マーガリンとバターの違いは何?健康にいいのはどっち?

マーガリンとバター

料理やお菓子作りの時、あなたはどちらを使いますか?

そもそも、この2つはどう違うのでしょうか。

 

SPONSORED LINK

 

知っているようで知らないマーガリンとバターの違いを解説します。

 

マーガリンとバターはどう違う?

image004

マーガリンとバターはどう違うのか、まずは原料から見てみましょう。

バターは、牛乳を原料に作られた乳製品です。

その特徴は濃厚な味とコク。

一方マーガリンは、植物性油脂に食品添加物を加えて作られた加工食品です。

バターが高価だった時代に代用品として作られたもので、風味とコクが軽いのが持ち味です。

また、マーガリンは油脂含有率が80%以上だとマーガリン、以下だとファットスプレッドと名前を変えます。

よく見かけるマーガリンは、このファットスプレッドがほとんど。

チョコレートや果物の味がついたものもファットスプレッドです。

私たち消費者のニーズに合わせて様々なバリエーションが生まれています。

では、マーガリンやバターはどのように作られているのでしょうか。

成分と栄養を見てみましょう。

 

SPONSORED LINK

 

マーガリンとバター、どうやって作られるの?

image006

バターは、生乳と食塩だけで作られています。

無塩なら食塩も入りません。

作り方は・・・
生乳を遠心分離にかける→出てきた水分(バターミルク)と固形分を分ける→数回繰り返し→完成!

とても簡単ですね。

こちらの動画を見ると、意外にもバターがシンプルな材料からできていることがわかります。

手作りすることもできるんですね!

【バターの作り方~How to make butter~】

 
市販品はここに、生乳の殺菌・熟成・バターの練り合わせの工程が入ります。

マーガリンはどうでしょう?

主成分は植物油の大豆油やなたね油、パーム油など。そこに食塩、乳化剤、香料など食品添加物が加えられます。

液体の植物油がどうして固形になるのかというと、魚の油と同じ不飽和脂肪酸の分子に、水素を付加して固まらせています。

この工程でバターと似た状態になるわけですが…副産物としてトランス脂肪酸ができるのです。

近頃よく耳にしますよね。

トランス脂肪酸の健康への影響についての参考記事はこちら↓

 

【参考記事】
マーガリンに含まれるトランス脂肪酸、どれくらい食べても大丈夫?

 

健康にいいのはどっち?栄養成分から比較!

バターは97~99%が消化吸収される、とても胃腸に優しい食品です。

また、吹き出物を防ぐビタミンA、肌を若く保つビタミンE、カルシウム吸収を助けるビタミンDなど、ビタミン類も豊富。

骨の成長に欠かせないカルシウム、カリウム、マグネシウムやミネラルも含んでいるので、育ち盛りのこどもにぴったりの食品です。

マーガリンでは、ビタミンA、ビタミンKが特に多く含まれています。

ビタミンKは骨を強くする効果があり、さらにカルシウムも含まれているので栄養面でバターに劣りません。

バター、マーガリンのカロリー比較について参考記事はこちら↓

 

【参考記事】
マーガリンのカロリーってどれくらい?いろいろな油のカロリーと比較!

 

マーガリンはバターの代わりになる?

image008

クッキーやケーキ、パンの場合、マーガリンはバターに比べて簡単に柔らかくなり、ホイップしやすいという利点があります。

この手軽さから、お菓子作りによく登場します。

風味はバターの方が良いものの、焼き上がりの食感に大きな違いはないようです。

洋菓子店では、コンパウンドを使うところもあります。

マーガリンとバターを混ぜたもので、焼き上がりが香ばしいという意見もあるようです。

 

SPONSORED LINK

 

料理にマーガリンは使える?

使うのに問題はありませんが、コクや深みを出したい料理には不向きかも知れません。

カロリーカットのため油脂分を減らしたタイプもあり、種類によっては料理に向きませんと書かれています。

好みもありますが、レシピにバターと表記があるときはバターを使って風味を出した方がよりおいしくできそうです。

コク・風味が軽いマーガリン、コクが深く・まったりとした風味のバターという特徴を生かして、用途に合わせて使い分けてくださいね。

マーガリンといえば健康被害について心配されていますが、バターもマーガリンも油脂の仲間なので健康のためにはとり過ぎに注意しましょう。

どうしてマーガリンが危険と言われているのか?

マーガリンの健康への影響について知りたい方は、こちらの参考記事で解説しています。↓

 

【参考記事】
マーガリンが危険な理由、販売禁止にならないのはなぜ?

 

マーガリンとバターはこんなに違うんですね。

料理やお菓子、使う場面で使い分けるのが上手な使い方と言えそうです。

ぜひ、毎日の食生活に役立ててください。

関連記事

インフルエンザの症状まとめ~型・時期・年齢別の特徴と注意点

医学は進歩した、と言いますが… 毎年ニュースで「流行の季節がやってきました」と言われるのがイン

記事を読む

熱中症の症状と対策☆頭痛と吐き気、これって熱中症?

室内にいるから大丈夫、と安心できないのが「熱中症」 室内でもちゃんとした予防対策をとっていない

記事を読む

乳癌検診の費用と検査方法を教えて!20代で受けるがん検診

こんにちは、ライターのちこです。 日本人女性の乳がんの発症患者数は、50年前は50人に1人の割

記事を読む

口臭予防にこの食べ物が効く!食生活を見直して口臭改善

ライターのさとです。 人との会話中に口臭が気になってしまったことはありませんか? 相手に

記事を読む

花粉症対策には注射が有効?待望の舌下免疫療法も保険適用スタート!

シーズン中は寝ても覚めてもうっとうしい花粉症。毎年ぬるい対策を続けるのはまっぴら、ここらで一発決着を

記事を読む

乳腺症と乳がんの違いは?乳腺症の痛みと対処法

こんにちは、ライターのちこです。 ここ数年、芸能人など著名人で「乳がん」を発症し、手術や治療を

記事を読む

インフルエンザの初期症状と発熱までの期間

インフルエンザの流行時期、体調が悪くなると、風邪なのかインフルエンザなのか気になりますね。 イ

記事を読む

胃腸風邪でも熱は出る!風邪とは違う症状と対処法☆予防はできる?

下痢と嘔吐がおさまらない! 胃腸風邪になったときの苦しさは言葉では言い表せないほどつらいですよ

記事を読む

インフルエンザの予防接種は赤ちゃんもしておくべき?授乳中のママは?

インフルエンザは熱が高くなり、風邪とは違ってとてもつらいものです。 それがまだちいさい赤ちゃん

記事を読む

花粉症対策に検査はした方がいいの?方法は?費用は?

これまで見て見ぬフリをしてきた春先のムズムズが本格化、いよいよ何とかしなければと調べ始めたあなた。痛

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

キリスト教の葬儀で気を付ける作法、香典や献花、言葉など

こんにちは!ライターのバービーです。 海外の映画やドラマで見るキ

京都祇園祭2017日程とイベントスケジュール!

ライターのyuzuharuです。 全国各地で開催されるお祭りは、

キリスト教、ご香典のマナー!袋選びや書き方、相場まで

ライターのyuzuharuです。 キリスト教の葬儀に参列されたこ

御香典、御霊前、御仏前、御香料、御花料の違いは?いつ使う?

ライターのMichelleです。 訃報っていつも突然の連絡で、バ

お悔やみメールの書き方と文例、訃報に対する返信の注意点

こんにちは、ライターの長谷川です。 みなさんは思わぬ訃報に、遺族

→もっと見る

PAGE TOP ↑