七五三の着物、女の子と男の子の着付け方

七五三(しちごさん)とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の行事で、年齢ごとにそれぞれの儀を行います。

 

kitsuke01

3歳では、江戸時代に髪を剃る習慣があったため、それを終了して髪を伸ばし始めるという「髪置(かみおき)の儀」5歳では男の子が初めて袴をつける「袴儀(はかまぎ)」7歳では、それまでの紐付きの着物から、本仕立ての着物と丸帯という大人と同じ帯を結び始める「帯解(おびとき)の儀」という儀式を行います。

それでは、ここからそれぞれの年齢ごとの着物の着付け方を紹介していきたいと思います。

 

SPONSORED LINK

 

七五三の着付け方 男の子

kitsuke02

●必要なもの●

着物・羽織・袴・帯・長襦袢・肌着・足袋・腰紐・補正用タオル・末広・懐剣・羽織紐・草履

 

男の子の場合、肌襦袢の代わりに、首が大きく開いたタンクトップかU首の半袖肌着を着せるのが良いです。

 

羽二重(はぶたえ)の五つ紋付熨斗目模様、また、色紋付の長着とそろいの羽織を合わせます。

袴は黒・紺・茶の無地か、のし目模様のある羽織、仙台平の派手な稿柄。

草履は、のし模様など華やかな色柄を選ぶ場合もありますが、畳表ものが主流です。

 

やんちゃ盛りの男の子ですので、嬉しさのあまり興奮を抑えきれず走り回る可能性が大きいです。

 

着崩れしない様(でも、苦しくないよう)がっちり着付けてあげましょう。

 

☆七五三着付け 男の子編☆

 

七五三の着付け方 3歳の女の子

kitsuke03

●必要なもの●

着物・お被布・長襦袢・肌着・足袋・腰紐・補正用タオル・草履

 

3歳では、帯は結ばず、晴れ着に兵児帯(へこおび)を結んで、被布(ひふ)と言われる袖なしの上着をはおるのが一般的です。

☆七五三着付け 3歳女の子編☆

最近は、お宮参りの時の祝い着を仕立て直す場合も多いようです。

ヘアアレンジも、リボンや花簪の髪飾りをつけて可愛らしくしましょう。

履物は畳表の甲堀(こっぽり)や金襴地張りの腰高の草履などが主流ですが、なにしろ、ついこの前歩き始め、走り始めたばかりのかわいい盛りの女の子。

 

草履での行動はかなり厳しいものがありますので、お宮参り等行かれる際は、必ず履きなれた靴を準備してくださいね。

もちろん、動きやすいお着替えも忘れずに。

 

SPONSORED LINK

 

七五三の着付け方 7歳の女の子

kitsuke04

●必要なもの●

着物・帯・帯揚げ・帯締め・しごき・長襦袢・肌着・足袋・腰紐・帯板・
補正用タオル・帯枕(ハンドタオル)・はこせこ・末広・(必要であれば襟芯)・
草履・バック(巾着)

7歳になると、一気に大人顔負けのお姉さんになります。

ヘアアレンジも一段と大人らしくなります。

☆七五三着付け 7歳女の子編☆

 

着物は、体に合わせて、肩上げ、おはしょりや腰あげをした友禅模様の絵羽つけや総柄の友禅模様を用意しましょう。

丸帯をしっかりと結び、帯締めは、綿織りなどの丸ぐけか紅白の組みひもが良いですね。

草履は畳表のぽっくり(木履)か布製のものが良いでしょう。

手には大人っぽくバックをさげるか、可愛らしく巾着を下げても良いでしょう。

7歳とはいえ、子どもです。お手洗いに行くときの方法も教えてあげておいた方が良いですよ。

 

SPONSORED LINK

 

七五三は、子どもが無事に成長したことをお祝いする大切な行事です。

男の子も女の子も、これから先長い一生のうちに今だけしか経験できないイベントです。

親御さんにとっても、今しか見ることのできないわが子の成長の瞬間です。

kitsuke05

可愛らしい着物・凛々しい着物・大人っぽい着物を着付けてあげて、豪華なお祝いをしてあげたいのが、親の希望ですよね。

主役である子どもの心に残る記念日になるような、素敵な思い出を作ってあげてください。

関連記事

東京丸の内クリスマスイルミネーション2016☆期間と混雑状況は?

こんにちは。ライターの榎本です。 秋を過ぎればあっという間にクリスマス! ロマンチックな

記事を読む

東京お台場クリスマスイルミネーション2016!期間と混雑状況は?

こんにちは。ライターの榎本です。 クリスマスシーズンになると様々な場所で開催されるイルミネーシ

記事を読む

バレンタインに手作りカードを贈ろう!簡単な作り方・アイディア紹介

間近に迫ってきたバレンタイン。 もう準備は万端でしょうか? チョコレートやプレゼントを大

記事を読む

小学校の卒業式、子どもたちが思いを馳せる歌、歌詞付き厳選7曲

卒業式が近づくと、テレビでも特集が組まれ、泣ける歌や卒業式で歌いたい曲がピックアップされます。けれど

記事を読む

おせち料理の由来は? 食材の意味をまとめました。

欧米の食文化が一般的となった現代でも、 お正月には日本の伝統を重んじるおせち料理が欠かせません

記事を読む

東京の絶景初日の出!高尾山☆混雑状況とおすすめビュースポット

来年の初日の出はどこで見るかまだ決めていない方、高尾山はどうですか? 実は高尾山は日本一の富士

記事を読む

入園準備に名前シールは買うべき?無料で手に入れる3つの手段

そろそろ来春の入園準備が気になる季節がやってきましたね! 入園準備と言えば欠かせないもののひと

記事を読む

UGGで選ぶお気に入りムートンブーツ☆特徴とサイズの選び方☆

可愛くて歩きやすいムートンブーツですが有名ブランドからファストファッションまで 多くの種類があ

記事を読む

ハロウィン仮装の猫メイク☆簡単にできる本格的メイクの仕方

秋のお楽しみと言えば、ハロウィンパーティーですね。 一昔前までは定番じゃなかったけれど、今じゃ

記事を読む

敬老の日のプレゼントに贈る花☆定番の花、ふさわしい花は何?

敬老の日のプレゼントの定番といえばお花。 普段なかなか花を送ることなんてない、という人であれば

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

苗場スキー場おすすめスクールはどこ?子供と一緒に学んで滑ろう!

こんにちは。ライターのnya-coです。 寒くなってくると、ウイ

千葉成田のNARITA花火大会in印旛沼‼穴場スポットと開催時間

こんにちは、ライターの川口です。 花火大会は夏だけのものだと思っ

上尾花火祭り穴場スポット「あげお花火まつり」を100%楽しめる場所!

ライターの市(いち)です。 私は埼玉県に住んで5年ちょっとになる

花巻「光と音のページェント」花火会場に近い、周辺駐車場を教えて!

ライターの市(いち)です。 あなたは、宮沢賢治作品の中で、何を知

花火大会でメッセージ花火を打ち上げよう!心に残るメッセージ例

ライターの市(いち)です。 年々、猛暑日の日数が増え、暑さのあま

→もっと見る

PAGE TOP ↑