コンビニ

簡単!コンビニでスキャン!PDFの作り方、写真スキャン方法

こんにちは。ライターの榎本です。

みなさんはお家にスキャナーをお持ちですか?

最近は家庭用のプリンターにスキャナーも備わっていてコピーなんかもできる複合機が普及していますよね。

我が家にも複合機があって年に1回くらい活躍するのですが、家庭用のものってA4サイズまでしか出来ないのが悩みの種です。

というのも、B5サイズの本を見開きでスキャンしたい時があるのです。

そんな時・・・私はセブンイレブンへ走ります。

コンビニのマルチコピー機ってすごいもので、見事にスキャンすることができるんです。

スキャンしたデータをスマホに直接保存することもできるようです。

今回は便利なコンビニでのスキャンについてご紹介します。
 

コンビニのマルチコピー機でPDFを作れる!

コンビニのマルチコピー機で書類をスキャンして、PDFファイルとしてメディアに保存することができます。

全国各地のコンビニにあるマルチコピー機ですが、メーカーで分けると2種類しかありません。

セブンイレブンのものは富士ゼロックス製で、ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスなどその他のコンビニの多くはシャープ製です。

シャープ製のものは各コンビニでタッチパネルの表示などが多少違うものの、仕様はほぼ同じですので、この2種類のマルチコピー機についてそれぞれまとめました。

富士ゼロックス製(セブンイレブン)

セブンイレブンのマルチコピー機では、スキャンしたデータをUSBまたはスマホに保存することができます。

スマホに保存するには、あらかじめ無料アプリ「マルチコピー」をダウンロードしておく必要があります。

セブン−イレブン マルチコピー  iPhone用ダウンロードはこちらから

セブンイレブンマルチコピー android用ダウンロードはこちらから

・対応サイズ
L、はがき、B5~A3・料金
1枚30円・保存できるファイル形式
PDF、JPEG(カラーのみ)、XPS、XDW、TIFF・その他
カラー/白黒の設定ができます。

 

スキャンする際には手順がガイドされるので初めてでも簡単にできますが、下記でスキャンの流れをご紹介します。

<やり方>
※スマホに保存する場合はマルチコピーアプリのダウンロードを!

1 セブンイレブン店内のマルチコピー機のタッチパネルで、「スキャン」をタッチする。

2 スキャンデータの保存先を、USBかスマホどちらか選んでタッチする。

・USBに保存する場合
画面の指示に従ってUSBメモリをセットする。
・スマホに保存する場合
使用する端末をiPhone/iPadまたはandroidから選ぶ。スマホのアプリを開いて、スキャンをタッチして容量を確認する。

3 マルチコピー機で、読み取りサイズ・カラー・ファイルの保存形式を選ぶ。

4 読み取りたい面を下向きにして原稿を機械にセットし、プレビューを確認してからスタート(保存)ボタン押す。複数枚スキャンする場合はここで続けてスキャンします。

5 (スマホに保存する場合)
スマホを確認し、Wi-Fiの「711_MultiCopy」を選ぶ。接続できたら、アプリを開いて「スキャン一覧」から「接続」する。表示された接続番号をマルチコピー機に入力する。

6 代金を入れて、保存。
現金またはnanacoで支払いできます。

 

スマホのアプリで、保存結果を確認しましょう。

シャープ製(ローソン・ファミリーマート・サークルKサンクスなど)

シャープ製マルチコピー機ではスキャンしたデータはUSBのみに保存することができます。

・対応サイズ
L、2L、B5~A3・料金
1枚30円
・保存できるファイル形式
PDF、JPEG(カラーのみ)
・その他
カラー/白黒の設定ができます。
下地を消去することができます。

 

<やり方>

1 マルチコピー機のタッチパネルから「スキャンサービス」を選択する。

2 メディア挿入口にUSBメモリーを挿入する。

3 カラーモード・ファイル保存形式・画質・原稿の大きさを設定する。

4 スキャンしたい面を下向きに、原稿をセットして「原稿読み込み」をタッチする。スキャンした原稿を取り忘れないよう、注意してください。

USBに保存する場合は十分な空き容量のあるものを使いましょう。指示があるまでUSBは抜かないでください。

写真のスキャン、PDFとJPEGどっちがいい?

