2015年冬の花火まとめ【全国】開催地・日程ほか

花火は夏に見るもの、というイメージが強いと思いますが、近年は冬に花火を楽しむことができるイベントが増えてきました。

冬は空気が澄んでいるため、花火がきれいに見えたり音が鮮明に伝わってきたり、と体感度もアップします。さらに寒さをしのぐためにパートナーや家族と寄り添って見ることができる冬の花火は、絆を深めるのにもってこい!のイベントです。

全国で開催される、冬の花火イベント情報をたっぷりと紹介します。

 

SPONSORED LINK

 

冬だからこそ見ておきたい!各地の冬の花火イベント情報

image00
パーティー Freepikによるベクターデザイン

冬の花火は夏ほど豪華ではない、という印象があるかもしれませんが、クリスマスのイルミネーションなどとコラボした花火は、とても多くの人を魅了しています。

この時期だからこそ楽しめる花火イベントをご紹介します。

 

◎お台場レインボー花火

クリスマスの時期を中心に美しいイルミネーションが見られることでも有名な東京・お台場。12月の土曜日になると、毎週約1,800発もの花火が打ち上げられます。

昼間はショッピングや観光、夜は夜景・イルミネーション・花火が楽しめますので、一日中退屈することがありません。詳しくはこちらの記事をご覧になってください。

 

 

ホテルで食事をしながらの花火見物もロマンチックで素敵です。

 

◎WINTER VISTA ILLUMINATION

東京の郊外にある昭和記念公園では、東京ドーム約40個分の敷地でイルミネーションとともに花火を楽しむことができます。

イチョウ並木やシンボルツリーに飾り付けられたイルミネーション、光の中を歩きながら楽しめる光のラビリンスなど、園内にはたくさんの工夫がされています。開催日が限られていますが、ファミリーでもカップルでも他のイベントほど混雑を気にすることなく楽しむことが可能です。

こちらの記事で、詳しい内容を紹介していますので是非ご覧ください。

 

 

イルミネーションを12mの高さから眺めることが出来るゴンドラ、乗ってみたいですね。

 

SPONSORED LINK

 

◎熱海海上花火大会

静岡県・熱海では地形を生かした大音響が楽しめる「熱海海上花火大会」が開催されます。「花火大会」と命名されているだけあって、冬でありながらも約5,000発もの花火が打ち上げられます。

こちらの記事で、詳しい日程・時間帯を案内していますのでご覧ください。

 

 

広範囲から見ることができる花火大会のため、さほど混雑しないのが魅力です。

 

◎河口湖 冬花火

富士山のふもと、富士五湖の1つ・河口湖(山梨県)で開催される河口湖冬花火は、花火の明かりに照らされる富士山が見ることができる、貴重な花火大会となっています。

1~2月の土日と「富士山の日」(2月23日)に開催されることが決まっています。メイン会場の向かい側には、ハーブ園があり出店やたき火で暖をとれます。

また、河口湖では花火観覧のための遊覧船が出ますので湖上から花火を楽しめます。興味のある方は早めに計画を立てられることをオススメします。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

河口湖天上山公園では、気象条件が良ければ「逆さ富士」ならぬ「逆さ花火」が見られるようです。

花火以外のイベントも色々ありますから、ファミリーでもカップルでも楽しめますね。こちらの動画では、2015年に行われた河口湖冬花火の様子がご覧になれます。

 

「【2015/1/17~18 河口湖冬花火 簡易ダイジェスト」

 

色鮮やかな花火が印象的です。

 

思い出は一生の宝物 テーマパークで見る冬の花火

image02

家族や恋人と過ごしたテーマパークの思い出の一日を、花火で締めくくるのも素敵ですよね。日本の東西を代表するテーマパークといえば、ディズニーリゾートとUSJ(ユニバーサルスタジオジャパン)です。

それぞれのパークで楽しめる花火情報をお届けします。

 

