頭皮のニキビ痛い時どうする?早く治す方法紹介

こんにちは、ライターのちこです。

髪の毛で隠れているし、自分ではなかなか見ることができない頭皮。

知らず知らずのうちに、
『頭皮に大きなニキビができてしまった!』
『気づいたらかなり大きくなっていた』
『頭を掻いたら爪で引っ掻いてしまって痛かった』
なんて経験ありませんか?

そういう私も、ここ2か月くらい、治ったと思ったらぶり返す頭皮のニキビに頭を悩ませています。

そこで、自分できちんと治したくて原因や治療法などいろいろ調べてみました。 

頭皮のニキビ、その原因はさまざま。ニキビの原因を知り、早く治す方法、日常生活で改善すべきことをご紹介していきます!
 

SPONSORED LINK

 

頭皮のニキビ 治療法

頭皮は皮脂腺が多く、皮脂や角質、汚れが溜まることで毛穴にフタしてしまい、ニキビができてしまいます。毛穴がふさがれてしまうと、本来外に出ていくはずの皮脂が出られず次第に毛穴が膨張します。そして皮膚常在菌といわれる『アクネ菌』が大量に増殖し、炎症を起こしてしまうのです。

この『アクネ菌』は皮脂が大好物!皮脂をエサにして生きています。つまり頭皮のニキビを治すには毛穴の皮脂を取り除き、『アクネ菌』を抑え、増殖させないことが重要です!治療法としては、『皮膚科に行く』『頭皮ニキビ専用美容液を使う』、この2つが効果的な方法です。
 

①皮膚科の治療
外用薬のステロイド剤や内服薬の抗ヒスタミン剤を処方される場合やレーザーによって治療する場合があります。レーザー治療はとても効果的ではありますが、何回か施術を受けなくてはならず、費用も高額になってしまいます。どうしても治らないという時の最終手段ですね。
 

②頭皮ニキビ専用美容液
頭皮のアクネ菌を抑えてくれる「イソプロピルメチルフェール」を配合している美容液です。皮膚科でレーザー治療をするよりは安いですが、これも金額が高いです。
 

どちらも高額のお金がかかってしまいます。軽い症状であれば、なるべくお金をかけずに治したいですよね。
 

SPONSORED LINK

 

頭皮のニキビは潰しても大丈夫?

頭皮のニキビ、どうしても気になって手で触りたくなりますよね。触っているうちについ爪で引っ掻いてしまい潰れたり、無理に脂肪を出そうとして潰してしまったりしてませんか?

1

「ニキビを潰して脂肪を出せば早く治る」と思い、やってしまっている人もいるかもしれませんが、それをすると手についている菌によって炎症を起こし、さらに悪化させる危険性もあります。ですので、絶対にニキビを潰してはいけません!ニキビが出来てしまったら手で触らず、まずは頭皮を清潔な状態に保つことが大事です。
 

頭皮の痛み「ニキビ」、ストレスが原因?

頭皮のニキビは、ストレスも原因とされています。ストレスを溜めすぎたことで、「ホルモンバランスが乱れる」「女性ホルモンの分泌が減少し、男性ホルモンが過剰に分泌する」ことにより、皮脂を過剰に分泌させてしまうからです。

2

この他にもこちらのような原因が考えられます。

・不規則不摂生・暴飲暴食・ビタミン不足による「生活習慣・食習慣の乱れ」
・間違ったシャンプーの仕方「洗いすぎ」「洗い方」「洗い残し」
・界面活性剤や強い洗浄成分を含んだシャンプーの使用
・紫外線による刺激やドライヤーの当てすぎによる頭皮の乾燥
・ヘアカラーのやりすきやスタイリング剤のつけすぎ

 

頭皮のニキビを改善するには?

3

① 生活習慣・食生活を見直す
規則正しい生活を送ることを心がける。栄養バランスの整った食事にし、食べ過ぎ飲みすぎに注意する。特にビタミンA、B群、ビタミンC、Eを含む栄養素を効率よく摂取することで、ニキビが出来にくい体質になっていきます。
 

② シャンプー選びと正しい洗い方  
界面活性剤の入っていないアミノ酸系シャンプーなど、頭皮に刺激を与えないシャンプーを選びましょう!爪を立ててゴシゴシ洗ってしまうと頭皮を傷つけてしまう恐れがあるので、指の腹を使って洗います。洗い残しも原因の一つですので、念入りにお湯で洗い流します。

洗い過ぎることで必要以上に頭皮の皮脂を取ってしまうと頭皮が乾燥し、過剰に皮脂を分泌してしまうこともありますので、1日に何回も洗わないようにしましょう!こちらの動画では理容師さんが、正しいシャンプーの仕方を紹介しています。
 

【シャンプーの仕方を理容師がお伝えします】
 

 

泡を地肌につけながら優しく洗うことがポイントです。
 

③ ストレスを溜めすぎない
ストレス発散のためといって、暴飲暴食は逆効果!適度に運動したり、友人と楽しく会話したり、大声で笑ってみたり、ヨガやストレッチなどで筋肉の収縮をほぐし血行を良くしたり、ストレス発散できる趣味を持つのはいいですね。また、質の良い睡眠をとることも大事です。

私は歌うことが大好きなので、「ストレスが溜まってきてるなぁ」と感じたら、気が済むまで歌ってます(笑)ストレス解消法は人それぞれですが、心も体もリラックスできるような方法を見つけましょう!
 

