頭皮の脂を抑える方法☆おすすめシャンプーと洗い方

こんにちは、ライターのなみです。

脂っぽい頭に悩んだことはありませんか?何だか髪がべとつく、変なにおいがする…

かくいう私もかなりの汗っかき体質。気がつくと頭は汗でべっとりし、かゆくなることもあります。

けれどシャンプーで思いっきり洗うと、なぜかさらにかゆくなることが…。

そこでこの記事では、頭皮の脂の過剰分泌を防ぐ方法、頭皮の脂が増える原因、頭皮に優しいシャンプーと正しい髪の洗い方について紹介します。
 

SPONSORED LINK

 

頭皮の脂を抑える方法

頭皮の脂はたまると酸化し、臭いの原因となります。脂が出すぎないように抑えるには以下の方法が有効です。
 

(1)食事に気を付ける
皮脂を減らすためにまず大切なことは、体内に脂肪分を増やさないことです。肉や甘いものはどうしても脂肪になりやすいです。しかし髪や皮膚もたんぱく質からできているので、できるだけ大豆などの植物性たんぱく質を中心に摂り、脂ものや甘いものは避けるようにしましょう。
 

(2)生活習慣を見直す
乱れた生活習慣は肌の生まれ変わりを阻害し、皮脂の過剰分泌を招きます。

①良質な睡眠をとる
頭皮の生まれ変わりは夜寝ている間に起こります。寝る前にはテレビや携帯を見ないなど、刺激を避けてから眠るようにしましょう。

②ストレスをため込みすぎない
ストレスをため込むことは体に負荷をかけてしまいます。自分の好きなことをする・ぐっすりと眠る等適度にストレスを発散し、体に負荷をかけないよう心掛けます。
 

(3)適度な運動をする
適度な運動はホルモンバランスを整え、皮脂の分泌を正常に戻すことにつながります。また血流も良くなり、脂肪の燃焼にもつながります。適度な運動はストレスの発散にもつながるので、体の調子を整える為にもぜひ無理のない範囲で運動を行いましょう。
 

(4)髪の洗い方に気をつける
頭皮を十分に洗えていないと、毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまい、皮膚の生まれ変わりがうまくいかなくなってしまいます。かといって頭皮を洗いすぎると本来必要な皮脂も落としてしまい、皮脂の過剰な分泌を招いてしまいます。なるべく刺激を与えないよう、丁寧に洗いましょう。

髪の洗い方については、記事の後半部分でしっかりとお伝えします。皮脂がたまる前に除去する方法について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。
 


 

シャンプー前の頭皮マッサージが効果的!ということは、知りませんでした。さっそく、実践してみたい方法ですね。
 

SPONSORED LINK

 

頭皮の脂が過剰に増える原因

(1)体内の脂肪が多い 
普段の食生活で揚げ物や肉類といった脂っこいものや、糖質と脂質の高い甘いものをよく食べていると、脂肪が体内に蓄積されていきます。体はなんとか余分な脂肪を外に出そうとするため、皮脂が多く分泌されるようになります。
 

(2)肌の生まれ変わり機能の低下
皮脂が毛穴に詰まった状態・運動不足による血行障害・ストレス・偏った食事・睡眠不足など、様々な要因により皮膚の生まれ変わりがうまくいかなくなることがあります。すると頭皮を守ろうと皮脂が過剰に分泌されるようになります。
 

(3)頭皮の乾燥
暖房や空気の乾燥などにより表皮が乾燥すると、表皮の一番外側である角質層が剥がれ落ち、頭皮を守るバリアが失われてしまいます。するとなんとか頭皮を守ろうと毛穴から分泌される皮脂の量が増えます。
 

(4)洗浄力の強いシャンプーでの洗いすぎ
価格が安く、どこにでも売られている石油・アルコール系シャンプーは洗浄力がとても強く、本来必要な皮脂まで落としてしまいます。すると必要な皮脂量になんとか戻そうと皮脂が大量に分泌されます。
 

(5)脂漏性皮膚炎
皮脂が多く分泌される頭皮・顔・わきの下・太ももの裏などで発症する皮膚炎で、生まれて間もない赤ちゃんと思春期以降の成人に多い病です。症状としてはかゆみ・赤み・皮膚のかさつき・皮膚がはがれるといったことが挙げられ、頭皮で発症した場合はフケ症と似たような感じになります。

赤ちゃんの場合は毛穴が未発達のため起こるのですが、成人の場合は皮脂が多くなるとマラセチアというカビが大量に繁殖、マラセチアが発する代謝物によって炎症を起こすことが原因となっています。また、ストレス・ビタミンBの不足・生活習慣の乱れなども原因の一つと考えられます。

