子供の熱が下がらないのは風邪と違う病気?判断のめやすと対処法

子供がを出すと心配・・・

親は、皆そんなものですよね。

熱がひかないと、悪い方向にばかり考えて余計な不安が生じます。

ここではなぜ子供の熱は大人と違うのか、不安定な発熱はどのように判断すればよいのか、詳しく調べてみました。

 

SPONSORED LINK

 

熱がぶり返すのは何かの病気?

image00

そもそも、なぜ「発熱」するのでしょうか?

それは、免疫機能が働いて体の熱を上げ、体内に入った菌やウイルスを高温にして弱らせる為です。

年齢につれて免疫力も上がってきますが、乳児・幼児はまだ免疫力が未熟なため、ウイルスや細菌をなかなか最後まで弱らせることができません。

「もう戦いは終わったかな?いや、まだウイルスは残ってる。よし、また戦うぞ!」という感じです。

ですので、体の熱が上がったり下がったりするのは、乳幼児が引く風邪の普通の特徴ですが、大人の目からは「ぶり返している」という風に見えるのです。

ただ、それは子供本人の機嫌がよく、熱以外に目立った症状がない場合です。

熱が4日以上続いたり、どんどん高熱になったり、熱以外の症状がみられる場合は、次章の病気が考えられます。

その場合は、すみやかに病院へ行くことをオススメします。

 

SPONSORED LINK

 

熱が下がらない時、可能性のある病気

●RSウイルス

RSウイルスによる乳幼児の代表的な呼吸器感染症です。

毎年、冬~春に流行します。

感染力が非常に強く、乳児のほぼ100%が2歳までに感染し、その後も再感染を繰り返しますが、徐々に免疫がつき症状が軽くなっていきます。

心肺に基礎疾患がある小児は重症化しやすいとされます。

通常は数日01週間で治ります。

RSウイルスについて、病院が患者さんに向けてわかりやすくまとめた動画です。

 

「RSウイルス感染症をご存知ですか? 大和徳洲会病院」

 

原因

RSウイルス

 

潜伏期間

感染してから症状があらわれるまでの潜伏期間は2~8日。

一般的には4~6日。

 

症状の現れ方

・乾いた咳

・鼻水が数日間続く

・38℃台の発熱(39℃以上の高熱はまれ)

通常の風邪のような症状で済む場合が多いですが、3割の患者に「ゼーゼーする」「眠れない」などの症状が現れ、場合によっては細気管支炎・肺炎を引き起こします。

さらには、生後1ヶ月未満児の場合、突然死に至る無呼吸発作にも繋がる可能性もあります。

 

治療法

特効薬はありません。

症状をやわらげる治療(対処療法)が中心です。

発熱すれば冷却や解熱剤を飲ませたり、痰がひどければ、去痰薬を用いたりします。

どんな症状でも、こまめな水分補給は特に重要です。

 

感染期間

ウイルス排泄期間は7~21日

期間が長いため、感染が広がりやすいです。

手洗い・うがい・マスク着用、また子供が触ったものを消毒する等と感染予防に努めましょう。

 

受診科

小児科

 

●アデノウイルス

別名プール熱です。

38℃~40℃の高熱が急に出て、昼は下がり・夜は上がるという場合が多いです。

目にくる場合、喉にくる場合、お腹にくる場合と様々な症状があります。

詳しくは、下記サイトをご覧ください。

 

【参考記事】
風邪からくる喉の痛みはいつまで?他の病気の可能性と対処法

 

夕方になると熱が出るのはなぜ?

image02

結論から言うと、はっきり分かっていません。

ただ、2つ考えられる理由はあります。

1つ目は、もともと子供は夜の方が体温は高めということ。

乳幼児は、0.5度くらい1日のうちに熱の上下があるため、夕方になったら「熱が高くなった」と感じるという事です。

2つ目は、疲れや、朝と夜では交感神経・副交感神経のスイッチが切り替わる関係で、感染したウイルスや細菌の勢いが弱い時に、夜にだけ熱を出すという事です。

ウイルスや細菌の勢いが強い時は、昼夜を問わず熱が出ます。

 