◎ディズニーリゾートで見る花火

東日本の代表、ディズニーリゾートで楽しめる花火です。

クリスマスシーズンのイベントに合わせて打ち上げられる花火「スターブライト・クリスマス」は、ショーと一体化して見る人に大きな感動を与えてくれます。スターブライト・クリスマス開催日以外は、「ハピネス・オン・ハイ」の花火を楽しむことができます。

音楽や打ち上がる花火の形が微妙に違うので、どちらを見に行くか決めるだけでも迷ってしまいます。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

◎USJで見る花火

西日本の代表、USJで楽しめるイベント「ユニバーサル・ワンダー・クリスマス」を紹介します。ギネスにも認定されるほどのツリーと、花火のコラボレーションが見る人をまるで別の世界へといざなってくれます。

開催期間が長く、1日2回の開催日が多数設定されているので、多くの人が楽しめるようになっています。こちらの記事で詳細を紹介していますので、ぜひご覧になってください。

 

 

 

ロマンチックなクリスマスに花火のきらびやかさをプラス!クリスマス花火のご紹介

image01

クリスマスと言えば、大切な誰かとゆったりとしたロマンチックな時間を過ごすイメージが強いかもしれません。

ですが、クリスマスデートにインパクトを残したいなら花火がオススメです。クリスマス花火の思い出は、年を経ても決して色あせることはありません。

 

◎横浜の冬花火

ご紹介したいのが、夜景の街・横浜で楽しめるクリスマスの花火です。

日本有数の素敵な夜景と花火のコラボレーションが楽しめるのも、横浜だからこそ。恋人と夜景を楽しみながら赤レンガ倉庫の花火を、また、家族で水族館を楽しみながら八景島シーパラダイスの花火を楽しまれてはいかがでしょうか。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

どちらの花火も楽しみたいですね。

 

◎べっぷクリスマスHanabiファンタジア

温泉地で有名な別府でもクリスマスの花火が楽しむことができます。花火・温泉・美味しい食べ物で身も心も暖まるクリスマスを過ごしてみてはいかがでしょうか。

詳しくは、こちらの記事を参考になさってください。

 

 

有料のシートでは椅子や毛布の貸し出しがあるので、安心して花火を満喫することができます。

 

◎沖縄のクリスマス花火

冬でも平均最低気温が15℃と過ごしやすい気候の沖縄では、花火を楽しめるイベントが多く開催されています。

こちらの記事では、音楽と花火がコラボする「音楽花火フェスティバル」、イルミネーションと花火のコラボが楽しめる「いとまんピースフルイルミネーション」、県内一のイルミネーションを誇る「沖縄こどもの国クリスマスファンタジー」を紹介しています。

 

 

花火+αで楽しみがあるのが、魅力です。

 

 

大勢の人・花火と新年を迎える!カウントダウン花火のご紹介

image04
背景素材 Freepikによるベクターデザイン

年越しの瞬間は、毎年どこで過ごしていますか?静かに年越しを迎えるのもいいのですが、花火の光・音とともに新年を迎えてみるのも素敵ですよ。

 

◎和歌山マリーナシティのカウントダウン花火

和歌山県にある和歌山マリーナシティでは、関西で絶大な人気を誇るラジオ局・FM802とタイアップしたカウントダウンライブと花火を楽しみながら年越しの瞬間を迎えることができます。

マリーナシティにはテーマパーク「ポルトヨーロッパ」、海の幸を満喫できる「黒潮市場」、天然温泉を楽しめる「紀州黒潮温泉」などがありますので、朝から年越しの瞬間まで過ごすことも可能です。

イベントの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

 

 

 

◎南紀白浜のカウントダウン花火

海水浴場として全国的に名をはせる、和歌山県・南紀白浜。年越しの瞬間から約5分間にわたって祝福の花火が打ち上げられます。

空の花火と海に映る花火を同時に楽しめる、贅沢な時間を満喫できます。こちらの記事で詳しい日程などを紹介しています。

 

 

カウントダウンならではの年越しそばの振る舞いも嬉しいですね。

 

 

SPONSORED LINK

 

関東&関西 地域別の花火大会情報まとめはこちら

image03
ビジネス Freepikによるベクターデザイン

冬に楽しめる花火大会の情報をたくさんお届けしました。

気になる情報は見つかりましたでしょうか?