脂漏性皮膚炎の場合、重症化・慢性化する恐れがあります。皮膚科でしっかりと治療を行いましょう。

頭皮の脂の重要性

べとつくし酸化すると変なにおいを放つ皮脂ですが、実は皮脂は頭皮にとって欠かせないものとなっています。
 

①保湿効果
皮脂膜が頭皮の細胞内に含まれている水分を蒸発しないよう保護しています。
 

②殺菌作用
皮脂膜は皮脂と汗が混ざって、弱酸性の状態になっています。弱酸性の状態だと細菌は繁殖しにくくなり、頭皮を守ってくれます。
 

③頭皮を滑らかにする
油はもののすべりを滑らかにしてくれます。髪や頭皮にある程度脂があることで、髪や頭皮に艶やかさと滑らかさを与えてくれます。
 

④ほこりや紫外線から皮膚を守る
頭皮は日中、ほこりや紫外線にさらされます。皮脂膜があることにより頭皮に直接ほこりや紫外線といった刺激が頭皮まで届かないようになっています。
 

このように、ある程度の皮脂は頭皮を守るために重要なものです。
 

頭皮の脂に効くシャンプー紹介

(1)頭皮の脂に効くシャンプーの選び方
①洗浄力の弱いものを選ぶ

シャンプーは大きく3つに分けられます。

・石油・アルコール系
・石鹸系
・アミノ酸系

このうち安価で比較的店頭でもよく見かけるのは「石油・アルコール系」のシャンプーですが、洗浄力が強く本来必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。洗浄力はやや劣るものの、人の肌に近い「アミノ酸系」のシャンプーで丁寧に洗うようにしましょう。
 

②有効成分が含まれているものを選ぶ
石油系合成界面活性剤が含まれているものはできるだけ避け、植物由来の油・エキス・馬油といった有効成分が含まれたものを選びましょう。ただし、体に合わないものを使うと炎症を起こしてしまうので、かならずパッチテストを行ってから使い始めるようにしましょう。
 

(2)おすすめのシャンプー紹介
① 無添加シャンプー

image002

【商品紹介:カウブランド 無添加シャンプーポンプ 550ml

 
着色料・香料・防腐剤・品質安定剤が含まれていない植物性アミノ酸系シャンプーです。余計なものが入っていないので、頭皮や髪にやさしいつくりとなっています。
 

② カルプケアもできるシャンプー

image004

【商品紹介:バイタリズム スカルプケア シャンプー ノンシリコン for MEN 350ml

 
皮膚科の先生監修のもと作られたシャンプーで、頭皮ケアに有効な新成分「ピロミジロール」が配合されています。石油系界面活性剤・合成着色料も使われておらず、ブドウ糖由来のグルコシド系・アミノ酸系のシャンプーなので、安心して使えます。

頭皮の脂を防ぐ、髪の正しい洗い方

正しい洗髪方法を知ることで、頭皮の脂を抑えることができます。
 

①ブラッシング
髪を洗う前に髪の流れに沿って優しくブラッシングし、髪や頭皮についたホコリを落とします。このとき、ブラシはナイロン製だと静電気が起きやすいため、できるだけ動物の毛を使ったブラシを使用します。
 

②すすぎ
皮脂や汚れの多くは熱に弱く、高温になればなるほどよく落ちます。40℃以上のお湯だと洗浄力が強くなりすぎるので、必ず32~35℃程度のぬるま湯ですすぐようにしましょう。
 

③シャンプーをつける
シャンプーを手に取り、両手でしっかりと泡立ててから頭皮につけます。頭皮で直接シャンプーを泡立てようとすると刺激になってしまうためです。頭を洗う際は指の腹を使ってもむように洗います。事前にしっかりすすぎを行っていれば軽くマッサージをするように頭皮を洗うだけで汚れを落とすことができます。

image
 

④シャンプーを洗い流す
シャンプーが頭皮に残っていると刺激となってしまいます。必ず32~35℃のぬるま湯で、丁寧にシャンプーを洗い流します。
 

⑤髪を乾かす
髪は濡れている間が一番ダメージに弱いです。タオルで優しくおさえて水分を吸収し、ドライヤーをまんべんなく当ててしっかりと乾燥させます。髪の洗い方について、詳しくはこちらの動画をご覧ください。
 

【髪のお悩み一挙解決!ポイントをおさえるだけでこんなに変わる、正しい頭の洗い方 【カットスタジオルーズ】】
 

 