④ 頭皮に刺激を与えない
屋外では、紫外線から頭皮を守るために、『帽子をかぶる』『日傘をさす』『なるべく日陰を歩く』などの対策をしましょう!ただし帽子はムレたり汗をかいたりしてしまい、そのままの状態にするのはかえって良くないですので、日陰では帽子をとって風通しを良くするなど上手く調整してくださいね。

ブラッシングを止めて手ぐしで髪をとかす、ヘアカラーやスタイリング剤の使用を一旦止める、ドライヤーは頭皮から離して使い、同じ場所に長時間当てないようにして乾燥するのを防ぎましょう!私は美容室に行くと、ブローの時に美容師さんがどんな風にドライヤーを使っているのか?じーっと見ています。

正しいドライヤーの当て方、乾かし方を観察してプロの技を盗んでみるのもいいかもしれません。また、毎日使う枕も菌が増殖されている可能性がありますので、カバーを清潔にしておくことも大事です。タオルなどを巻いて、毎日交換するといいですね。
 

SPONSORED LINK

 

まとめ

①頭皮のニキビ、治療法
頭皮のニキビは、皮脂や角質、汚れが溜まることで毛穴にフタしてしまうことが原因です。治すには、アクネ菌を抑え、増殖させないことが重要です。皮膚科で、外用薬のステロイド剤や内服薬の抗ヒスタミン剤を処方してもらうかレーザー治療が効果的です。『頭皮ニキビ専用美容液』で治す方法もあります。

②頭皮のニキビ潰しても大丈夫?
頭皮のニキビは絶対に潰してはいけません。潰してしまうと痛みが出ることもあります。手についている菌によって炎症を起こし、さらに悪化させる危険性もあります。出来てしまったら、手で触らず頭皮を清潔な状態に保つことが大事です。

③頭皮の痛み「ニキビ」ストレスが原因?
頭皮のニキビは、毛穴に皮脂が溜まること以外に、ストレスも原因とされています。ストレスを溜めすぎたことで、ホルモンバランスが乱れることが原因です。このほかにも「生活習慣・食習慣の乱れ」「間違ったシャンプーの仕方」「紫外線やドライヤーなどによる刺激」「スタイリング剤などの使い過ぎ」も原因になります。

④頭皮のニキビを改善するには?
生活習慣・食生活を見直し、規則正しく栄養バランスの取れた食事をしましょう。シャンプーの選び方や洗い方に注意し、頭皮を乾燥や刺激から守ることが大事です。ストレスを溜めず、心も体もリラックスさせましょう。

どうしても治らないという場合やニキビが大きくなりすぎた時は、皮膚科へ行ってしっかり治療しましょう!一度治っても再発することも多いということですので、日頃から注意したいですね。またいろいろ調べていたところ、「頭皮環境の悪化は『薄毛』や『抜け毛』に直結することが多い」と言われていることもわかりました。

私自身、短期間にヘアカラーやブリーチしたことで、頭皮がカサカサになり抜け毛がひどくなったことがありました。ヘアカラーやブリーチをする時には、できるだけ頭皮につかないようにするなど、注意することも必要ですね。これから夏本番!頭皮を清潔にし、規則正しい生活と食生活で、頭皮のニキビを予防しましょう!

関連記事

花粉症対策は日々の食べ物から、毎日続けるってこんなに大切!

スギ・ヒノキ花粉がピークを迎えるといわれるのは3月から5月ですが、春から秋にかけてもブタクサやカラム

記事を読む

効果的な鼻うがいの方法、花粉症&風邪対策

鼻うがいとは、最近、ドラッグストアや薬局などで、ポスターやポップなども見かけるようになってきた、鼻を

記事を読む

インフルエンザ予防接種の最適接種時期と効果の続く期間

インフルエンザ、心配ですよね。特に、子供さんを保育園や幼稚園に預けていると、集団で感染することもしば

記事を読む

花粉症にこんなのどう?口コミの対策はニッチな需要が急増中

花粉症の人には、とっても嫌な季節がやってきましたね。 テレビやインターネットで花粉症の情報が飛

記事を読む

熱中症の症状と対策☆頭痛と吐き気、これって熱中症?

室内にいるから大丈夫、と安心できないのが「熱中症」 室内でもちゃんとした予防対策をとっていない

記事を読む

花粉症対策まとめました!必ず見つかるあなたにピッタリの撃退法

もはや国民病とも言える領域に達した花粉症。これほどまでに他人と共感できる苦しみが他にあるでしょうか?

記事を読む

インフルエンザの予防接種による副作用と 注意すべき8つのポイント

インフルエンザの予防接種を受けていれば、 ・インフルエンザにかかりにくなる ・かかっても重篤

記事を読む

お腹のダイエット方法を教えて!今日から始めるお手軽ダイエット

最近お腹がぽっこりしてきた… そんなあなた! その脂肪は大丈夫? 体脂肪のうち、内

記事を読む

花粉症対策、レーザー治療はどこまで日本のビジネスマンを守れるか

「鼻水をどうにかしたい。」これは花粉症に悩むビジネスマンにとって、切なる願いです。特に営業職などでは

記事を読む

花粉症に効くお茶まとめ。価格・味、結局どれなら続く?

鼻がムズムズ、目がかゆくなる花粉症は本当につらいですよね。日本人の約25%は花粉症の症状を感じている

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