インフルエンザ予防接種の最適接種時期と効果の続く期間

インフルエンザ、心配ですよね。特に、子供さんを保育園や幼稚園に預けていると、集団で感染することもしばしば。

それから、家族全員で感染というケースも多いはず。

厚生労働省では予防策として、流行前の予防接種を推奨しています。

ここでは、インフルエンザ予防接種の効果的な受け方をお伝えします。

 

SPONSORED LINK

 

予防接種の最適接種時期は?

image00

毎年、12月下旬~3月上旬が、インフルエンザ流行のピークと言われています。

 

子供の場合
生後6か月以上で13歳未満の子供は、2回ずつ接種します。

2回の接種で、はじめて重症化を予防するのに必要な免疫ができる為です。

ワクチンの効果が2週間後から現れる事から、小さい子供さんの場合は、以下のタイムテーブルがおススメです。

 

予防接種タイムテーブル
11月上旬 ワクチン接種 1回目

       

     4週間あける

       

11月下旬 ワクチン接種 2回目

       

     2週間待つ

       

12月中旬 ワクチン接種の効果を
      発揮

ただ子供の場合は計画を立てていても、予期せぬ病気で思い通りにいかないこともよくあります。

そんな時も慌てないために、こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

【参考記事】
インフルエンザ予防接種~子供はいつ2回目を打つのがいい?

 

大人の場合
13歳以上の年齢になると、1回の接種で効果がみられることがほとんどです。

予防接種に回数制限はありませんので、基礎疾患をお持ちの方や心配な方は、医師と相談されて、2回打つことももちろん可能です。

ワクチンの効果が現れるのは、子供の場合と一緒で2週間後からで、1ヵ月後くらいに頂点に達します。

ですので、11月中旬ないし下旬に接種して、ピークに備えたいですね。

 

SPONSORED LINK

 

受付開始期間はいつから?

10月に入るとすぐに、インフルエンザ予防接種を開始する病院が増えます。

病院によって開始時期がちがうことや、接種待ちで1時間という場合、ワクチンが不足している時のことを考えると、スムーズに接種するために先に病院へ予約や確認をいれておく方がいいですね。

 

image01

 

予防接種の有効期間

インフルエンザ予防接種の有効期間は、5か月程度と言われています。

上記のタイムテーブルで接種すると、ピークを乗り切り、初夏くらいまでは効果がみられるという事ですね。
 

SPONSORED LINK

 

また、「去年も受けたのに、今年も予防接種は必要なの?」と疑問に思われている方は、この動画をご覧ください。

医師が丁寧に解説してくれています。

 

「インフルエンザワクチンの予防接種は毎年した方がいいですか?」

 

ここで一つ注意しておきたいのは、予防接種を受けても、インフルエンザにかかる可能性があるという点です。

ある研究で得られた結果は、インフルエンザワクチンを受けていないグループと受けたグループでは、ワクチンを受けたグループの方が、インフルエンザにかかった人数が30~50%少ないという数値の差でした。

下記の動画は、予防接種した人・してない人の違いが面白く書かれています。

 

「新宿駅前クリニック内科 マンガでわかるインフルエンザ予防接種」

 

つまり、予防接種は、絶対かからない事を約束するものではなく、免疫をつけて症状を軽くするというものであるという事ですね。

その他、料金や注意点など、予防接種のあれこれはこちらに詳しくのっています。

 

【参考記事】
インフルエンザ予防接種まとめ~料金・効果・注意点~ポイント解説

 

予防接種も大事ですが、日常生活でも、外出後のうがい・手洗い、咳が出るときのマスク着用、湿度を保つ、充分な睡眠とバランスの良い食事などに気をつけて、免疫力を高めておきましょうね。

関連記事

頭皮の脂を抑える方法☆おすすめシャンプーと洗い方

こんにちは、ライターのなみです。 脂っぽい頭に悩んだことはありませんか?何だか髪がべとつく、変

記事を読む

花粉対策と眠気はセットじゃない!薬は今、こんなにも使いやすい

花粉症を患っている社会人の方は、鼻炎薬を服用したいけれど、眠くなるのが難点だとは思っていませんか?け

記事を読む

インフルエンザの症状まとめ~型・時期・年齢別の特徴と注意点

医学は進歩した、と言いますが… 毎年ニュースで「流行の季節がやってきました」と言われるのがイン

記事を読む

インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?

インフルエンザの予防接種を受けることは、少し前であれば当たり前のことでした。 けれど最近では、

記事を読む

頭皮のニキビ痛い時どうする?早く治す方法紹介

こんにちは、ライターのちこです。 髪の毛で隠れているし、自分ではなかなか見ることができない頭皮

記事を読む

花粉症対策には注射が有効?待望の舌下免疫療法も保険適用スタート!

シーズン中は寝ても覚めてもうっとうしい花粉症。毎年ぬるい対策を続けるのはまっぴら、ここらで一発決着を

記事を読む

顔のほてりの原因は?冷え性で手足が冷たいのはどうして?

運動したわけでもないのに急に顔が熱くなったりすること、ありませんか? 顔だけがほてって熱くなる

記事を読む

夏バテの症状別対策☆食欲不振と倦怠感の解消法を教えて!

暑い日が続くと疲れが取れなくなったりやる気が出なくなったりしてひょっとしたら夏バテ?と感じることがあ

記事を読む

花粉症対策は開始時期が肝心!今すぐ始められることは何?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉(抗原)が原因で起こるアレルギー疾患です。  

記事を読む

風邪で喉が腫れた!扁桃腺とリンパ腺の違いは?他の病気の疑いは?

体が弱っているときに現れる喉の腫れ。圧迫感や痛みがあって本当に辛いですよね。病院で診てもらえれば確実

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