インフルエンザ予防接種の最適接種時期と効果の続く期間

インフルエンザ、心配ですよね。特に、子供さんを保育園や幼稚園に預けていると、集団で感染することもしばしば。

それから、家族全員で感染というケースも多いはず。

厚生労働省では予防策として、流行前の予防接種を推奨しています。

ここでは、インフルエンザ予防接種の効果的な受け方をお伝えします。

 

SPONSORED LINK

 

予防接種の最適接種時期は?

image00

毎年、12月下旬~3月上旬が、インフルエンザ流行のピークと言われています。

 

子供の場合
生後6か月以上で13歳未満の子供は、2回ずつ接種します。

2回の接種で、はじめて重症化を予防するのに必要な免疫ができる為です。

ワクチンの効果が2週間後から現れる事から、小さい子供さんの場合は、以下のタイムテーブルがおススメです。

 

予防接種タイムテーブル
11月上旬 ワクチン接種 1回目

       

     4週間あける

       

11月下旬 ワクチン接種 2回目

       

     2週間待つ

       

12月中旬 ワクチン接種の効果を
      発揮

ただ子供の場合は計画を立てていても、予期せぬ病気で思い通りにいかないこともよくあります。

そんな時も慌てないために、こちらの記事もあわせてご覧ください。

 

【参考記事】
インフルエンザ予防接種~子供はいつ2回目を打つのがいい?

 

大人の場合
13歳以上の年齢になると、1回の接種で効果がみられることがほとんどです。

予防接種に回数制限はありませんので、基礎疾患をお持ちの方や心配な方は、医師と相談されて、2回打つことももちろん可能です。

ワクチンの効果が現れるのは、子供の場合と一緒で2週間後からで、1ヵ月後くらいに頂点に達します。

ですので、11月中旬ないし下旬に接種して、ピークに備えたいですね。

 

SPONSORED LINK

 

受付開始期間はいつから?

10月に入るとすぐに、インフルエンザ予防接種を開始する病院が増えます。

病院によって開始時期がちがうことや、接種待ちで1時間という場合、ワクチンが不足している時のことを考えると、スムーズに接種するために先に病院へ予約や確認をいれておく方がいいですね。

 

image01

 

予防接種の有効期間

インフルエンザ予防接種の有効期間は、5か月程度と言われています。

上記のタイムテーブルで接種すると、ピークを乗り切り、初夏くらいまでは効果がみられるという事ですね。
 

SPONSORED LINK

 

また、「去年も受けたのに、今年も予防接種は必要なの?」と疑問に思われている方は、この動画をご覧ください。

医師が丁寧に解説してくれています。

 

「インフルエンザワクチンの予防接種は毎年した方がいいですか?」

 

ここで一つ注意しておきたいのは、予防接種を受けても、インフルエンザにかかる可能性があるという点です。

ある研究で得られた結果は、インフルエンザワクチンを受けていないグループと受けたグループでは、ワクチンを受けたグループの方が、インフルエンザにかかった人数が30~50%少ないという数値の差でした。

下記の動画は、予防接種した人・してない人の違いが面白く書かれています。

 

「新宿駅前クリニック内科 マンガでわかるインフルエンザ予防接種」

 

つまり、予防接種は、絶対かからない事を約束するものではなく、免疫をつけて症状を軽くするというものであるという事ですね。

その他、料金や注意点など、予防接種のあれこれはこちらに詳しくのっています。

 

【参考記事】
インフルエンザ予防接種まとめ~料金・効果・注意点~ポイント解説

 

予防接種も大事ですが、日常生活でも、外出後のうがい・手洗い、咳が出るときのマスク着用、湿度を保つ、充分な睡眠とバランスの良い食事などに気をつけて、免疫力を高めておきましょうね。

関連記事

胸のしこり・痛みの原因は乳腺炎?痛い時どうすればいい?

こんにちは。ライターの榎本です。 胸のしこりというと、乳がんを思いうかべてしまいますが、乳がん

記事を読む

花粉症に効く!?対策グッズはこんなに優秀!今年は気分のあがる春

もうすぐイヤーな花粉の季節がやってきます。花粉症対策は万全ですか? 花粉症対策といえばマスクや

記事を読む

花粉症対策は開始時期が肝心!今すぐ始められることは何?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉(抗原)が原因で起こるアレルギー疾患です。 毎年、ある時期

記事を読む

花粉症対策にはマスクが一番!毎日気分よく使える、おすすめはこれ!

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻・口から侵入することによりアレルギー反応を起こして発症します

記事を読む

妊娠中の風邪や熱、正しい対処法は? 妊婦さんが注意するべき5つの点

女性にとって、一番健康に気をつかうのは妊娠している時です。 お腹の中の赤ちゃんが元気に産まれて

記事を読む

風邪、喉の痛みと熱はいつ治る?気になる症状と対処法

風邪を引いて喉が痛い、熱っぽいという時、「何日か様子を見てみよう」という人が多いのではないでしょうか

記事を読む

頭皮のかさぶた、かゆみが治まるシャンプーを教えて!

こんにちは、ライターのちこです。 『頭がかゆいなぁ~と思い触ったらかさぶたができていた』 『

記事を読む

毎日ヨーグルトで花粉症対策、免疫力アップでお腹の中から強くなる!

花粉症に良いと話題のヨーグルト、なぜ効果があるのでしょうか? ヨーグルトには、たくさんの乳酸菌

記事を読む

女性の抜け毛に効くシャンプーは?原因と効果的な対策を紹介

こんにちは、ライターのちこです。 年齢とともに『髪の毛にボリュームがなくなった』「最近、抜け毛

記事を読む

マーガリンとバターの違いは何?健康にいいのはどっち?

マーガリンとバター 料理やお菓子作りの時、あなたはどちらを使いますか? そもそも、この2

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキ

京都祇園祭2017日程とイベントスケジュール!

ライターのyuzuharuです。 全国各地で開催されるお祭りは、

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたこ

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バ

お悔やみメールの書き方と文例、訃報に対する返信の注意点

こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族

→もっと見る

PAGE TOP ↑