マーガリンとバターの違いは何?健康にいいのはどっち?

マーガリンとバター

料理やお菓子作りの時、あなたはどちらを使いますか?

そもそも、この2つはどう違うのでしょうか。

 

SPONSORED LINK

 

知っているようで知らないマーガリンとバターの違いを解説します。

 

マーガリンとバターはどう違う?

image004

マーガリンとバターはどう違うのか、まずは原料から見てみましょう。

バターは、牛乳を原料に作られた乳製品です。

その特徴は濃厚な味とコク。

一方マーガリンは、植物性油脂に食品添加物を加えて作られた加工食品です。

バターが高価だった時代に代用品として作られたもので、風味とコクが軽いのが持ち味です。

また、マーガリンは油脂含有率が80%以上だとマーガリン、以下だとファットスプレッドと名前を変えます。

よく見かけるマーガリンは、このファットスプレッドがほとんど。

チョコレートや果物の味がついたものもファットスプレッドです。

私たち消費者のニーズに合わせて様々なバリエーションが生まれています。

では、マーガリンやバターはどのように作られているのでしょうか。

成分と栄養を見てみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリンとバター、どうやって作られるの?

image006

バターは、生乳と食塩だけで作られています。

無塩なら食塩も入りません。

作り方は・・・
生乳を遠心分離にかける→出てきた水分(バターミルク)と固形分を分ける→数回繰り返し→完成!

とても簡単ですね。

こちらの動画を見ると、意外にもバターがシンプルな材料からできていることがわかります。

手作りすることもできるんですね!

【バターの作り方~How to make butter~】

 
市販品はここに、生乳の殺菌・熟成・バターの練り合わせの工程が入ります。

マーガリンはどうでしょう?

主成分は植物油の大豆油やなたね油、パーム油など。そこに食塩、乳化剤、香料など食品添加物が加えられます。

液体の植物油がどうして固形になるのかというと、魚の油と同じ不飽和脂肪酸の分子に、水素を付加して固まらせています。

この工程でバターと似た状態になるわけですが…副産物としてトランス脂肪酸ができるのです。

近頃よく耳にしますよね。

トランス脂肪酸の健康への影響についての参考記事はこちら↓

 

【参考記事】
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸、どれくらい食べても大丈夫?

 

健康にいいのはどっち?栄養成分から比較!

バターは97~99%が消化吸収される、とても胃腸に優しい食品です。

また、吹き出物を防ぐビタミンA、肌を若く保つビタミンE、カルシウム吸収を助けるビタミンDなど、ビタミン類も豊富。

骨の成長に欠かせないカルシウム、カリウム、マグネシウムやミネラルも含んでいるので、育ち盛りのこどもにぴったりの食品です。

マーガリンでは、ビタミンA、ビタミンKが特に多く含まれています。

ビタミンKは骨を強くする効果があり、さらにカルシウムも含まれているので栄養面でバターに劣りません。

バター、マーガリンのカロリー比較について参考記事はこちら↓

 

【参考記事】
マーガリンのカロリーってどれくらい?いろいろな油のカロリーと比較!

 

マーガリンはバターの代わりになる?

image008

クッキーやケーキ、パンの場合、マーガリンはバターに比べて簡単に柔らかくなり、ホイップしやすいという利点があります。

この手軽さから、お菓子作りによく登場します。

風味はバターの方が良いものの、焼き上がりの食感に大きな違いはないようです。

洋菓子店では、コンパウンドを使うところもあります。

マーガリンとバターを混ぜたもので、焼き上がりが香ばしいという意見もあるようです。

 

SPONSORED LINK

 

料理にマーガリンは使える?

使うのに問題はありませんが、コクや深みを出したい料理には不向きかも知れません。

カロリーカットのため油脂分を減らしたタイプもあり、種類によっては料理に向きませんと書かれています。

好みもありますが、レシピにバターと表記があるときはバターを使って風味を出した方がよりおいしくできそうです。

コク・風味が軽いマーガリン、コクが深く・まったりとした風味のバターという特徴を生かして、用途に合わせて使い分けてくださいね。

マーガリンといえば健康被害について心配されていますが、バターもマーガリンも油脂の仲間なので健康のためにはとり過ぎに注意しましょう。

どうしてマーガリンが危険と言われているのか?

マーガリンの健康への影響について知りたい方は、こちらの参考記事で解説しています。↓

 

【参考記事】
マーガリンが危険な理由、販売禁止にならないのはなぜ?

 

マーガリンとバターはこんなに違うんですね。

料理やお菓子、使う場面で使い分けるのが上手な使い方と言えそうです。

ぜひ、毎日の食生活に役立ててください。

関連記事

インフルエンザの予防接種による副作用と 注意すべき8つのポイント

インフルエンザの予防接種を受けていれば、 ・インフルエンザにかかりにくなる ・かかっても重篤

記事を読む

インフルエンザの予防接種って本当に効果あるの?

インフルエンザの予防接種を受けることは、少し前であれば当たり前のことでした。 けれど最近では、

記事を読む

風邪による喉の症状まとめ※治らない痛みや咳、原因と治し方

私たちがかかるあらゆる病気のなかで、最も身近と言える風邪。簡単にかかってしまうわりに、なかなか治らな

記事を読む

インフルエンザ予防接種~子供はいつ2回目を打つのがいい?

毎年10月下旬頃から病院で目にするようになるのが「インフルエンザ予防接種の案内」です。 今年も

記事を読む

風邪による喉の違和感が治らない!考えられる病気と対処法を教えて!

風邪は誰もがひいてしまう身近な病気です。 喉の違和感だけなら、放っておけば治ると思っているひと

記事を読む

インフルエンザa型・b型・c型の症状の違いを教えて!

インフルエンザの流行が気になる時期が近づいてきました。予防対策はバッチリでしょうか? うがい・

記事を読む

熱と寒気の風邪はこうして治す!症状を和らげるための3つの方法

風邪をひいたときのつらい症状のひとつと言えば熱による寒気。 布団に入れば暑いし、布団から出れば

記事を読む

インフルエンザ潜伏期間は何日ぐらいか、潜伏期間に検査はできるの?

今年もインフルエンザの流行の季節がやってきました。 インフルエンザは11月下旬から12月初旬こ

記事を読む

妊娠中の風邪や熱、正しい対処法は? 妊婦さんが注意するべき5つの点

女性にとって、一番健康に気をつかうのは妊娠している時です。 お腹の中の赤ちゃんが元気に産まれて

記事を読む

花粉症対策、レーザー治療はどこまで日本のビジネスマンを守れるか

「鼻水をどうにかしたい。」これは花粉症に悩むビジネスマンにとって、切なる願いです。特に営業職などでは

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

千葉成田のNARITA花火大会in印旛沼‼穴場スポットと開催時間

こんにちは、ライターの川口です。 花火大会は夏だけのものだと思っ

上尾花火祭り穴場スポット「あげお花火まつり」を100%楽しめる場所!

ライターの市(いち)です。 私は埼玉県に住んで5年ちょっとになる

花巻「光と音のページェント」花火会場に近い、周辺駐車場を教えて!

ライターの市(いち)です。 あなたは、宮沢賢治作品の中で、何を知

花火大会でメッセージ花火を打ち上げよう!心に残るメッセージ例

ライターの市(いち)です。 年々、猛暑日の日数が増え、暑さのあま

東京湾納涼船で見る花火大会!予約と混雑状況

ライターのMichelleです。 日本の夏といえば、花火!川岸や

→もっと見る

PAGE TOP ↑