コンビニのマルチコピー機では紙媒体のものはほぼなんでもスキャンしてデータにすることができます。

保存ファイル形式はよく使われるものはPDFとJPEGですが、それぞれどのような場合に適しているのでしょうか?

PDFは文書向けです。テキスト情報の他、フォントや画像などを含むレイアウトを再現し、紙に印刷するのと同じプレビューのような状態でイメージを保存します。

また複数枚でも1つのファイルに保存することができます。

JPEGは画像向けです。デジカメなどで撮影したサイズの大きい画像でも、見た目の質をあまり落とさずに圧縮することができます。

JPEGはカラーかグレースケールにしか対応していません。1枚の画像を1つのファイルに保存します。

image002

スキャンしたデータはどうやって持っていくの?

コンビニのマルチコピー機でスキャンしたデータは、先ほどご紹介した通り、USBやスマホに保存することが可能です。

データ化した書類や写真は、USBやスマホといった小さなメディアに入れて持ち歩け、パソコンを通してSDやCDなど他のメディアに移すこともできます。

また、メールに添付するなどデジタルな扱いができとても便利です。

フリーメールでは添付できるファイルの容量はだいたい25MBまでですが、メールでデータとして添付する場合、ビジネスマナー上は2MBくらいまでが適切とされています。

あまりに大きなデータだと受信に時間がかかったり、受信できなかったりします。モバイル端末で受信するケースも増えているので、その場合先方に負担をかけてしまう恐れがあります。メールに添付する時にはファイルのサイズも少し気にしておくと良いでしょう。

まとめ

●コンビニのマルチコピー機でPDFを作れる!
コンビニのマルチコピー機で書類や写真などをスキャンし、PDFやJPEGのデータとしてUSBに保存できます。料金はどこのコンビニでもだいたい1枚30円です。富士ゼロックス製とシャープ製、それぞれのマルチコピー機の特徴をおさらいします。☆富士ゼロックス製(セブンイレブン)
・USBの他、スマホに保存可能。
・スマホに保存する場合は「マルチコピー」アプリをダウンロードする。
・PDF、JPEG(カラーのみ)の他、XPS、XDW、TIFFを保存可能。
・用紙サイズはL、はがき、B5~A3
・nanacoで支払いできる。☆シャープ製(その他のコンビニ)
・用紙サイズはL、2L、B5~A3
・下地を消去することができる。

 

●写真のスキャン、PDFとJPEGどっちがいい?
結論はJPEGです。PDFとJPEGについて簡単にまとめます。・PDFは文書向け。
テキスト情報の他、フォントや画像などを含むレイアウトを再現し、紙に印刷するのと同じプレビューのような状態でイメージを保存します。複数枚を1つのファイルに保存。・JPEGは画像向け。
サイズの大きい画像でも、画質をあまり落とさずに圧縮できる。JPEGはカラーかグレースケールのみ。1枚の画像を1つのファイルに保存。

 

●スキャンしたデータはどうやって持っていくの?
コンビニでスキャンしたデータはUSB・スマホに保存できる。その後、メールに添付したり、別のメディアにコピーや移動することができる。メールに添付する場合は2MB程度までがマナー。

よく耳にする「PDF」とか「JPEG」でしたが、こんな違いがあったんですね。コンビニの簡単スキャンで資料をデータ化できるなんて便利です。例えば論文などをプリントせずにデータで提出する場合、本に載っている図や資料を引用したい時に本をコンビニに持って行ってスキャンすれば、データとして論文に載せることができるわけです。

仕事などでも出先で書類を送りたい時などにも活躍します。我が家のように年に何度も使わないプリンターや複合機を持つよりも、必要な時だけ近所のコンビニのマルチコピー機を使う方が、スマートかもしれません。

 

合わせて読みたい
>>>わかりやすく説明!コンビニコピー機の使い方、両面のやり方

>>>簡単!コンビニでiPhoneの写真をプリント、分割、拡大方法

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です