情報が多くて頭が混乱しそう、という方には関東・関西に分けて情報をまとめた記事をご紹介します。

 

 

 

冬の花火も全国的にかなりの規模で開催されています。

ぜひ大切な人と寄り添いながら、楽しんでください。

関連記事

2016年!冬のカウントダウン花火【和歌山マリーナシティ】開催日程ほか

こんにちは、ライターの長谷川です。 寒さが日に日に増してくると、お休みの日もつい家にこもってし

記事を読む

2017年岡山の納涼花火大会おすすめスポット!後楽園からの眺めは?

こんにちは!「おかやま桃太郎まつり納涼花火大会」について、ライターのやっこが紹介します。 「お

記事を読む

おすすめ初日の出スポット!東京タワー☆日の出時間とカウントダウン

スカイツリー完成後も、東京のシンボルとして根強い人気のある東京タワー。 都会の真ん中、東京のシ

記事を読む

喪中ってどこまでの親戚?年賀状を貰った喪中はがきの後出しは失礼?

年の瀬が近づくと、年末年始を迎える準備で慌ただしくなりますね。 そろそろ年賀状の準備もしなけれ

記事を読む

UGGで選ぶお気に入りムートンブーツ☆特徴とサイズの選び方☆

可愛くて歩きやすいムートンブーツですが有名ブランドからファストファッションまで 多くの種類があ

記事を読む

厚木駅?本厚木駅?花火大会を楽しむための最寄駅情報

こんにちは、ライターのソラです。 なにかとイベントが盛りだくさんの夏は、花火もお祭りもまとめて

記事を読む

伊丹の花火大会2017、穴場スポットを徹底網羅!混雑を避けられるアクセス方法は?

ライターのMichelleです。 夏になると、あちらこちらで浴衣を着ている方を見かける機会が増

記事を読む

可愛いラッピング☆バレンタインに使える!袋を使ったラッピング紹介

大好きな人に思いを伝えるバレンタイン。 購入したチョコレートはプロの手によってきれいにラッピン

記事を読む

東京の初日の出2016まとめ!人気スポットの混雑状況と穴場紹介

今年も、早いもので残すところあとわずか…。 来年も良い一年になるように…元旦を東京の初日の出絶

記事を読む

稲敷の花火大会2017交通状況とアクセスについて、「穴場&有料観覧席」今年はどっちで観る?

ライターのMichelleです。 夏になると全国各地で花火大会が開催されます。毎年、楽しみにし

記事を読む

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

スポンサーリンク

神道の法事に招かれた!香典袋の表書き、中袋の書き方は?どの水引を選べばいい?徹底解説!

みなさまこんにちは!ライターのかなです。 葬儀や法事に参列すると

神道の初盆のお供え献花は何がいい?のしの表書きは?提灯はいるの?祭壇の飾り方

こんにちは。ライターのReilaiです。 夏になると、お盆の行事

神道の人も喪中は神社に参拝できないの? 喪中期間は? 喪中はがきを出すの?

こんにちは!ライターの岸井アオイです。 突然ですがみなさんは毎年

神道と仏教の違いを解説!葬式やお墓、死生観など詳しく説明

こんにちは。ライターのReilaiです。 私たちの生活の中にはお

神道のお供えに決まりはあるの?お供え物のマナーをすべて解説!

ライターのMichelleです。 親戚などとの付き合いの中でも、

→もっと見る

PAGE TOP ↑