花粉症対策にはマスクが一番!毎日気分よく使える、おすすめはこれ!

花粉症は、スギやヒノキなどの花粉が目や鼻・口から侵入することによりアレルギー反応を起こして発症します。その花粉症の原因となるスギやヒノキの花粉の大きさは、およそ20μm~40μmです。

ということは、マスクの網目が花粉の大きさよりも小さければ、花粉は遮断できるということになります。

とはいっても、どんなマスクが良いのだろう?マスクをしたら化粧崩れも気になるし・・・という方に、おすすめのアイテムをご紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

花粉症になると、どうしてマスクをするの?メリットがあるの?

image002

まず花粉症の原因となる花粉を元から絶つことが一番重要です。

そこで、鼻や口から入ってくる花粉をシャットアウトするグッズが『マスク』なのです。花粉症対策にマスクを使用することにより、花粉症の方には症状の悪化を予防する効果もあります。マスクは花粉症に1番効果的な防護グッズというわけです。

最近のマスクは、花粉やウイルスなどの侵入を防ぐのはもちろんですが、特殊な静電フィルターにより、花粉・ウイルスを含む飛沫を強力吸着したり、逆に寄せ付けないようにする加工もされていますので、マスクをつけているのとそうでないのでは、症状が全く違うのは言うまでもありません。

 

 

人気のマスクの値段と効果を教えて!

 
◎ ピッタリッチ

何度も洗って、再利用できしかも、効果がおちないという優れもの

 

image003
[商品紹介:ピッタリッチ]

 

値段は普通のマスクに比べると若干お高めではありますが、100回洗って使うと考えるとそこまで高いものでもないと思います。

花粉だけでなく、様々なウイルスなどもシャットアウトできるので、花粉症に対する効果は期待『大』です。

 

◎ 超防御

粒子遮断効果試験で約0.1μmの粒子を99.7%以上遮断が認められたという高機能マスク。

 

image004
[商品紹介:超防御]

 

スギやヒノキの花粉の大きさが20~40㎛なので、完全に遮断できるということがお分かりになると思います。

こちらは、安価で繰り返し使えるタイプです。

 

ここでは、何度も繰り返し使えるタイプのものを紹介しましたが、使い捨てのタイプのものも多数あります。

1番大切な事は自分にぴったりフィットするマスクを付けることです。隙間があるとそこから花粉が侵入し、マスクを付けている意味が無くなってしまいます。
ぴったりフィットしているとマスクがずれることがなく、お化粧崩れも防げますよ。

 

SPONSORED LINK

 

徳用のマスクでも花粉をブロックできるの?

普通のマスクでも水で湿らせたガーゼを内側に挟み込むと、90%以上の花粉をシャットアウトできるといわれています。意外なことに、花粉を99%とらえ、しかも最も呼吸のしやすいマスクは2個100円の一番安価な使い捨てマスクという実験結果も出ているほど。

徳用だから、機能が落ちるのでは?高いマスクの方が効果があるのでは?と考えがちですが、徳用でも効果が期待できる加工が施されているものがほとんどです。また、サイズが豊富で枚数が沢山入っていますので、毎日使い捨てることで、清潔に使用することもできますよね。

 

image005
[商品紹介:サニーク 快適さわやかマスク レギュラーサイズ 60枚入]

 

メガネが曇らないマスクのつけ方

image006

なぜ、マスクをかけるとメガネが曇ってしまうのでしょうか?その原因は水蒸気です。急激な温度差などによりレンズの表面に小さな水滴が付くことで、メガネが曇ります。

では、どうすれば曇らないようになるのでしょうか?
 

SPONSORED LINK

 

マスクから出た空気(水蒸気)がメガネに入らないようにすれば、メガネが曇ることはありません。マスクを肌に密着させて隙間を作らないようにすることで、花粉も水蒸気もシャットアウトできます。

 

☆マスク使用時のメガネの曇り止め方法 超簡単な裏技 生活の知恵☆

最近は、便利グッズがどんどん開発されて、『メガネの曇り止めにおすすめのマスク』と謳ったマスクも店頭で販売しています。

 

image007
[商品紹介:次世代マスク サニーク快適ガードプロ]

 

このマスクは、鼻のところにクッションがついていて、ぴったり鼻に密着して口から出た息の水分がメガネのところまであがってこない構造になっていますので、殆ど曇りません。

また、花粉症用のメガネなら、花粉も蒸気もシャットアウト、マスクをしても曇りにくく、花粉ブロックも鉄壁です!

 

 

外からの花粉をシャットアウトしたなら、合わせて試してみたいのがこちら

 

 

花粉症の対策はマスクとダブルで、トリプルで!是非、一度お試しください。

関連記事

子供の熱が下がらないのは風邪と違う病気?判断のめやすと対処法

子供が熱を出すと心配・・・ 親は、皆そんなものですよね。 熱がひかないと、悪い方向にばか

記事を読む

夏風邪で熱が下がらない!子供の病気がうつったの?まさかデング熱?

夏風邪だと思っていたのに、なかなか治らない・・・ 原因がわからないと不安になりますよね。

記事を読む

乳腺症と乳がんの違いは?乳腺症の痛みと対処法

こんにちは、ライターのちこです。 ここ数年、芸能人など著名人で「乳がん」を発症し、手術や治療を

記事を読む

風邪からくる喉の痛みはいつまで?他の病気の可能性と対処法

喉が痛いから風邪だと思う。 でもなかなか症状が治まらない… こんな時は素直に病院へ行くこ

記事を読む

花粉症に効く!?対策グッズはこんなに優秀!今年は気分のあがる春

もうすぐイヤーな花粉の季節がやってきます。花粉症対策は万全ですか? 花粉症対策といえばマスクや

記事を読む

目の周りが赤いのはアレルギー?考えられる原因と対処法

こんにちは、ライターのなみです。 突然ですが、目の周りが赤くなってしまったことはありませんか?

記事を読む

インフルエンザの予防接種まとめ ~料金・効果・注意点~ポイント解説

毎年10月になるとインフルエンザの話題がちらほらと聞こえてきます。 インフルエンザ予防接種を受

記事を読む

桃の節句とはどういう意味なのですか?橘と桃の花、はまぐりの由来

日に日に強くなる太陽の光に、待ちわびた春の訪れを感じる3月。 桃の節句がやって来れば、もう春は

記事を読む

胸のしこり・痛みの原因は乳腺炎?痛い時どうすればいい?

こんにちは。ライターの榎本です。 胸のしこりというと、乳がんを思いうかべてしまいますが、乳がん

記事を読む

花粉症対策には注射が有効?待望の舌下免疫療法も保険適用スタート!

シーズン中は寝ても覚めてもうっとうしい花粉症。毎年ぬるい対策を続けるのはまっぴら、ここらで一発決着を

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

肉や魚の冷凍保存期間はいつまで?保存期間をのばすコツ

こんにちは。ライターのReilaiです。 毎日食事を作るために冷

バレンタインに簡単かわいい手作りアイシングクッキーを贈ろう

こんにちは。ライターのsaochiです。 もうすぐバレンタインで

女性の厄年の年齢は何歳?厄除けで身に付けるといい物は何?

こんにちは。ライターのnya-coです。 古くからの日本の風習で

失敗しない新入社員の挨拶例文!歓迎会でウケるには?

こんにちは。ライターのReilaiです。 新社会人の皆さん、ご就

ホワイトデー義理チョコのお返し相場は?おすすめランキングTOP5

こんにちは、ライターのnya-coです。 バレンタインで、職場の

→もっと見る

PAGE TOP ↑