログなどから注文を受けているものまで様々あり、検索すると意外とたくさん見つかります。

STEP・L

下絵を送るだけで抜き型を作って送ってくれます。かなり本格的な抜き型になるので、お値段の平均は8,000~15,000円と少しお高めですが、世界に一つだけの型にこだわるならオススメです。

Mint green bird

もっとお手頃な値段で!という場合には、「Mint green bird」さんなら一個800円から依頼できます。素人には少し難しい人型やパンダ、鳥など、細かい部分まで丁寧に作ってくれます。

 

SPONSORED LINK

 

通販で買える☆手作り型用グッズ

ちなみに、100円ショップやホームセンターに行けば手に入る材料ばかりではありますが、外出するのがおっくうな方、できるだけ時短したい方のための、ネットでポチっとするだけで手に入る手作り用の材料はこちらです。

お家に牛乳パックもペットボトルもない…そんなときは、工作用のプラスチック板が売られていますのでご安心ください。小学校の頃、「プラ板」と呼んでいたアレですね。色を塗って、オーブンで温めてキーホルダーを作った思い出が蘇ります。

懐かしいですね♪

適度な薄さなので、使いやすいと思います。たくさん作れそうですね。

 

image02
【商品紹介:工作用透明プラ板 0.21mm厚B4サイズ

 

一方、アルミ板はこちら。

image05
【商品紹介:泰豊アルミ板 0.2×200×300

こちらも大量に作れそうですね♪お子さんと作るときは、くれぐれも手を切らないようにお気を付けください!

 

image04
【商品紹介:パーフェクトジェルグルー

耐水性があり、乾くと透明になるのでアルミ板の接着にオススメです。

 

クッキー型の作り方で形ごとにまとめた記事はこちら♪

 

【参考記事】
クッキーの型を簡単手作り☆シンプル・星・ハート可愛い型の作り方

 

初心者でも簡単に上手に作れる、シンプルな形でまとめています。星とハート型だけで作っても、ミックスすれば見た目がかなり豪華なクッキーができそうです。

また、とにかく安上がりに済ませたい方必見。100円ショップに売っているものだけで作る型の作り方をまとめた記事がこちらです。

 

【参考記事】
クッキーの型を簡単手作り☆100均グッズを使った作り方アイディア紹介

 

本当に、なんでも100円で買える時代ですね。もし失敗しても。100円ならあきらめもつきます(笑)。

 

いかがでしたか?ハートや星など、オーソドックスな形にするなら、わざとイビツな形に作って手作り感を出すのもいいなと思います。アルファベットの型を作れば名前クッキーもできますし、人の輪郭で型を作ってアイシングでデコレーションすればオリジナル似顔絵クッキーもできますね♪

子どもさんがいるご家庭なら、休日にみんなで作るのも楽しそうです。

関連記事

クッキーの型を簡単手作り☆100均グッズを使った作り方アイディア紹介

今年もバレンタインデーが近づいてきました。友達や会社の同僚など大人数に配るのなら、一度にたくさんでき

記事を読む

クッキーの型を簡単手作り☆シンプル・星・ハート可愛い型の作り方

小麦粉とバター・玉子・砂糖があれば簡単に作ることができるおやつ・・・と言えば何を思い浮かべますか?

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