こちらの動画では主に最初のすすぎ~シャンプーをつけた洗い方について解説しています。髪は洗いすぎるとその分刺激を与えることになります。シャンプーを使ってしっかり洗うのは1日1回程度にしましょう。また頭皮は夜寝ている間が一番生まれ変わります。

シャンプーを使って洗うのは夜寝る前、1日の汚れを落とす時にしましょう。
 

SPONSORED LINK

 

まとめ

今回、この記事では以下のことについてご紹介しました。

・頭皮の脂を抑える方法
① 食事に気を付ける
② 生活習慣を見直す(良質な睡眠・ストレス発散)
③ 適度な運動
④ 髪の洗い方に気をつける

・頭皮の脂が過剰に増える原因
① 体内の脂肪が多い
② 肌の生まれ変わり機能の低下
③ 頭皮の乾燥
④ 洗いすぎ
⑤ 脂漏性皮膚炎

・頭皮の脂の重要性
(保湿効果・殺菌作用・頭皮を滑らかにする・ほこりや紫外線から皮膚を守る)

・頭皮の脂に効くシャンプー紹介
①頭皮の脂に効くシャンプーの選び方
(洗浄力の弱いものを選ぶ・有効成分が含まれたものを選ぶ)
②おすすめのシャンプー紹介
(無添加シャンプー・スカルプケア)

・正しい髪の洗い方
 (ブラッシング・すすぎ・シャンプー・髪をかわかす)

今まで私は少しでも頭皮の脂を落とそうと力強く洗っていました。しかし、それがかえって頭皮や髪にダメージを与えていたと知りました。まずは生活習慣を見直し、頭皮に優しい髪の洗い方を心掛けたいと思います。

関連記事

ノロウイルス感染症、潜伏期間ってどのくらい?症状は?感染期間は?

寒い季節になると免疫力が低下し、体調を壊しやすくなりますね。 11月頃から3月頃までインフルエ

記事を読む

アロマで対策、もう花粉症で落ち込まない!癒し効果でメンタルケアも

くしゃみ・鼻水・目のかゆみ・・・毎年、この季節になると、どよ~んと気分が落ち込みがちになりますよね。

記事を読む

息の臭いは病気のサイン?考えられる病気と口臭の原因

こんにちは、ライターのちこです。 人と話をしていて『この人、息が臭い』と感じた経験ありませんか

記事を読む

太もものダイエット方法を教えて!シーズン到来、無敵の足痩せ!

水着のシーズンがやってきました! 青い海、きれいなビーチで友達と 海水浴なんて最高ですね。

記事を読む

喉の風邪、治らない咳は別の病気のサイン?考えられる病気と対処法

なかなか治らない風邪の症状。 熱は無いはずなのに長引いてしまってつらい。 その症状には、

記事を読む

冷え取り靴下始めてみたけど、本当に効果ある?なし?

こんにちは、ライターのちこです。 『足が冷えて夜、なかなか眠れない』 『夏でも冷房で足が冷え

記事を読む

マーガリンが危険な理由、販売禁止にならないのはなぜ?

マーガリンが体に悪い、ってニュース、耳にしたことはありませんか? それってカロリーが高いから?

記事を読む

インフルエンザの検査を受けるべき症状とタイミング

インフルエンザは身近な病気ですが、その詳しい情報は意外と知らないことが多いです。 ひとに移って

記事を読む

風邪の熱、何度になったら病院へ行く? 受診前のセルフチェック項目

朝起きてなんだか体が熱くてだるい・・・ そう思って熱を計ると38度! 大人だと少しびっく

記事を読む

花粉症対策にはマスクが一番!毎日気分よく使える、おすすめはこれ!

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻・口から侵入することによりアレルギー反応を起こして発症します

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

小学生低学年におすすめ知育玩具、プレゼントにも最適!男子向け、女子向けを紹介

こんにちは、ライターの六花です。 誕生日やクリスマス、頑張った時

おすすめ知育玩具レンタル!すぐ飽きる物を溢れさせたくないを解決

こんにちは、ライターのsaochiです。 突然ですが、子どものお

赤ちゃん(0歳)から幼児(1歳、2歳、3歳)の誕生日プレゼントにおすすめ知育玩具特集

こんにちは!ライターのchi93です。 兄弟や姉妹、友人に子ども

人気ブランドのレインブーツ10選メンズ用、おしゃれは足元から!

こんにちは、ライターの六花です。 梅雨時はもちろん、雨の日に外に

レインブーツレディース人気ブランドTOP10、今年の人気のおしゃれブランドはコレ!

こんにちは。ライターのReilaiです。 雨の日の外出ってなんだ

→もっと見る

PAGE TOP ↑