マーガリンが危険な理由、販売禁止にならないのはなぜ?

マーガリンが体に悪い、ってニュース、耳にしたことはありませんか?

それってカロリーが高いから?

スーパーで普通に売られているのに、なぜ?

そんな疑問を解消するため、ここではマーガリンの成分やカロリー、体に与える影響について解説します。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリンがどうして危険と言われるのか、その理由

マーガリンの原料は植物油です。

植物油は常温では液体なため、水素添加という化学処理で固体に加工されます。

そしてその過程でトランス脂肪酸という人工化合物が生成されるのです。

このトランス脂肪酸を摂りすぎると、高血圧や動脈硬化などの心疾患につながることがわかっています。

それが、マーガリンが危険と言われている理由です。

では、マーガリンに含まれるトランス脂肪酸のがどれくらいなのか?

気になるところですよね。

 

 
こちらの記事で、詳しく解説しています。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリン、どうして販売禁止にならないの?

アメリカやデンマークなどは、マーガリンなどの食品に含まれるトランス脂肪酸の量を規制しています。

輸入品を扱うスーパーなどで、パッケージに「Trans Fat Free」や「No Trans Fat」と書かれている商品を見かけたことはありませんか?

これは、トランス脂肪酸に制限のある国で「トランス脂肪酸がゼロ」ということを表示した商品です。

欧米諸国では、脂肪分の摂りすぎなどから、肥満や心疾患の症状になる人が多く、その結果トランス脂肪酸の摂取、またはトランス脂肪酸を含む食品の制限を厳しくしました。

しかし、日本では、欧米とは食生活が異なっていることなどを理由に、こういった規制はされていません。

そのため、マーガリンや、トランス脂肪酸を含む商品が販売禁止にならないのです。

でも、本当にそうでしょうか?

献立の洋食化やファストフードの広がりなどで、現代の日本人の食生活も欧米化していると言えるでしょう。

つまり、トランス脂肪酸の摂取量も増えてきているのが実状です。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリンの代わりにバターを使う?

トランス脂肪酸が体に悪いことがわかれば、次はいかに摂取しないようにするかが気になるところです。

トーストに塗るなら、マーガリンよりバターの方がいいのでしょうか?

それについてはこちらの記事をお読みください。

 

 

トランス脂肪酸を含む食品としては、マーガリン以外にもスナック菓子や菓子パンなどがあげられます。

また、以外と知られていないトランス脂肪酸を含むものに、揚げ油があります。

ファストフード店やスーパーやコンビニの惣菜などの揚げ油として使われている、ショートニングは、トランス脂肪酸を多く含んでいます。

そして、その油を高温で加熱するたびに、トランス脂肪酸が増えていきます。

つまり、使いまわしの「揚げ油」こそが、最も危険な食品と言っても過言ではなさそうです。

 

【「マーガリン」「ショートニング」「ファットスプレッド」危険な油、トランス脂肪酸って何?|管理栄養士高橋 敦子先生が解説 schoo(スクー)】

 
最近は、家畜の飼料の高騰や、天候不順などから、乳牛の乳量が極端に減っています。

その結果、バターが品薄となり、家庭でマーガリンを使う機会が増えているかもしれません。

そんな時は、できるだけトランス脂肪酸の摂取量を抑える努力が必要です。

こちらの記事ではマーガリンにかわるトーストのお手軽トッピングについて紹介しています。

 

 

いかがでしたか?

ただ、「マーガリンが危険!」というだけでなく、私たちが口にしている食品に含まれるトランス脂肪酸に気をつけることが重要です。

普段から、成分表を見て食品を購入している方も多いと思いますが、植物油やショートニングにはトランス脂肪酸が含まれている、という正しい知識を身に着けることが必要です。

毎日の食事があなたの体を作っています。

日頃から気を付けたいものですね。

健康の第一歩は正しい食生活から!

関連記事

頭皮のニキビ痛い時どうする?早く治す方法紹介

こんにちは、ライターのちこです。 髪の毛で隠れているし、自分ではなかなか見ることができない頭皮

記事を読む

花粉症に効くお茶まとめ。価格・味、結局どれなら続く?

鼻がムズムズ、目がかゆくなる花粉症は本当につらいですよね。日本人の約25%は花粉症の症状を感じている

記事を読む

夏バテの症状別対策☆食欲不振と倦怠感の解消法を教えて!

暑い日が続くと疲れが取れなくなったりやる気が出なくなったりしてひょっとしたら夏バテ?と感じることがあ

記事を読む

花粉症対策、レーザー治療はどこまで日本のビジネスマンを守れるか

「鼻水をどうにかしたい。」これは花粉症に悩むビジネスマンにとって、切なる願いです。特に営業職などでは

記事を読む

子供の熱が下がらないのは風邪と違う病気?判断のめやすと対処法

子供が熱を出すと心配・・・ 親は、皆そんなものですよね。 熱がひかないと、悪い方向にばか

記事を読む

目の周りが赤いのはアレルギー?考えられる原因と対処法

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、目の周りが赤くなってしまったことはありませんか?

記事を読む

子どもの口臭が気になる時、考えられる原因と効果的対策

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、ふと子どもの口臭をかいでみたら臭かった…なんてこ

記事を読む

風邪で熱があっても、お風呂はOK?汗をかいたら早く治るって本当?

風邪をひいてしまい熱がある時お風呂はどうしてますか? 仕事上、なかなか休むことが出来ない場合は

記事を読む

花粉対策と眠気はセットじゃない!薬は今、こんなにも使いやすい

花粉症を患っている社会人の方は、鼻炎薬を服用したいけれど、眠くなるのが難点だとは思っていませんか?け

記事を読む

花粉症にルイボスティ、対策の王道はやっぱり誰もが好きな味!

花粉が飛ぶ時期は本当につらいですね。花粉症対策は早めに行うのが重要ですが、薬を服用すると眠くなるので

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

抱っこ紐ケープは夏でも必要?用途ごとの代用品を紹介

こんにちは!ライターのバービーです。 最近の抱っこ紐は進化をして

抱っこ紐で使うバッグはリュックがいい?最適のバッグを教えて

こんにちは、ライターのMayoです。 赤ちゃんとのお出かけは楽し

簡単!抱っこ紐用の防寒ケープを手作り、作り方を詳しく説明

こんにちは、ライターの長谷川です。 お母さんの胸の中で優しいぬく

抱っこ紐で使うおすすめのカバン紹介!おしゃれで使いやすい

ライターのMichelleです。 赤ちゃん連れのお母さんは、荷物

抱っこ紐の選び方、新生児におすすめはこれ!スリングと比較

こんにちは、ライターのMayoです。 抱っこ紐、たくさん種類があ

→もっと見る

PAGE TOP ↑