SPONSORED LINK

 

家での過ごし方

一昔前は、「お風呂に入ってはだめ」言われていましたが、現在は変わってきています。

積極的に「入りなさい」と勧めるわけではないですが、「だめ」という見方ではないようです。

自分の経験でもそうですが、お風呂は気分転換になりますよね。

下記のサイトに、風邪のときの子供の入浴の注意点が詳しく載っています。

 

【参考記事】
風邪で熱があっても、お風呂はOK?汗をかいたら早く治るって本当?

 

また、こちらのサイトでは、大人から子供まで様々な「熱」についての情報が載っていますので、参考にして下さい。

 

【参考記事】
風邪による熱の対処法まとめ※つらい症状から抜け出すための対処法

 

image01

子供は自分の症状を説明できない分、周りの大人は注意して観察する必要があります。

そのためには、慌てず落ち着いて対処するための知識が大切です。

これらの記事を参考にして頂いて、つらい症状を少しでも早く解消してあげてくださいね。

関連記事

花粉症にこんなのどう?口コミの対策はニッチな需要が急増中

花粉症の人には、とっても嫌な季節がやってきましたね。 テレビやインターネットで花粉症の情報が飛

記事を読む

熱の風邪にはこの薬!薬局で買える薬、熱を下げるのにおすすめは?

「風邪くらいでは、仕事は休めない!」 仕事はそうそう休めるもんじゃない。 特に、責任のあ

記事を読む

インフルエンザの初期症状と発熱までの期間

インフルエンザの流行時期、体調が悪くなると、風邪なのかインフルエンザなのか気になりますね。 イ

記事を読む

頭皮のかさぶた、かゆみが治まるシャンプーを教えて!

こんにちは、ライターのちこです。 『頭がかゆいなぁ~と思い触ったらかさぶたができていた』 『

記事を読む

花粉症にルイボスティ、対策の王道はやっぱり誰もが好きな味!

花粉が飛ぶ時期は本当につらいですね。花粉症対策は早めに行うのが重要ですが、薬を服用すると眠くなるので

記事を読む

インフルエンザの予防接種まとめ ~料金・効果・注意点~ポイント解説

毎年10月になるとインフルエンザの話題がちらほらと聞こえてきます。 インフルエンザ予防接種を受

記事を読む

乳腺症と乳がんの違いは?乳腺症の痛みと対処法

こんにちは、ライターのちこです。 ここ数年、芸能人など著名人で「乳がん」を発症し、手術や治療を

記事を読む

目の花粉症対策、メガネでかゆみ軽減?普通のメガネも効果あり?

目がかゆい・・・涙が止まらない・・・ こんな花粉症の症状が出る時は、外出を控えると良いですよ!

記事を読む

花粉症対策は開始時期が肝心!今すぐ始められることは何?

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉(抗原)が原因で起こるアレルギー疾患です。 毎年、ある時期

記事を読む

インフルエンザの症状まとめ~型・時期・年齢別の特徴と注意点

医学は進歩した、と言いますが… 毎年ニュースで「流行の季節がやってきました」と言われるのがイン

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

赤ちゃんが喜ぶ簡単手作り知育玩具の作り方5選

こんにちは!ライターのnya-coです。 赤ちゃんがおもちゃで楽

肉や魚の冷凍保存期間はいつまで?保存期間をのばすコツ

こんにちは。ライターのReilaiです。 毎日食事を作るために冷

バレンタインに簡単かわいい手作りアイシングクッキーを贈ろう

こんにちは。ライターのsaochiです。 もうすぐバレンタインで

女性の厄年の年齢は何歳?厄除けで身に付けるといい物は何?

こんにちは。ライターのnya-coです。 古くからの日本の風習で

失敗しない新入社員の挨拶例文!歓迎会でウケるには?

こんにちは。ライターのReilaiです。 新社会人の皆さん、ご就

→もっと見る

PAGE TOP ↑